人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

村上 密 Blog

同労者

 パウロは、「ローマ人への手紙」の16章の中で、同労者と言う言葉を使っている。神の前に同じ働き人と言う意識が強かったのであろう。「弟子」は四福音書では、マタイ74回、マルコ45回、ルカ38回、ヨハネ81回である。使徒の働きには、30回である。これ以外の書の中に「弟子」はない。もちろん、パウロの手紙の中にもない。「弟子」と言う言葉を使わなかった手紙類から、弟子訓練のために聖句を使うとしたら、彼らの意図を理解しない使用と言えよう。私は弟子訓練に警鐘を鳴らしてきた。弟子訓練が信徒への虐待を生み出す原因となっているからである。6月9日の「村上密ブログ」には過去に書いた記事をいくつか掲載した。

by maranatha | 2014-06-09 23:21
宗教問題