人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

村上 密 Blog

魚の思いで

あれは多分、天橋立の廻錠橋付近。20cmほどの魚の大群がいた。釣るものも網もなく、ただ眺めているだけだった。いつかここにきてあれを捕まえてみたい、と思ってそこを離れたが、まだ一度も行っていない。

湖北のマキノ町は唐崎神社近く、知内川に架かる橋の下が影になって過ごしやすい。子供たちが小学生から大学生卒業くらいまで毎年ここで夏の休暇を過ごした。思いで深い場所である。琵琶湖では鮎は大きくならない。他所の川にもっていったら大きく育つ。小さな鮎の大群が目の前を泳いでいく。蝶々網ですくおうとしても鮎の逃げ足が速いので捕れない。一つではだめで二つを上手に使って挟み撃ちしないと取れない。

あれは敦賀の埠頭だと思う。釣り具も何も持たないときだった。大きなチヌがたくさん海の底にじっとしている。見えている魚はなかなかつれないと言うが、あれほどたくさんいたら釣れそうな気がする。でも、何も持っていなかった。残念。

私は釣るより、知恵を使って捕まえるのが好きだ。桂川ではよく大きなイコイを見かける。一度捕まえてみたいものだと五条大橋の上から観察していたら、浅瀬の砂地に背びれを出して泳いでいた。私は近くの岩場の陰に隠れた。近づいてくる音がする。飛び出て、網で追っかけ、かぶせて捕まえた。60cmほどだった。池に放したら池から飛び出て死んでいた。あれ以来、イコイを捕まえることはしなくなった。

朽木川沿いを車で走っていた。川を背びれ見せて泳いでいる大きな魚がいる。ブレーキを踏んで、車を止めた。蝶々網をもって川原に飛び降り、川の中の魚を100mほど追いかけて、網を頭にかぶせて取った。抱き上げたら80cmくらいのニジマスだった。車を飛び出た私を唖然と見ていた子供たちが歓声を上げた。今まで捕まえた魚で最大である。

by maranatha | 2020-07-19 22:16 | 自然
宗教問題