人気ブログランキング |
ブログトップ

村上 密 Blog

説得ではなく対話

カルトに入信している人を説得するとき、ただ説得すればよいと言うものではない。説得する前に、話し合いの環境を整える必要がある。大抵の場合は、家族全員が入信者に対して感情的に反対している。家族外の人を話し合いの場に迎えるのは、相当こじれているときである。私の場合、何に取り組むか。まず、家族の中に批判なしに入信者の話を聞く人を立てる。反対でもなく、賛成でもない。理解しようとする人を立てる。家族の中で孤立している状態を解消する取り組みである。入信者が家族に何とかわかってもらいたいと思っている場合、理解しようとする人を拒絶することはない。穏やかに、次の質問をすれば応えてくれる。どのような経緯で入信したか。何に一番興味を持ったか。最も素晴らしいと思っている教えは何か。どんな本に感銘したか。入信者は説得する人に対しては心を閉ざす。知りたいことを事前に聞き出し、会話の糸口がつかめれば、説得ではなく、対話として取り組むことができる。大切なのは、説得ではなく、対話が成り立つように。感情的な対立から、落ち着いた話し合いに。入信した人の動機や受けた影響を事前に知って、対話ができるような心理的環境を作るようにしてきた。
by maranatha | 2021-04-07 07:26 | カルト
宗教問題