人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

村上 密 Blog

民主的な教会を装う権威主義的な教会

1970年代まで、教会は概ね民主的に教会運営をしてきた。ところが、1980年代から教会成長論を導入した教会で信徒の増加が顕著になってきた。牧会は、信徒の数が増えると行き届かなくなる。そこで、牧師は権威を強調し、従うように強制し、教会の問題を丁寧に扱うことから抑え込むようになってきた。そうして、権威主義的な教会が生まれた。権威主義的な教会では、教会総会がない場合がある。信徒が教会の運営について質問する場はなく、従うことが要求される。また、民主的な教会運営を装うために、教会総会は開くが、形式的ですぐに終わってしまう教会も出てきた。権威主義的な教会では、牧師が役員を決めることがある。牧師は役員が牧師に従い、補佐するように誓約させる。民主的な運営を装うために、選挙はあるが、牧師が望む役員候補を事前に決めている場合もある。権威主義的な教会は、信徒が牧師にとにかく従うように作られている。何をするにも牧師に伺いを立てるところもある。このような権威主義的な教会では、自主的な聖書の学びがないために、聖書の理解を牧師に依存することになる。牧師が間違った教えを教会に導入しても、それを指摘する信徒は教会から追い出され、従う信徒だけで教会が運営されるために、教会が一致しているように思えるが、それは信仰の一致ではなく、意見の一致とするかえられた教会である。新しい人を皆が笑顔で歓迎してくれる。質問しても同じ答えが返ってくる。自分の属する教会を誇り、他の教会を世俗化していると蔑む。霊的高慢に陥っている。このような思考になると、他の教えを受け付けない。教会を批判されると感情的に反論してくる。場合によっては、悪魔が自分たちを攻撃していると思い込む信徒も出てくる。排他的な教会に属する信徒は、自分たちは選ばれた選民の中の選民という霊的エリート集団と思い込み、熱心な「信仰生活」を過ごして、非常識な行動を「信仰」と思い込む。その為、家庭崩壊や友人関係の破壊が生じている。
by maranatha | 2021-04-20 20:32 | カルト化
宗教問題

by maranatha