人気ブログランキング |
ブログトップ

村上 密 Blog

後の雨運動の系譜

後の雨運動の中心人物ウイリアム・ブランハムについて

http://en.wikipedia.org/wiki/William_Branham


 トッド・ベントレーが親交をもっている「ポウル・ケイン」は後の雨運動の中心的人物で、そのポウル・ケインは、2005年、長期間に渡って「同性愛とアルコール」に関し、葛藤を覚えてきたと衝撃の告白をして、一旦、全ての公のミニストリーから退いた。そのポウル・ケインが「20世紀に生きていた中で最も偉大な預言者」と崇めている人物が「ウイリアム・ブランハム」である。すなわち、後の雨運動の流れの源流はブランハムで、それからケインへ、そしてベントレーへ流れている。ヤフーUSAで、ウィリアム・ブランハムの映像を探すと、ベニー・ヒンがブランハムを最も偉大な癒しの伝道者と褒め称えているビデオがあった。
 タイトルはBenny Hinn talks about William Marrion Branham
「ベニー・ヒンがウイリアム・マリオン・ブランハムについて語る」




 つまり、倫理的・金銭的に問題を起こしてきた人物たちのソース(情報源)は同じだったという事である。後の雨運動系の癒しの伝道者達(ヒーリング・イバンジェリスト)にとって、ブランハムは今でも、最も偉大な預言者と崇められている。

ウィリアム・ブランハムの偽りの教え

 ウィキペディアで暴露されているブランハムの致命的な教理的誤りの一部を以下に紹介する。

①1933年、ブランハムは、7つの主要な幻を受けた。そして、それが1977までに全て成就すると 語った。以下は、ブランハム自身の言葉:

Based on these seven visions, along with the rapid changes which have swept the world in the last fifty years, I PREDICT (I do not prophesy) that these visions will have all come to pass by 1977. And though many may feel that this is an irresponsible statement in view of the fact that Jesus said that 'no man knoweth the day nor the hour.' I still maintain this prediction after thirty years because, Jesus did NOT say no man could know the year, month or week in which His coming was to be completed. So I repeat, I sincerely believe and maintain as a private student of the Word, along with Divine inspiration that 1977 ought to terminate the world systems and usher in the millennium.

「過去50年間世界を覆ってきた急速な変化に伴って、これら7つの幻に基づき、私が予測しているのは(私は預言はしていない)これらの幻は全て1977年迄に成就するだろうという事だ。多くの人々は、イエスはその日その時はだれも知らないと言われた観点から、これは無責任な意見だと感じるかもしれないが、(幻を受けて)30年後の今でも私はこの予測を支持している。なぜなら、イエスはその年、その月、その週に再臨が完成するのは誰も知らないとは言わなかったからだ。だから繰り返すが、私は、御言葉を学ぶ個人的な生徒として、神の霊感と共に心から信じ主張する。1977年に世界の体制は終わり、1000年王国へと導かれるのだと。」

以下、英文を省略し訳文のみ掲載
②ブランハムは、エデンの園で禁断の実を食べる事は、悪魔の言葉に耳を傾けることであり、エバは、エデンの園で、悪魔にとりつかれた蛇と性的関係を持ち、その結果、カインが生れたと教えた。

③ブランハムは、ワンネス・ペンテコステの考えに同意はしなかったが、伝統的な三位一体論を拒否し、最高の神と彼が呼ぶイエス・キリストを説き、洗礼は浸礼で、父・子・聖霊の御名ではなく、主イエス・キリストの御名で洗礼を授けている。

④ブランハムは、「3つの聖書」とコメントした事で批判された。ブランハムは、3つの聖書とは「黄道十二宮」(*獣帯・黄道を中心に南北に8度の幅で広がっている想像上の球体、十二宮図)と「大ピラミッド」(*エジプトのギザに建設された世界の七不思議では現存する建造物)、そして、「聖書」だと述べた。ブランハムは、最初の二つは「聖書」より以前のもので、今日のクリスチャンの為のものではない、と信じていた。ブランハムは占星術のホロスコープに強く反対し、占星術は悪魔のものと言った。

上記のブログは、後の雨運動の危険性をネット上で見つけてくれた友人の情報を基に、預言者・使徒運動に傾倒している人が誤りに気付くことを願って書いた。
by maranatha | 2013-06-21 18:35 | 後の雨運動
宗教問題