人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

村上 密 Blog

エンパワード21全日本大会 聖書啓示に勝る啓示があるか

 エンパワード21全日本大会が開催中である。この時期に、この大会を福音主義に立つペンテコステ派の一牧師がどのように見ているか、ブログを集めて掲載したので読んでいただきたい。エンパワードは、後の雨運動の系譜に連なる運動である。アッセンブリーは後の雨運動を異端としてきた経緯がある。一線を画してきたはずである。ところが、最近の流れは、そうとも言えない状況になっている。アメリカのAG総会で、撤回されたとは聞いていない。日本もアメリカの見解に準拠しているので、以前として後の雨運動を異端としている。その見解が、撤回されたことはない。なし崩し的な「友好」は好ましくない。ここは「友好」より教理的立場を尊重すべきである。後の雨運動はカリスマ運動の中に浸透していった。アッセンブリーはペンテコステ派であり、カリスマ運動とは異なっている。区別をできない人々が増えて来たのか、結構交流が増えてきている。それが、使徒・預言者運動などの浸透によって、かき回されることが起きている。アッセンブリーが、JEAに加盟したとき、アッセンブリーが福音主義であることが認知された。以前からもそうであったのであるが、そうではないのでは、との嫌疑から、スタートの時点で加盟はできなかった。そのような経緯であるから、今になってカリスマ路線に傾斜していくのは信義誠実の原則に反すると私は考える。私は福音主義に立っている立場なので、今の路線には辛口である。ここで大きな問題は啓示の問題である。聖書啓示より、預言を重んじると言っていながら、預言を重んじる教団や教会、或いは牧師と親密な交流をするならば、第三者はどのように見るだろうか。聖書啓示を重んじるなら、疑わしい交流は避けるべきである。また、JEAは最近のムーブメントに対して、見解を表明すべきである。なぜなら、加盟団体の教団の教会の牧師の中に影響を受けている人が見られるようになったからである。それは、その教団内の問題と言えばそれまでであるが、JEAの見解を参考にして対処したいはずである。内部の摩擦を避けるため、JEAがこのような見解を取っている、と言うのは助けになるからである。本当は自分たちで取り組まなければならない問題であることは言うまでもない。団体の交流が拡大してくるとこのような問題が起きてくる。私はここで教派主義を持ち出しているのではない。私は福音主義の立場から、現代における啓示を重んじ、自分が現代の使徒・預言者であると言っている人物や団体に惑わされないように異端の教えに警告をしているのである。
by maranatha | 2013-10-13 08:10 | 聖書啓示
宗教問題