人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

村上 密 Blog

一般社団法人ビクトリーチャーチの取り組み

一般社団法人ビクトリーチャーチは、何に取り組んでいるのか。正面玄関の上に「一般社団法人ビクトリーチャーチ」と壁面看板を掲げている。そして、玄関の横に「」無料!!子ども食堂始めました。」の横断幕がある。外見からは、チャーチとあるが宣教に取り組んでいるようではない。

琉球新報
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-302239.html
上記のサイトから一部抜粋
これまでも貧困問題に取り組んできたが「宗教活動が中心で教会の枠から抜けられず、常にジレンマを抱えていた」ことから一般社団法人の設立を決意し、個人救済から社会救済へと活動の方向性を大きく転換した。

www.city.naha.okinawa.jp/cms/kakuka/hogokanri/osirase/.../
tuikakoufudanntai.pdf
上記のサイトから一部抜粋、
平成 28 年9月1日 平成28年度ボランティア団体等が実施する子どもの居場所運営事業 補助金交付決定団体(追加募集) ボランティア団体等が実施する子どもの居場所運営事業募集要項に基づき、平成28年8 月20日にプレゼンテーション審査を行った結果、次の団体への補助金交付が決定しました ので公表します。

一般社団法人ビクトリーチャーチは、「チャーチ」を使っているが宗教団体ではない。運営資金は献金ではなく県からの補助金や寄付である。代表者は細田光雄氏で、以前から、NPO法人プロミスキーパーズの代表者山内昌良氏と『しあわせコンサート』で協力関係にがあった。どちらも、子ども食堂に取り組んでいる。昨年まで開かれていた『しあわせコンサート』であるが、開催資金調達に問題があることがわかり、私は昨年度の情報を那覇警察署に提供した。

個人救済から社会救済への転換に対して違和感がある。細田氏は個人救済を長年取り組んできた。今では福音主義の教会でも社会的責任として、社会問題に取り組むようになっている。社会救済へ転換しなくても、子ども食堂への取り組みはできる。彼は、宗教法人の包括団体から出て、一般社団法人を設立した。教会は残って宣教活動に取り組み続けている。

一般社団法人ビクトリーチャーチの現住所
沖縄県那覇市上間245-1南風ビル


by maranatha | 2016-10-25 11:30 | 宗教ビジネス
宗教問題

by maranatha