人気ブログランキング |
ブログトップ

村上 密 Blog

聖イエス会 強制婚を拒む 4

結婚をやめることも、恐怖で出来ない。絶望の中で結婚式に向かった。私は信仰者として結婚は神聖なるものであるべきと思っていた。私は誓いを神にしなかった。嘘の誓いは出来なかった。神に対して、嘘は言えなかった。司式者は何度も言わそうとしたが私は言なった。司式者は誓いの言葉も聞かぬまま、式を進行させていった。それでも式を進めていくとは、キリスト教の結婚式何なのだろうと。私はすぐに逃げた。自分と、自分の生活と信仰を守りたかったから、逃げた。当然結婚生活もしていない、入籍もしていない。それでやっと私は神がそばにいて安心を得た。自分の生活を取り戻したと思った。この時点までは神が私の内にはしっかりと存在し神が味方してくれていると平安があった。しかし、これで教団が、相手の親族の相手が許すはずがなかった。これで終わりに向かうことを許さなかったのです。直ぐに牧師達は私のもとにやって来た。家に上がり込んできた。自由に友人に会うことも、仕事をする事も、教会へ行くことも禁じた。今は牧師である僕たちの指示に従って、と他人と接触する事を禁じた。一方で教会の信者には私と接することを禁じていた。ここから、私の生活は暗闇の中へ追いやられて行った。信じられない悪夢が始まった。恐怖で式をやめる事が出来なかった理由のその恐怖が現実となってやって来た。教会の牧師、この教団の本当の怖さをこの時知り、もうそこから逃げられない恐ろしさ。私はこの時から自分のそれまで生きてきた心の明るさ、それまでの生き生きとした人生の希望、自信もなにもかも失ったのです。音楽家として歩み始めたこの時から演奏がそれまでのように全く出来なくなった。心が壊れたために歌えなくなったのです。


by maranatha | 2018-10-15 10:34 | 虐待
宗教問題