人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

村上 密 Blog

イースター

過越しの祭りは、イエス・キリストの十字架と関連があり、五旬節は聖霊降臨と関連がある。それでは、仮庵の祭りは何だろうか。私はイエス・キリストの受肉と関連があると思っている。イエス・キリストは、十字架の血による赦しの新しい契約を、最後の晩餐を通して教えられた。パウロは聖餐について「あなたがたは、このパンを食べ、この杯を飲むたびに、主の来られるまで、主の死を告げ知らせるのです。」とコリントの教会に手紙を書いている。ここには、イエス・キリストが再臨と結び付けられて、十字架の福音を語り続けるように勧められている。パウロは、洗礼について、「私たちは、キリストの死にあずかるバプテスマによって、キリストとともに葬られたのです。それは、キリストが御父の栄光によって死者の中からよみがえられたように、私たちも、いのちにあって新しい歩みをするためです。・・・必ずキリストの復活とも同じようになるからです。」(ローマ6:4、5)と教えている。プロテスタントは、聖餐と洗礼を礼典としている。礼典にはそれぞれ、意味が込められている。礼典が形式化しないために、意味を再確認して過ごすことが大切である。今日はイースター、主の復活祭である。クリスチャンは、キリストの復活と同じようになることを信じてこれからも共に歩んでいく。
by maranatha | 2021-04-04 23:05 | 聖書
宗教問題

by maranatha