人気ブログランキング |
ブログトップ

村上 密 Blog

第10回しあわせコンサートは伝道活動か

 2015年10月16日から17日にかけて沖縄セルラースタジアムで第10回しあわせコンサートが開催される。主催はチラシによって名称が変わっている。名称を使い分けているが事務局はNPO法人プロミスキーパーズで共通している。1枚目は「しあわせコンサート実行委員会(NPO法人プロミスキーパーズ)」2枚目は「セルラーミッション実行委員会(実行委員長 高江洲パウロ良次 副実行委員長 細田光雄) 顧問(池原信徳、上原栄正、折田政博、国吉守、具志堅篤、斎藤清次、比嘉幹房)」となっている。2枚目には「ハレルヤ。救い、栄光、力、われらの神のもの。3万人への福音伝道コンサート」となっている。これは伝道大会である。

 しあわせコンサートは今までNPO法人プロミスキーパーズが主催してきた。「特定非営利活動促進法」の一部を下記に引用した。

第二条  この法律において「特定非営利活動」とは、別表に掲げる活動に該当する活動であって、不特定かつ多数のものの利益の増進に寄与することを目的とするものをいう。
2  この法律において「特定非営利活動法人」とは、特定非営利活動を行うことを主たる目的とし、次の各号のいずれにも該当する団体であって、この法律の定めるところにより設立された法人をいう。
一 次のいずれにも該当する団体であって、営利を目的としないものであること。
イ 社員の資格の得喪に関して、不当な条件を付さないこと。
ロ 役員のうち報酬を受ける者の数が、役員総数の三分の一以下であること。

二 その行う活動が次のいずれにも該当する団体であること。
イ 宗教の教義を広め、儀式行事を行い、及び信者を教化育成することを主たる目的とするものでないこと。
ロ 政治上の主義を推進し、支持し、又はこれに反対することを主たる目的とするものでないこと。
ハ 特定の公職(公職選挙法 (昭和二十五年法律第百号)第三条に規定する公職をいう。以下同じ。)の候補者(当該候補者になろうとする者を含む。以下同じ。)若しくは公職にある者又は政党を推薦し、支持し、又はこれらに反対することを目的とするものでないこと。

 以上のことから、NPO法人プロミスキーパーズが第二条の二のイ「宗教の教義を広め、儀式行事を行い、及び信者を教化育成することを目的とするものでないこと。」に抵触していないかと言う疑いが生じてくる。そこで、いろいろサイトを検索して見た。その中に、以下の記事を見つけた。

http://npo.ii-support.jp/seturitu-qa/page101.htmlより
「Q.NPO法人は宗教活動を行うことはできますか?
 
A.NPO法人は、主たる目的としては宗教活動を行うことはできません。
NPO法人は、その行う活動が、「宗教の教義を広め、儀式行事を行い、及び信者を教化育成することを主たる目的とするものであってはならない。(第2条第2項第2号イ)」と定められています。

宗教団体については、憲法の「信教の自由」の保障にかんがみ、設立、管理監督の面で慎重な規定を設ける宗教法人法による法人格取得の途が用意されており、宗教活動を行うことを主たる目的とする団体及びこれに類する団体は、特定非営利活動団体一般の設立、管理監督について定める本法の対象とするのになじまないのではないか? という考えによるものだとされています。

よって、NPO法人は、主たる目的としては宗教活動を行うことができないのです。

宗教活動が主たる目的とできないだけで、宗教に携わる人・団体がNPO法人に関われないわけではありません。

布教活動はできませんが、NPO活動を通じてその宗教について詳しく知ることができ、入信してもらえる人が出てくるかもしれません。この場合、「宗教活動を行って入信させた」ものではなく、個人の意志でこちらの意思とは関係なく入信してくれたものなので、特に問題はありません。」

 このサイトには、「布教活動はできません」と書いてある。チラシには「3万人への福音伝道コンサート」とある。牧師のメッセージがプログラムには書いてある。極めて大きな伝道活動である。私は10月2日にチラシを那覇警察署の相談室に持て行って、しあわせコンサートは問題ではないかと話してきた。しかるべき部署に文書を作成してあげると回答があった。その足で、しあわせコンサートの事務局に足を運んだ。質問に対して「これは宗教活動ではない。」「助成金はいただいていない。」と回答があった。見解の違いで片付ける問題ではないので、今後は弁護士に相談して、検討を重ねたい。


by maranatha | 2015-10-02 23:56
宗教問題