人気ブログランキング |
ブログトップ

村上 密 Blog

悪魔

 悪魔は一人です。ところが、『新約聖書 フランシスコ会 聖書研究所訳注』(1989年6月10日 改訂16刷発行)には「、悪魔ども」(8:27,30,31,3,33,38)と複数で書いてあります。これでは神学的誤解を読者に与えます。最近、『聖書 原文校訂による口語訳』(フランシスコ会聖書研究所訳注 2011年8月15日初版発行)が出版されました。前書の「悪魔ども」は、後書で「悪霊ども」に訳されていました。同様に前書の「悪魔」(8:29、36、9:1、42、11:14,14,15,15,18,19,19)も後書において「悪霊」と訳されていました。これで誤解が解けるでしょう。
 悪魔祓いをしている教会は、神学的には誤った悪魔祓いをしています。それは悪魔は一人なのに、実践的な悪魔祓いでは多数になっているからです。誰かが、キリスト教のどんな有名な人物を引き合いに出して、悪魔を複数扱いしても、それは誤りです。表現を厳密にしていないため、誤解を与えるのなら、厳密にするべきです。クリスチャンが教会のカルト化で誤謬に陥っているからです。悪魔が多数である教え込みによって、信者の恐怖感が増幅されています。恐怖は行動をコントロールするために用いられます。
 聖書では、悪魔に勝利されえたイエス・キリストが、信じる人の心の中に内住されることが書いてあります。信じる人の心の中におられる方が、彼のものより強いのです。どうして、悪魔が信者の心の中に住むことができるでしょうか。聖い方と悪魔が同居できるはずがありません。クリスチャンの心の中には、父、子、聖霊の三位一体の神が内在しておられます。このような信仰的な理解を持てば、恐怖感から解放されます。
by maranatha | 2012-01-18 22:45 | 霊の戦い
宗教問題