人気ブログランキング |
ブログトップ

村上 密 Blog

トラウマを克服

クリスチャンスイトピーさんが記事を提供してくださいました。
聖句が強調されて、トラウマになっていたことをやっと克服した内容です。
読者の中にも、同じような例があるのではないでしょうか。
参考になればと思います。

私は白い家脱会後も「悔い改めの祈り」を続けていました。
やめられなかったのです。
カウンセリングやブドウの会の集会で
「イエス様が十字架に罪を赦してくださった。
その事を信じた事で全ての罪が赦されている。
過去の罪も、現在の罪も、未来の罪も赦されている。」
「私たちは神を信じたからと言って罪を犯さなくなったのではない。
私たちは『赦された罪びと』です」と聞いて、
うれしいと思い、その日は安心して眠れるのですが、
翌日からまた不安になりました。
不安になるので、悔い改めの祈りをしました。
祈ると少しの間だけは安心できるので、安心のため祈る習慣が
やめられなかったのです。
でも、毎日自分の失敗やささいな心の動き、イライラしたとか、
ちょっと腹が立ったとか、いやだなと思ったとか、
憂鬱な感じか、誰かの事を嫌いと思ったとか、
そういう事を一つ一つ上げて思い出して祈りました。
仕事の事や日常生活の失敗とか、小さい事も祈っていました。
完璧にできる人なんていないのに、です。
だからずっと自分の事を「だめな人」と思って、
否定していました。
祈りだけでなくて、毎晩の寝る前の反省会もやめられなかったのです。
毎日を振り返って、見直していかないと、自分はだめになると思っていました。
そうしなかったらもっと周囲に迷惑をかけると心配でした。

私はちょうど去年の今頃、自分がずっと悔い改めの祈りをしていた事を
村上先生に話しました。
そして話した時、村上先生が何ておっしゃったのかは覚えていませんが、
その後から悔い改めの祈りをやめました。
それから「諭か虐待か」の記事で書いてくださったエピソードと
マタイの7章の目の塵のところが苦手というのを話せたので、
それもよかったと思います。
あの聖句の事ではわからない事もまだあるし、
一度わかったと思ったのですが、また混乱しています。

by maranatha | 2018-10-08 23:56 | 心理
宗教問題