人気ブログランキング |
ブログトップ

村上 密 Blog

恐怖から平安へ

 私はキリスト教系のカルト信者のカウンセリングを長年している。よって、手段を選ばない様々な嫌がらせ、強迫を受けてきた。カルトは信者に対して、いかに村上密が恐ろしい嫌な人物であるかを植えつけている。昔はこそこそと中傷ビラや電話による匿名の嫌がらせや強迫が多かったが、最近はインターネットによる中傷が多い。共通するのは一方的な行為で対話はない。だから、信者が信仰のことで村上に相談をすると言うことは大変勇気のいることである。悪魔ともサタンとも呼ばれている人物とコンタクトを取ることは、堕落であり、裏切り行為である。それにも関わらず信者が相談してくるという事は、こういう働きをしている人が少ないか、カルトが村上密の認知度(悪名)を高めているからである。

 カルトはまとまりの強い集団である。外部の情報は入らない。そして、独裁的な指導者が信仰と行動の一致を強要し、服従を強制する。この状態を維持するためには、悪魔(サタン)や強力な敵が必要である。その敵がカルト問題を扱っている人や私である。悪魔はただ一人である。しかし、悪魔はキリスト教系カルトではいつでも、どこでもいて、信者を攻撃してくる。それで、指導者や内部の情報以外を信じないように教えている。このような教え込みがされている信者が、何かの理由でカルトをやめても平安はない。心の病ならカウンセラーでよいが、カルトの場合は、マインド・コントロールを解く必要があるので、カルトのことを良く知っているカウンセラーに相談して欲しい。ズィビー・パスカルはマインド・コントロールに詳しいカウンセラーである。この分野でよく知られた人であり、長年の私の友人である。悪魔の友人は悪魔と思わずカウンセリングを受けて欲しい。心に平安を得るために必要なのは、逃走ではなく相談である。カウンセラーは一方的な話をする事はない。よく耳を傾け、対話を通して、コミュニケーション能力を高めてくれる。脱会して、直ぐ世の中で仕事をすると、人の要求を断る事が出来ないで苦しむ人が多い。カウンセラーは自分を取り戻すお手伝いをする人と思えばよい。恐怖から平安へ、それがカウンセラーの仕事である。
by maranatha | 2010-03-31 16:05
宗教問題