人気ブログランキング |
ブログトップ

村上 密 Blog

復活の福音

 キリストの十字架と復活を、パウロは最も大切なこととして、コリントの人々に伝えた。「私があなたがたに最もたいせつなこととして伝えたのは、私も受けたことであって、次のことです。キリストは、聖書の示すとおりに、私たちの罪のために死なれたこと、また、葬られたこと、また、聖書の示すとおりに、三日目によみがえられたこと、また、ケパに現われ、それから十二弟子に現われたことです。」(1コリント15:3~5)

 カルト化教会の脱会者は、十字架と復活についてあまり聞かされていない。死んだら地獄に行く、信じたら天国に行くと言った死生観を繰り返し教え込まれている。十字架の言葉は聞いているが、意味を十分知らされていない。その為に赦しの信仰が希薄である。それで、献金、礼拝出席、奉仕の熱心さを要求されると、一生懸命応じてしまうことになる。そんなことで罪が赦されるなら、キリストの十字架はいらない。また、キリストの復活についてはも同様にあまり聞かされていない。キリストの再臨の時、キリスト者が復活をするとあるセミナーで話したとき、出席者の大半が知らなかったと語りかけてきた。キリスト者が死んだら天国に行くと聞かされているだけだった。これではギリシャ哲学の二元論である。肉体から霊が解放されて救われる。キリスト体が復活したように、キリストを信じる人も、キリストの再臨の時復活する。これが復活の福音である。復活の体はもはや病むことも死ぬこともない。霊肉の分離が救いなら、キリストの復活は必要ないことになる。パウロは以下にくどいように復活を強調している。

「ところで、キリストは死者の中から復活された、と宣べ伝えられているのなら、どうして、あなたがたの中に、死者の復活はない、と言っている人がいるのですか。もし、死者の復活がないのなら、キリストも復活されなかったでしょう。そして、キリストが復活されなかったのなら、私たちの宣教は実質のないものになり、あなたがたの信仰も実質のないものになるのです。それどころか、私たちは神について偽証をした者ということになります。なぜなら、もしもかりに、死者の復活はないとしたら、神はキリストをよみがえらせなかったはずですが、私たちは神がキリストをよみがえらせた、と言って神に逆らう証言をしたからです。もし、死者がよみがえらないのなら、キリストもよみがえらなかったでしょう。そして、もしキリストがよみがえらなかったのなら、あなたがたの信仰はむなしく、あなたがたは今もなお、自分の罪の中にいるのです。そうだったら、キリストにあって眠った者たちは、滅んでしまったのです。もし、私たちがこの世にあってキリストに単なる希望を置いているだけなら、私たちは、すべての人の中で一番哀れな者です。しかし、今やキリストは、眠った者の初穂として死者の中からよみがえられました。」(1コリント15:12~20)

by maranatha | 2015-10-13 22:31
宗教問題