人気ブログランキング |
ブログトップ

村上 密 Blog

雲と風

京都市の上空はジェット機の航路である。じっと空を見ていると銀色のジェット機を見つけることができる。私は毎日空を見上げる。雲の動きで上空の風の流れを知る。そして、近くにある木の枝の揺れ具合いで風の流れを知る。晴れているのに飛行機雲があるときは、上空に湿度があるときだ。西の風だったら翌日辺りには天気が崩れる。飛行機雲が薄く拡散するときがある。十分湿度がある時だ。京都は山に囲まれ、ビルが多い。沖縄だと360度見渡せる。どこで雲が生まれ、どこで消えていくか。連続する雲(竜の腹のような雲)で風の流れを知ることもできる。夏になると入道雲がいくつも立つ。八雲が立つわけである。八つ立つわけではなく、八つは多くの意味で、それは素晴らしい光景である。
by maranatha | 2019-05-13 10:19 | 自然
宗教問題