人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

村上 密 Blog

「イスラエルを祝福する者は、祝福される」の解説

「イスラエルを祝福する者は、祝福される」ということを聖書的原則のように強調する団体がある。団体は、祝福の根拠に次の聖句を引用している。「 あなた(アブラハム)を祝福する者をわたしは祝福し、あなたをのろう者をわたしはのろう。地上のすべての民族は、あなたによって祝福される。」(創世記12:3)しかし説明がない。パウロは「聖書は、神が異邦人をその信仰によって義と認めてくださることを、前から知っていたので、アブラハムに対し、『あなたによってすべての国民が祝福される。』と前もって福音を告げたのです。」(ガラテヤ3:8)パウロは、祝福を「神が異邦人をその信仰によって義と認めてくださること」であると教えている。さらに、パウロは「キリストは、私たちのためにのろわれたものとなって、私たちを律法ののろいから贖い出してくださいました。なぜなら、『木にかけられる者はすべてのろわれたものである』と書いてあるからです。このことは、アブラハムへの祝福が、キリスト・イエスによって異邦人に及ぶためであり、その結果、私たちが信仰によって約束の御霊を受けるためなのです。」(ガラテヤ3:13、14)と説いている。祝福は「信仰によって義と認めてくださる」(3:8)「信仰によって約束の御霊を受ける」(3:14)ことである。旧約の祝福に自分の概念(ご利益主義)を持ち込んではならない。イズムやムーブメントを持ち込んでもならない。大切なことは新約で取り上げられ、説明されてある。お題目を唱えるような信仰から卒業すべきである。今の「イスラエルを祝福する者は、祝福される」に取り組んでいる教会は、見当違いなことを実践している。すでに、イエスをキリストと信じる信仰によって、私たちクリスチャンは義と認められ、約束の御霊を受けている。その他の祝福を求めるのであれば、それは的外れである。祝福を求めるのではなく、祝福はもう与えられているのである。
by maranatha | 2016-05-17 23:19
宗教問題

by maranatha