人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

村上 密 Blog

金持ちも救われる

イエスが「金持ちが神の国に入るより、らくだが針の穴を通るほうがもっとやさしい。」(18:25)と話されたとき、これを聞いた人々は 「それでは、だれが救われることができるでしょう。」(18:26)と言った。私たちも同じように思うのではないだろうか。イエスは 「人にはできないことが、神にはできるのです。」(18:27)と語られた。この話の前後に金持ちのことが書かれてある。前者は役人で大変な金持ちである。後者は取税人かしらで金持ちである。役人が救われなかったのは自分の行いでできるのではないかと思ったからである。「尊い先生。私は何をしたら、永遠のいのちを自分のものとしてうけることができるでしょうか。」(18:18)彼は何をしたらと聞いた。人にはできない。一方、ザアカイはイエスを家に向かい入れ、話を聞き、イエスを信じた。彼は 「主よ。ご覧ください。私の財産の半分を貧しい人たちに施します。また、だれからでも、私がだまし取った物は、四倍にして返します。」(19:8)と言った。イエスは財産を貧しい人たちに施しなさいとは言っておられない。しかし、イエスは役人には「あなたには、まだ一つだけ欠けたものがあります。あなたの持ち物を全部売り払い、貧しい人々に分けてやりなさい。そうすれば、あなたは天に宝を積むことになります。そのうえで、わたしについて来なさい。」(18:22)と語られた。何をしたらと言う者に対して高いハードルを示しておられるが、それをしたから救われるわけではない。救いは「人にはできないが、神にはできるのです。」(18:27)これがイエスが伝えたいことであり、ルカが伝えたいことである。そして、私たちも行いではなく、イエスを信じることによって神によって救われるのである。
by maranatha | 2018-04-27 22:44 | 聖書
宗教問題

by maranatha