人気ブログランキング |
ブログトップ

村上 密 Blog

カテゴリ:未分類( 922 )

読売新聞で報道

読売新聞で自己啓発団体のことが15日に報じられてから、マスコミからの取材の依頼が来ている。おそらく、今後も依頼が来ると思われる。私は出張中なので、全てメールで対応している。パソコンの中にあるかなりの情報を取材の依頼者には送っている。帰宅したら、手元にある資料を提供する予定である。被害者が泣き寝入りするケールが多く、今回の新聞報道で被害者たちが勇気を与えられたのは確かである。
by maranatha | 2019-12-17 22:17

修理と体力

昨日時計店に行って、3個の腕時計を預け、今朝受け取りに行った。10年程使った腕時計のバンドを少し修理した。この腕時計の10年程前に使っていた腕時計も電池を入れ、バンドを替えて10年程ぶりに使えるようにした。もう一つ、使ったことのない腕時計に電池を入れ、バンドを調整して使えるようにした。バンドの調整は腕が太ったからではなく、少し細くなったからである。体重はこの10年、変わっていない。以前は腰をよく痛めていた。整形外科の医師が背骨の筋肉を付けない限り腰痛は克服できません、と教えられた。それから、ダンベル体操を京都に居るときは毎日やっている。左2キロ、右に2キロのダンベルを持って、前後に振り子のように上下させる。一、二、三で振り上げる。これを10回。次に左右のダンベルを交互にダンベルを持った手を垂らした状態から引き付けて上げること100回。これで腰痛を克服した。背筋と上腕筋と胸筋に以前はなかった筋肉が少しついた。時計には修理、体には体力必要である。
by maranatha | 2019-11-19 22:47

ブログの画面

ブログの画面を変えた。変える前の画面に慣れた人から、記事が途中までより、全部読めたほうが良い、と感想があった。提案を考慮して、再度画面を探してみた。山の画像を探したがあまり良いのがないので海にした。この画面だと記事が横広がりで以前よりは読みやすい。
by maranatha | 2019-11-16 13:47

健康管理

大きな病も手術もなく今日まで過ごしてきた。20代より30代、30代より40代、40代より50代と、段々健康になっていった。今は60代半ばに差し掛かろうとしている。とくに悪いところはない。いたって健康である。と言っても、50代の体力はない。気を付けていること、塩、砂糖、油を多くとりすぎないこと。標準体型を維持すること。特別な運動はしていないが、腰を痛めないようにダンベル体操をしている。これで腰を痛めなくなった。自分で作った薬草の液を皮膚に使用している。髪は遺伝で今も黒い。気持ちでは今が一番健康である。
by maranatha | 2019-10-23 11:28

訃報

出張先で親戚の訃報が届き、急遽司式のために式場に駆け付けた。召された義伯母は99歳だった。 片道移動距離1500キロを航空機、新幹線、特急、各駅電車、車で乗り継いだ。今、出張先に戻ろうとしている。この4日間はブログを書く時間がなかった。
by maranatha | 2019-09-28 14:45

矛と盾

三峡ダムから嘉手納基地までの距離をカシオの計算サイト(注1)で測ってみた。三峡ダム(2)と嘉手納基地(3)の緯度と経度を書き込むだけで距離が出る。約1680キロである。2017年10月、米太平洋空軍は最新鋭ステルス戦闘機F-35を沖縄に配備したと発表した。F-35Aだと2,000ポンド爆弾(約900㎏)の掲載が可能である。速度はマッハ1.2(1469km/h)で、嘉手納基地から三峡ダムまで約1時間ちょっとで到達する。レーダーでとらえることができないので、迎え撃つこともできない。現代の矛と盾は盾の方が劣勢である。ロシアは2018年に最新ミサイルの開発に成功した。音速の20倍の速度で、事実上迎撃できない。このように矛の発達が進んでいるので先制攻撃が圧倒的に有利な状況である。このような武器を背景とした威圧外交が繰り広げられると、武器開発は一層加速するはずである。国連安全保障理事会のメンバーが世界の武器の輸出を国を挙げて進めている。それも自国有利を維持するために型落ちの武器を輸出している。日本はそのような武器を購入することによって自衛力を付けている。自民党は憲法改正をして、やがて専守防衛から先制攻撃できる体制に持って行きたいはずである。

