人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

村上 密 Blog

預言の応酬

ある教会に「預言者」がいた。子どもの言動に手を焼いて、「預言者」が立ち上がった。「預言者」曰く「子どもだからと言って神が手加減すると思い上がってはならない、と主は言われる。」「先生、このように教会で子どもが裁かれています。、どうしたらいいでしょうか。」「子どもに言いなさい。預言者だからと言って裁きを免れると思ってはならない、と主は言われる。」と応酬しなさい。カルト化した教会では、預言を裁きとして教会の集会で用いることがある。言われ続けると会衆は萎縮してしまう。言い返す力がないと精神が参ってしまう。同じように応酬する人が出てきたら、どのような決着があるだろうか。預言の応酬、それは自分の言い分を神を騙って語るのであって、主からではない。人は啓示形式に弱い。預言者だから、牧師だから、教師だから、裁きを免れるわけではない。聖書の教えから逸脱し、異端になってしまった場合、それに対しては裁きがある。私の立場だったら、そこから抜け出しなさいと忠告する。
by maranatha | 2018-07-25 22:55 | カルト化
宗教問題

by maranatha