人気ブログランキング |
ブログトップ

村上 密 Blog

シュタイナーの問題点

 シュタイナー教育を取り入れた幼稚園のカトリックの司祭が、次のような発言をしています。「シュタイナーの場合のオカルトはきちんとした根拠、哲学的根拠および体験的(修行的でもあります)根拠があります。そしてそれらの根拠が普遍性をもっていることを、理性において納得できれば、たとえわれわれが体験的に霊界を視ることができないとしても、シュタイナーの言っていることはまちがいないと確信できると思います。」これは司祭がシュタイナーを受け入れていることを窺える発言です。これでは一般の人はカトリックがシュタイナーを容認していると思うでしょう。しかし、そうではありません。
 
 カトリック中央協議会が発行している『ニューエイジについてのキリスト教的考察』(著者
教皇庁文化評議会/教皇庁諸宗教対話評議会)によると、カトリックはシュタイナーをニューエイジの中に含めて、その問題点をいたるところで指摘しています。カトリック司祭やカトリック信者がシュタイナーを容認しようが、カトリックはシュタイナーを支持していません。カトリックは内部に浸透してきているニューエイジに警戒をしています。カトリックの対応に比べると、日本のプロテスタント教界はシュタイナー問題について対応が遅れています。
 
 シュタイナーは「二人のイエス」説をマタイとルカの福音書の系図の違いから述べています。それだけではなく、マタイのイエスはゾロアスターの生まれ変わり、ルカのイエスは仏陀のアストラル体が覆っている。マタイのイエスは洗礼のとき死んで、ゾロアスターの霊がルカのイエスに憑依し、仏陀のアストラル体と合体した。これがシュタイナー派のキリスト教徒の信じるキリストです。すなわち二人のイエスが合体してキリストとなったという説です。クリスチャンはこのような説を信じません。この説には輪廻転生、グノーシス主義が内包され、キリスト教とは異質なものです。キリストの神性を否定する異端です。

 カトリックやプロテスタントの信用を利用して、シュタイナー信奉者が「キリスト教」ですと言っていますが、「キリスト教の異端」とは言っていません。外部からは識別できません。異端とは内部の人が使用するキリスト教用語だからです。「○○界の異端児」とは独立独歩、独創的、アウトロー、伝統にとらわれない人のイメージがあります。一般では「異端」が薄められています。しかし、聖書では「滅びをもたらす異端」(Ⅰペテロ2:1)と警告しています。
 
 私のブログを読んで、匿名で過激に反応する人々がいます。口汚い言葉、軽蔑の言葉、中傷の言葉がインターネット上に出ています。品性を疑わせるこのような人々の言葉は、私を卑しめるのではなく、自分自身を卑しめる振る舞いです。
by maranatha | 2010-11-26 17:07 | シュタイナー
宗教問題