人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

村上 密 Blog

マリー

小学生の頃、近所に二匹の雌犬がいた。一匹はマリーと言った。賢いイヌで、よくしつけられていて、タバコの火を消す特技を持っていた。よく出産した。それで、何度も子犬を見に行った。その家の庭では友達とよく遊んだ。もう一匹の雌犬の名前は憶えていない。よく吠える犬だった。何をしても吠えるので、その家の庭では遊ばなくなった。番犬にはなったと思う。しかし、誰にでも吠えかかるので、訪ねる人は嫌っていた。マリーは番犬にもなったが、性格が優しく、賢かったので、近所の子たちに愛された。一方、よく吠える雌犬は、家の人からよく叱られていた。そして、いつの間にかいなくなった。

賢いが、よく怒る人がいた。他人を評価することをあまりしない。自分が一番賢いと思っている。自分の提案に自信を持ち、それが受け入れられないと、怒りをぶちまけていた。親しい人もいたが、段々少なくなっていった。傍から見てかわいそうであるが、親しくなろうとは思わない。怒りの感情をまき散らすのは、迷惑である。なぜなら、個人的な感情を持ち過ぎていて、公益にほど遠いからである。本当の賢さとは、感情を治めなければならないと思わされた。

by maranatha | 2021-01-25 22:49 | 動物
宗教問題