人気ブログランキング |
ブログトップ

村上 密 Blog

ホープチャーチとライフチャーチ

 ホープチャーチ(千葉)はライフチャーチ(大阪)の監督教会である。毎月、多額の資金がライフチャーチに送金されている。しかし、いくら送金されているか、教会員は知らない。ライフチャーチは近近65坪を2フロア借りようとしている。保証人はホープチャーチと言われている。宗教法人でもない。役員会もなく、総会も開かない、人格なき社団でもないホープチャーチが、どうして教会として保証人になれるだろうか。もし、保証金を融資しているとしたら、独断である。健全な教会では、役員会の承認と総会の承認を取り付けなければ、融資や保障はできない。しかし、教会員には何の報告もない。牧師の独断を是認するファイナンシャルアドバイザーは形骸化している。「牧会スタッフに対して、教会会計に関する助言を行うとともに、金銭面での透明性(Transparency)を保証することによってスタッフを守ります。」とは、昨年の簡単な収支報告がされたときの一文である。ホープチャーチの金銭に関する透明性は低すぎる。グレーである。個人経営している「ホープチャーチ」のスティーブン・ケイラ―牧師が、個人の裁量で、ライフチャーチのジョエル・ケイラ―(実弟)を、支援しているに過ぎない。団体の責任者であるなら、公言している透明性の高い教会運営をしてほしいものである。そうでなければ「ヘルシーチャーチ」の看板が嘘になる。貴重な情報が寄せられのは、内部に問題を感じている人がいるからである。私はホープチャーチの外看板ではなく、内部の良心を信じたい。
by maranatha | 2013-05-03 06:41
宗教問題