人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

村上 密 Blog

パウロがたいせつにした福音

パウロは、「私があなたがたに最もたいせつなこととして伝えたのは、私も受けたことであって、次のことです。キリストは、聖書の示すとおりに、私たちの罪のために死なれたこと、葬られたこと、また、聖書に従って三日目によみがえられたこと」(1コリ15:3~4)と、コリントの教会への手紙に書いている。ここでイエスの十字架と復活を、「聖書の示すとおり」「聖書に従って」と根拠を示し、「私も受けたことであって」と自分の作った話ではないことを強調している。パウロの福音はイエスの十字架の赦しとイエスの復活とキリスト者の復活である。1章と2章には十字架が書いてある。15章には復活が書いてある。手紙において十字架をαとするならば、復活はΩである。このαとΩの間にコリントの教会の問題を扱っている。それは、赦しと究極的な裁きの間で教会の問題を扱っていると言える。
by maranatha | 2017-04-27 16:37 | パウロ
宗教問題

by maranatha