人気ブログランキング |
ブログトップ

村上 密 Blog

被害妄想

最近、被害妄想について聞かれることが多くなった。インターネット上ではどのように書かれているか検索してみた。下記の4つは、なるほどと思われるもので、引用の一部を抜粋したものである。

被害妄想とは、妄想性障害のひとつであり、被害の証拠がないのに、自分に被害もしくは危害が及ぼされていると確信している妄想。自己関連付け(実際には自分とは無関係な他者の行動やしぐさを、自分に向けられたものだ被害的に解釈すること)が、被害妄想の一つの側面であるとされる。

妄想性障害において典型的な症状であり、その訴えは明快で論理的であり体系化されている。怒りの対象に対して行動化をとり、訴訟を起こされるほどのことでも自分の悪い部分を認めることが出来ずに逆恨みをし、ときには攻撃・殺害したりすることもある。

妄想と誤った思い込みとの違いは、妄想の場合は、矛盾するどれほど明らかな証拠があっても信じ続けるという点にあります。

被害型 もっとも典型的なタイプです。自分に何らかの被害が及ぼされると妄想しています。妄想性障害の被害妄想は、統合失調症のそれとは対照的に、明快で理論的、被害のテーマがしっかりと体系化されています。しばしば不満感、刺激されやすさ、怒りを伴い、妄想の対象を攻撃したり、裁判を起こしたりすることもあります。

妄想性障害は、1つまたは複数の妄想が持続するもので、一般的には成人期に発症し、社会的機能は著しく損なわれません。・・・現実的にありうるようなテーマのことが多く、他者から確認しないと事実かどうか迷うこともあります。また、当該の妄想以外は他の思考障害を認めないこともあるため、診断がむずかしいこともあります。

引用
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A2%AB%E5%AE%B3%E5%A6%84%E6%83%B3#%E5%AF%BE%E5%87%A6%E6%96%B9%E6%B3%95 より一部抜粋

https://www.msdmanuals.com/ja-jp/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0/10-%E5%BF%83%E3%81%AE%E5%81%A5%E5%BA%B7%E5%95%8F%E9%A1%8C/%E7%B5%B1%E5%90%88%E5%A4%B1%E8%AA%BF%E7%97%87%E3%81%A8%E5%A6%84%E6%83%B3%E6%80%A7%E9%9A%9C%E5%AE%B3/%E5%A6%84%E6%83%B3%E6%80%A7%E9%9A%9C%E5%AE%B3  より一部抜粋

https://www.heartclinic-machida.com/kokoro/byouki/ippan_delusional_disorder.html より一部抜粋

https://www.comhbo.net/?page_id=8553 より一部抜粋

by maranatha | 2019-05-06 13:41 | 心理
宗教問題