人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

村上 密 Blog

リック・ウォーレンへの批判

 リック・ウォーレンが尊敬する人物は、ロバート・シュラ―である。ロバート・シュラ―はキリスト教系のニュ-ソートと指摘されている。彼は、信念の力によって、人生を成功に導く思考法を普及させた。彼は、このような信念の力を、キリスト教色を出すために、聖書の言葉を散りばめ、「信仰」と置き換えた。リック・ウォーレンも同じ流れである。それで、福音派の人たちから批判されている。ニューエイジの思想を含んでいるからだ。リック・ウォーレンの「福音」は聖書的と言うより世俗的である。一般の書店に行くと、成功哲学の本がよく売られている。キリスト教の書店に行くと、繁栄の神学関係がよく売られている。どちらもニューソートである。人は成功したいという思いに囚われている。この思いは、信仰ではなく欲望である。欲望が強くなることによって、信仰が歪められ、思い通りになることが信仰だと勘違いをする。こうして、欲望が肯定されるため、他の欲望を育てる結果ともなっている。繁栄の神学を信奉する指導者たちは、「キリスト教」を普及させた。しかし、それは聖書的ではない。影響を受けている人は、そろそろ立ち止まり、自分がどこまで逸れたかを点検し、聖書そのものを学び、イエス・キリストに立ち返ろう。


by maranatha | 2014-09-19 13:10
宗教問題

by maranatha