人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

村上 密 Blog

新しい戒め

「わたしを愛するなら、あなたがたはわたしの戒めを守るはずです。」(ヨハネ14:15)逆の言い方をすると「わたしの戒めを保ち、それを守る人は、わたしを愛する人です。」(14:21)となる。15節と同じようなことばが次に語られてある。「だれでもわたしを愛する人は、わたしのことばを守ります。」(23)ここでは「戒め」が「ことば」となっている。戒めについては次の聖句もある。「もし、あなたがたがわたしの戒めを守るなら、あなたがたはわたしの愛にとどまるのです。それは、わたしがわたしの父の戒めを守って、わたしの父の愛の中にとどまっているのと同じです。」(15:10)ここで戒めについて一般的に思いつくのは「〇〇してはいけない。」クリスチャンが思いつくのはモーセの十戒かもしれない。イエスが初めに語られた「戒め」について心にとめて14:15,21,15:10,10を読めば理解の助けになる。それは「あなたがたに新しい戒めを与えましょう。あなたがたは互いに愛し合いなさい。わたしがあなたがたを愛したように、そのように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。」(13:34)戒めとは咎めではなく互いに愛し合うようにとの命令である。この新しい戒めは「わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合うこと、これがわたしの戒めです。」(15:12)イエスの戒めについての話は13章34節から15章12節までで、同じように語られてある。それは戒めがここから始まりここまでで終わりを表わす言葉でもある。これが語られた背景が「さて、過越の祭りの前に、この世を去って父のみもとに行くべき自分の時が来たことを知られたので、世にいる自分のものを愛されたイエスは、その愛を残るところなく示された。」(13:1)新しい戒めはイエスの遺言のような言葉である。
by maranatha | 2020-10-04 22:12 | 聖書
宗教問題

by maranatha