人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

村上 密 Blog

今沖縄は

今沖縄は
ほぼ毎月沖縄訪問をするようになって、12年目を迎えた。奉仕の内容は礼拝、祈祷会、聖書の学び、セミナー、グループカウンセリング、個人カウンセリングである。訪問以前は、沖縄は日本で最も超教派の活動が盛んと言われていた。実際、毎年毎年、国内外から次々と年に何人も講師を呼んで、超教派の集会が開催されていた。招かれる講師が、実に問題のある講師たちであった。そのうち、招かれる講師たちの不祥事や不都合な真実が次々と明るみになり、次第に超教派の活動が下火となった。ここ数年、従来型の超教派集会は止んでいる。理由はいくつか考えられる。1つ、超教派集会の費用対効果が低くなった。2つ、招かれていた講師たちの問題が次々と明らかになり、講師を選定する運営側への信頼が崩れた。3つ、超教派の集会に参加していた一部の教会のカルト化教会の実態が明らかになり、協力関係が崩れた。4つ、教会のカルト化の被害者の抗議の声が浸透した。5つ、教会の経済がひっ迫し始めた。以上は個人的な感想である。

超教派とは言えない
超教派の集会が開催されなくなって、規模の小さな同じ傾向の仲良しグループの教会が集会を開いてはいる。このような集会は超教派と言えるだろうか。超教派とは教団、教派を超えていることを言う。例えば、ホームカミングはプログラムも講師も事前には分からない集会である。だれが、どのような話をするか予測もつかないこのような集会は超教派とは言わない。聖書は「人々が健全な教えに耳を貸そうとせず、自分たちにつごうの良いことを言ってもらうために、気ままな願いをもって、次々に教師たちを自分たちのために寄せ集め、真理から耳をそむけ、空想話にそれて行くような時代になるからです。」(2テモテ4:3、4)と言っている。
by maranatha | 2016-08-19 20:14
宗教問題