(注1)https://keisan.casio.jp/exec/system/1257670779
(注2)三峡ダム:北緯30度49分48秒 東経111度00分36秒
(注3)嘉手納基地:北緯26度21分06秒 東経127度46分10秒

by maranatha | 2019-08-28 10:51

生体磁気 2

生体磁気に気づいたきっかけは、4月のホテルでの出来事だった。夜中に両手の甲が燃えるように熱くなり、手をかきむしり始めた。夜中でもあり、困った。水道水を手の甲に当てても一向にかゆみは取れない。手の甲が真っ赤だ。少し腫れている。左腕から左の手先に向かって、右の掌を当ててなで下ろした。3回なで下ろすとかゆみが止まった。右手の甲が燃えるように熱いので、今度は左の掌を右腕から右手の先までなで下ろした。3回なで下ろすとかゆみが止まった。自分の掌に力があることに気づいた。何だろう。それで、磁気の強い人と何人か会っていて、研究の対象にならないのか、と話したことがあった。磁気カードがだめになる話を聞いていた。何か有効活用できないか考えていた。それに、猫や犬が右足に体を何匹もこすりつけてくることが春先から起きていた。何だろう、何だろう、と考えていた。生体磁気にことに気づいていろいろ検索してみた。それで、磁気が病気を治すことがある記事をいくつも見つけた。それで、自分を相手に手当をしてみた。すると、いろいろ効果があった。それで、親しい人に手当をしてみたら、効果があった。今は手が磁気を帯びるのが簡単になった。知らないときは、磁気に気づくこともなかった。おそらく、ホテルでかゆみが止まったのは、思いっきり手をかいたので手が磁気を帯びたのではないか。その手でかゆいところをなでたのでかゆみが止まったと思える。
by maranatha | 2019-08-12 21:54

生体磁気

映画のダ・ヴィンチ・コードは2006年に大ヒットした。ハーバード大学のロバート・ラングドン教授は閉所恐怖症である。ロバートは暗号解読官のソフィー・ヌヴーと一緒に運送トラックの中に入って逃走する。その中で、ソフィーが、ロバートの閉所恐怖症を和らげるシーンがある。彼女は、彼女の母から教えてもらった、と言っている。両手を少しこする。そして、ロバートの両耳に近くで、親指、人差し指、中指を少しこする。そして、彼のこめかみ辺りをもんであげる。すると彼の気分が回復する。ロバートはいろいろな謎を解く人である。しかし、彼女のしぐさのことは知らない。映画では解説もない。見過ごされてしまうシーンである。あれは生体磁気を使った手当である。私も使う。
by maranatha | 2019-08-09 21:55

生きる

私は豆が好きである。大体何でも好んで食べる。特に小豆には目がない。大豆も好きである。乳飲み子の頃、両親は豆腐屋を営んでいた。その頃、母の乳の出が悪く、ヤギと豆乳で栄養を補った。よって、母にも等しいヤギを私は食べない。豆腐は大好物である。母は、あんたの頭は豆腐でできている。だから頭が良いと励ましてくれた。事実、豆腐には脳に良い、レシチンが含まれている。父は戦争中、健軍にある軍の施設で兵隊の給食係や馬の世話をしていた。幸い徴兵の年齢に達していなかった。それから、農業、五木の山奥で木の切り出し、三池炭鉱で仕事、パチンコ店経営、豆腐屋、伊勢湾台風復興工事作業員、箒製造、不動産、貿易、台湾で農業指導員、土木事業経営と家族を養うためにいろいろ働いてくれた。66歳で天に召された。召される前頃に、わしゃ、村で一番幸せもんだ、と言っていた。人生の振り返り、子供たちの成長を見届け、満足していた。人一倍教育熱心な父は私の保育園から高校卒業まで参観や面談に出てきた。母は教育を父に任せていた。小学生の時、家庭教師がいた。中学の時には薬学部の助教授の家での学びに父は送り迎えをしてくれた。高校の時は英語の教師の自宅近くに下宿させてくれた。お前は次男だから頭の中に財産を詰め込んで出ていくんだと言っていた。どうも私が家族の中で一番金を食ったようで、ひつじ年生まれだ。豊かな食卓のおかげで、私も兄も妹も体は丈夫だ。父の召された年に段々近づいてきた。兄が66歳になったとき、おやじの亡くなった歳になったばい、と言っていた。父が召された時、兄弟で、おとっつあんのとしゃこえよ、と話し合った。66歳は他の人にとっては意味がないかもしれないが男兄弟にとって大きな区切りだ。異端、カルト問題を取り組んできたので、いつ召されてもよいように生きてきた。それが後2年で66歳を迎える。いのちを差し出すような仕事をしてきたが、愛がないならばいっさいが無益であるとの教えを無にしないようにして生きたい。
by maranatha | 2019-07-02 15:13

権力は腐敗する

ゴーンゴーンと鳴り響くかな鐘の音

鐘は金にかけている。毎日毎日ゴーンのニュースでもちきりである。権力が集中しすぎてだれも止める人がいなくなる。権力者が暴走していくのは経済界だけではなく、宗教界でもよくある話だ。このニュースは他人事ではない。権力は必ず腐敗する。

by maranatha | 2018-11-21 22:53
宗教問題