人気ブログランキング |
ブログトップ

村上 密 Blog

「五役者の回復」の誤り

 ペテロは使徒であるが、長老とも言っている。「イエス・キリストの使徒ペテロから」(1ペテロ1:1)と言い、「そこで、私は、あなたがたのうちの長老たちに、同じく長老のひとり、キリストの苦難の証人、また、やがて現われる栄光にあずかる者として、お勧めします。」(1ペテロ5:1)と同じ書簡で長老と言っている。この長老はペテロにだけ使われたわけではない。ペテロは「私は、あなたがたのうちの長老たちに、同じく長老のひとり」と呼びかけている。「ポント、ガラテヤ、カパドキヤ、アジア、ビテニヤに散っている」(1ペテロ1:1)人々を牧する人たちを長老と言っているのである。パウロは長老の務めについて「よく指導の任に当たっている長老・・・みことばと教えのためにほねおっている長老」(1テモテ5:17)と言っている。パウロは「私は、この福音のために、宣教者、使徒、また教師として任命されたのです。」(2テモテ1:11)と言って、複数の職務に言及している。パウロは使徒であり、宣教者、教師である。その「パウロは、ミレトからエペソに使いを送って、教会の長老たちを呼んだ。」(使徒20:17)そして「あなたがたは自分自身と群れの全体とに気を配りなさい。聖霊は、神がご自身の血をもって買い取られた神の教会を牧させるために、あなたがたを群れの監督にお立てになったのです。」(使徒20:28)と言っている。ここでは長老と監督が同じ職務として語られている。何を言いたいのか。「五役者の回復」を声高に語る者たちを信じてはいけない。

参考:聖書にない「五役者の回復」
http://maranatha.exblog.jp/22378740/


by maranatha | 2015-10-26 23:15 | レストレーション
宗教問題