人気ブログランキング |
ブログトップ

村上 密 Blog

責任者の務め

今日、あるキリスト教団体の理事たちと、団体の本部で傘下の教会の問題を話し合った。文書を送ったときから、理事たちにできることに取り組んでこられた。自分たちが問題を起こしたのではなく、傘下の教会が起こした問題で対応しなければならない立場には同情の念を禁じえない。しかし、組織の責任を負っている以上、このような問題の対応は避けられない。団体の良いことも悪いことも責任をもって取り組まなければならないのが組織の責任役員である。問題が起きるのは避けられない。問題にどう対処するかが問題である。今のところ適切に対応していただいている。私としては、弁護士に相談を続けている。県庁にはこれから宗教法人取得を防ぐために文書を作成して送る予定である。理事たちには、要望を申し上げて3時間近い話し合いを終えた。

明日は、大阪の弁護士事務所に、スピリチュアル系の団体の件で相談に行く予定である。昨年の12月に読売新聞に大きくこの団体の問題が2回取り上げられた。新聞記事を読んで、報道関係各社から問い合わせがあったので情報を提供した。

by maranatha | 2020-01-15 20:19 | 教会
宗教問題