人気ブログランキング |
ブログトップ

村上 密 Blog

什一献金は救いの条件ではない

ある牧師が、オリーブ熊本城教会のことで問い合わせてきた。物件を次々に購入している。どんな教会かホームページだけではよくわからない。牧師の経歴が書かれていないからである。それで関連する記事を捜してみた。「神さんの言うとおり」のブログに牧師のメッセージの内容が記載されてある。以下は2016年8月16日のメッセージの抜粋である。

https://ameblo.jp/kinoshita-kotoba/entry-12191034752.htmlより
【8月16日メッセージ】
4月16日の熊本地震から4ヶ月が過ぎました。
愛するおかんと兄弟姉妹のお祈り、ご支援に感謝と御礼を申し上げます。
私たちの教会は 真理と結婚して約11年前にスタートしました。
1万5千円の家賃の小さい丸太小屋からスタートしました。
祈りと断食するしか何もありませんでした。
この10年間、ヨブのようには大げさですが、夢みる者のように主は祝福して下さいました。
熊本城の近くに8階建と9階建の賃貸マンションを建て
1階がResurrection And Life Japan Churchです。
去年の3月にオリーブミルクロード教会も購入しました。
いつも 主の栄光の為に成るならください と祈ると与えられます。
主のしるしと不思議、奇跡をこの10年間見てきました。
携挙に残されたらいけないので、十分の一献金はメッセージしますが、
会堂献金等一切していません。
900坪【1坪は3.3㎡】、450坪、250坪、500坪の土地に4階建、7階建、8階建、9階建.10階建と新築賃貸マンションを毎年のように建てました。

神の祝福を受けた話である。何の問題もなさそうな話であるが、「携挙に残されたらいけないので、十分の一献金のメッセージします」と書いてある。これは什一献金をしない人は携挙に残されるととれる発言である。となると、祝福された話ではなく、携挙の時に残されたくないので、牧師の話を真に受けた人は什一献金をすることになる。これでは、救いに什一献金が付け加えられていることになる。これは福音ではない。いろいろな間違った救済論が語られてきたが、新しい間違った救済論が語られていることになる。

by maranatha | 2017-08-25 23:15 | 献金
宗教問題