人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

村上 密 Blog

611霊糧堂

 沖縄世界宣教教会は、かつては、クリスチャン・ライフ・チャーチズ・インターナショナル(CLCL)に加盟していた。現在、香港のメガチャーチの611霊糧堂という団体に加盟している。611霊糧堂(http://www.church611.org)を検索すると、沖縄の4つの教会、沖縄611、聖泉611基督教會、御国611禱告之家、Agape611CommunityChurch が加盟している。日本語にすれば、沖縄611霊糧堂世界宣教教会(中頭郡中城)、聖泉キリスト教会(浦添市城間)、御国祈りの家(恩納村仲間)、アガペー・コミュニティー・チャーチ(浦添市宮城)である。単立だったアガペーのホームページには加盟の記載はないが、611霊糧堂の「宣教植堂」(ブランチ)には記載されてある。隠す必要はない。疑問は、クリスチャン・ライフ・チャーチズ・インターナショナルに属する3つの教会が離脱し、単立の教会と共に611霊糧堂に加盟する目的である。加盟するほどの強い動機がどこにも書かれていない。2013年5月5日、白い家フェローシップチャーチには台湾の霊糧堂から訪問者があった。、「ホームカミング」の交わりである。沖縄の一部の教会は、「何か耳新しいことを話したり、聞いたりすることだけで、日を過していた」(使徒17:21)アテネの人々ようだ。いつも、何か、新しいムーブメントを追っかけている。

by maranatha | 2014-09-24 17:27
宗教問題

by maranatha