人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

村上 密 Blog

いじめ対策

1、ノートに、いつ、どこで、だれが、なにを、どうした を記録します。
2、ボイスレコーダーを買います。
  いじめられそうな状況のとき、事前にスイッチをonにします。
  何度か情報を収録します。
  そして、声を文章にして二つを保存します。
3、デジカメや写メールを買います。
  だれかに体や持ち物を傷つけられたら写真を撮ります。
  体なら、その日のうちに病院へ行き、診断書を受け取ります。
4、1、2、3の全ての写し(コピー)を撮ります。
5、4を学校か職場の責任者に「要望書」として写しを渡します。
  文書の題は、「要望書」
  内容は、「いじめの解決の為に協力をお願いします。
       資料は同封します。
6、責任者との遣り取りも記録します。
  何も対処しない場合は弁護士に相談します。
  1、2、3の全ての写しと5の要望書を弁護士事務所に持参します。
7、いじめに対して加害者の刑事責任が問えれば、責任者の
  監督責任も問えます。問題を放置したと言う理由です。
8、私的に解決に対処するよりも公的に対処する方が
  関わる人に責任が生じ、対応に力を尽くしてくれます。

こんな事をしたら、もっといじめられると思う必要はありません。
いじめを続ければ加害者の責任は重くなるだけです。
公的にすることで、いじめは予防できます。
いじめ対策は、記録が防具であり、武器なのです。
by maranatha | 2010-01-29 01:43
宗教問題

by maranatha