人気ブログランキング |
ブログトップ

村上 密 Blog

カルトの不祥事

カルトの中で不祥事が起きると、指導者が加害者の場合、その責任を表だって追及する人は少ない。追及する人は早々と追放される。その人に問題があるかのように扱われる。あるいはサタンに惑わされているとされる。信徒が加害者である場合は、指導者が周囲の人に赦しなさいと言って団体からの追放を免れることがある。分かれ目は指導者にその人が有用であると見られるか害とみなされるかである。公平な裁きはない。あるのは組織の利益優先の判断である。最初の不祥事は問題化しないで不祥事に不祥事が積み重なって、堤から水が溢れるように外に流れだし、それをキャッチした人が暴露する傾向にある。あるいは内部告発で問題が発覚するかである。いずれにしても内部の公平な裁きがないために、被害者は増え、問題は深刻化する。被害者を支援する動きは内部ではできない。組織を出てから、孤立化するのは避けなければならない。鬱にならないように周囲の配慮が必要である。
by maranatha | 2018-04-18 15:24 | カルト
宗教問題