人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

村上 密 Blog

祈り 26

キリスト教の「異端」とみなされる団体に対しては聖書を使うことができる。しかし、キリスト教ではないカルト集団に対しては聖書が用いられていないので使っても効果がない。説得という方法からカウンセリングに移行したのは、このような理由があった。それでは、キリスト教のカルト化に対してはどうだろうか。精神的虐待、身体的虐待、性的虐待、経済的搾取等があるので、信仰という名の下で犯罪が起きているとして、法律を用いた。キリスト教カルトに対しては聖書とカウンセリングと法律を合わせて取り組むことにした。対象が変われば取り組みも変わる柔軟さが必要だ。なぜ、このような取り組みができたのか。それは、問題を抱えた人の相談は、神さまが私と出会わせてくださった、と受け止めている。現時点では難しいことでも、取り組んだら、神さまが力を貸してくださる。必要な助け人を起してくださる、と信じている。自分の力に対して過信はしていない。神さまがめぐり合わせてくださったのならば、助けてくださる。祈りはどのように祈ったらいいのでしょうか、と聞かれることがある。神さま、あなたの願われることに取り組みますから力をください。祈りと行動が一つになるように願っている。
by maranatha | 2020-05-30 20:57 | 信仰
宗教問題

by maranatha