人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

村上 密 Blog

山田晃美考

すり替え 
 山田晃美氏はアッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団の元教職です。本人は教団に辞表を提出していますが、まだ受理されていません。しかし、本人が教団を出たと公言しているので、元と書きました。関西教区の牧会倫理規定違反並びにシュタイナー容認問題を教団から追及され、鳴尾キリスト福音教会を「乗っ取り」、教団から離脱しました。信徒から裁判を起こされ、その裁判に勝訴しましたが、それは合法的に「乗っ取った」にすぎません。自分を正当化するため、ブログの「鳴尾キリスト福音教会から皆さんへ」の中で、私に対して「関西教区牧会倫理規定違反」と書いています。自分がしたことを他人とすり替えることを平然とする人物です。私は、関西教区からも教団からもその指摘を受けたことはありません。事実を知らない人が彼女のように勝手な発言をすることはあるかもしれませんが、それは事情を知らない人の発言です。そのようなことはないのでどこにも謝罪していません。ところが、山田晃美氏は文書で謝罪をしています。牧会倫理規定違反が事実だからです。

シュタイナー容認
 山田晃美氏は元統一教会員でした。シュタイナーを公然と容認し続けていることから、現在どのような教理に立っているのか明白ではありません。在職当時から、「こんな教団出てやる」等の発言を繰り返しています。いつかは出ていく人物が暴れるだけ暴れて出て行ったにすぎません。迷惑をこうむったのは、鳴尾キリスト福音教会の信徒です。それも、自分たちが生き延びるために、役員会に諮って過半数にのぼる信徒を正会員から別帳に移し、発言権を奪いました。少数が多数を切り捨て、イエスマンだけで教会を固め、自分の砦を築き上げました。やがておかしさに気付いて出ていく教会員も起こるでしょう。7年間で100名近い教会員を4分の1程にしたのですから、それは羊を追い散らしに等しい行為です。教会は弱体化しています。裁判に勝ったという名分で、関西で教会活動を続けていますが、これから冷たい風を受けることでしょう。なぜなら、シュタイナー容認を撤回しているわけではないからです。また、歴史ある教会を「乗っ取り」、福音派とペンテコステ派の近隣教会とうまくいくわけがありません。疑いの目を絶えず意識して生きていかねばなりません。こんなことなら自分たちだけ出ればよかったと思う日が来るでしょう。

山田擁護者はいるか
 山田晃美氏が在職中、彼女を庇ってきた人たちがいました。それが、教団離脱の猶予を与えました。強引な教団離脱は、彼女を庇う人々に対する裏切行為です。<出るなら自分たちが出たらいい>と忠告する人もいました。しかし、忠告を蹴散らし、我を押し通しました。もはや、彼女を公然と擁護する人はアッセンブリーの中にはいません。教団では人事の時期です。明確な処分が発表されるでしょう。山田氏はシュタイナーがメインラインの教団で認められているといっていますが、教団で認めているところはありません。事情を知らない教会が、シュタイナー教育を取り入れていることを、彼女流に言い換えしているにすぎません。その証拠に、どの教団も彼女を擁護するところがありません。また、実名で彼女を擁護する牧師もいません。

以下に検索の手間を省くため2012年7月17日の記事を加えた(2015.9.12)

山田晃美・山田博・鳴尾・シュタイナー・総会

 山田晃美氏が、アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団に辞表を提出したのは、2009年3月末でした。2012年7月現在、教団は辞表を受理していません。山田博氏は教団を離脱して辞表を提出すると公言していましたので、単立教会で宗教活動を続けている現在、辞表を提出しているはずです。しかし、教団は辞表を受理していません。二人は辞表を提出しているのに、教団が受理しないので、教団籍があるままで単立教会の牧師をしていることになります。理事会は問題を処理しないで放置しています。これは責任放棄です。2011年11月の教団総会で、理事長は、総会議員の前で、処分すると言っています。しかし、未だに処分はありません。教団内では、山田氏は合法的に鳴尾キリスト福音教会を乗っ取ったと言う人もいます。信徒から訴えられるという前代未聞の醜態を曝しながらも、裁判で勝訴したため、阪神地区の牧師会で一生懸命自己アピールをしています。それ以外に身を立てる方法がないからです。厚顔な処世術に眉をひそめる見識のある牧師が地域にいるのが救いです。

以下に、タイトルで検索した私のブログの記事を掲載します。

山田晃美考

教団離脱阻止

アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団の危機 8

裁き

山田博の裁判

アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団の危機 4

アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団の危機 5

謝罪

2010年 キリスト教界不祥事10大ニュース

控訴

シュタイナー

シュタイナーの問題点

シュタイナーのキリスト論

牧師と裁判

カルト

閲覧請求

『本当ですか』


『宗教団体に潜む危険性』


『教会健全化のために』

三つの裁判に共通するもの

謝罪と償い

2007年11月28日(水)

奇妙な応援団

コン・ヒー逮捕

議事録

by maranatha | 2012-01-31 17:45
宗教問題

by maranatha