人気ブログランキング |
ブログトップ

村上 密 Blog

カテゴリ:聖書解釈( 9 )

洗礼

「これらすべての上に、愛を着けなさい。愛は結びの帯として完全なものです。」(コロサイ3:14)原文には「着けなさい」はない。なぜ「着けなさい」を書き加えたのか。
第1に、ヒントは2節前にある。「深い同情心、慈愛、謙遜、柔和、寛容」(3:12)は置き換えれば「愛」である。それに「身に着けなさい。」が書かれてあるからである。愛は包括的な言葉である。「愛は寛容であり、愛は親切です。また人をねたみません。愛は自慢せず、高慢になりません。礼儀に反することをせず、自分の利益を求めず、怒らず、人のした悪を思わず、不正を喜ばずに真理を喜びます。すべてをがまんし、すべてを信じ、すべてを期待し、すべてを耐え忍びます。愛はけして耐えることがありません。」(1コリント13:4~8)このように愛はいろいろと表現されている。愛は一言では言い表すことのできない言葉である。
第2に、3章10節にもう一つのヒントがある。ここには「新しい人を着たのです。」と書かれてある。この「着たのです」は本当に「着た、身に着ける」である。8節の「古い人をその行いといっしょに脱ぎ捨て」る行為は「着る」行為の反対である。「脱ぎ捨てる」のは何か。「怒り、憤り、悪意、そしり、あなたがたの口から出る恥ずべきことばを、捨ててしまいなさい。互いに偽りを言ってはいけません。あなたがたは古い人をその行いといっしょに脱ぎ捨てて」(3:8,9)である。「脱ぎ捨て」は「肉の体を脱ぎ捨て」(2:11)にも出てくる。「愛を着けなさい」の「着けなさい」はこの「新しい人を着なさい」からも受けている。

さて「身に着なさい」(3:12)「着たのです」(3:10)の「着る」は洗礼と関連する言葉である。コロサイでは、パウロは洗礼の意味を「バプテスマによってキリストとともに葬られ、また、キリストを死者の中からよみがえらされた神の力を信じる信仰によって、キリストとともによみがえらされたのです」(2:12)と書いている。「葬られ」、言い換えれば、「脱ぎ捨て」るのは「古い人」(3:9)である。「よみがえらされた」、言い換えれば、「着なさい」は「新しい人」(3:10)である。「着る」が洗礼と関連する言葉として簡潔に書かれてあるのはガラテヤ人への手紙である。「バプテストを受けてキリストにつく者とされたあなたがたはみな、キリストをその身に着たのです。」(3:27)パウロはエペソ人への手紙の中で「あなたがたの以前の生活について言うならば、人を欺く情欲によって滅びて行く古い人を脱ぎ捨て」(4:22)と書いている。これは洗礼以前の生活である。信じて洗礼を受けた後は、「あなたがたの心の霊において新しくされ、真理に基づく義と聖をもって神にかたどり造り出された、新しい人を身に着るべきことでした。」(4:24)と書いている。「古い人」は「脱ぎ捨て」、「新しい人」を「着る」。それをいつするのか。洗礼の時である。実際このことが起きているときは、イエスをキリストと信じて受け入れ、キリストと結びついた時である。「信じてバプテスマを受ける者は、救われます。」(マルコ16:16)と書いてある。

by maranatha | 2020-01-12 16:04 | 聖書解釈

全き人とは

「義人はいない。ひとりもいない。」(ロマ3:10)と書いてあるに、どうしてノアは「全き人」(創世記6:9)と書かれてあるのか。「正しい人」(6:9)とも書かれてある。ノアは「神とともに歩んだ」(6:9)ので「全き人」「正しい人」と書かれたのである。彼の生涯は「すべて神が命じられたとおりにし、そのように行った。」(6:22)という言葉によく表されている。アブラムに対しても「全き」が使われている。神は「わたしは全能の神である。あなたはわたしの前を歩み、全き者であれ。」(17:1)と語られた。神はアブラムに空の星を見せて「あなたの子孫はこのようになる」(15:5)と語りかけられた。「彼は神を信じた。主はそれを彼の義と認められた。」(15:6)義と認められたアブラムは、信仰の歩みを続けた。「全き者であれ」と語られた後、子孫を与えると契約をたてられた。そしてアブラハムには子が与えられた。義人はいない。ひとりもいない。しかし、信仰によって義と認められた人はいる。アブラハムである。それゆえ、「全き人」「全き者」とは神とともに歩む、信仰の人を表している。「全き」を、非の打ちどころのないとか、完全無欠なとか、道徳的にとらえるのではなく、信仰的にとらえなければならない。
by maranatha | 2020-01-09 20:29 | 聖書解釈

赦しについて

「気をつけていなさい。もし兄弟が罪を犯したなら、彼を戒めなさい。そして悔い改めれば、赦しなさい。かりに、あなたに対して一日に七度罪を犯しても、『悔い改めます』と言って七度あなたのところに来るなら、赦してやりなさい。」(ルカ17:3,4)

イエスはクリスチャンの間での罪をどのように扱うかを教えている。イエスは罪を犯した人を戒めなさいと教えている。そして悔い改めれば赦しなさいと教えている。それが一日に七度であっても、悔い改めます、と七度あなたのところに来るなら、赦しなさい、と教えている。注意したいのは、戒める、悔い改める、七度でも悔い改めますと来るなら赦しなさい。牧師もクリスチャンもクリスチャンの罪に対しては甘い。ただ赦しなさいだけを強調している。それは、このルカの福音書を使わないで、マタイの福音書を使うからである。自分たちに都合の良い方を選ぶのはご都合主義である。

「主よ。兄弟が私に対して罪を犯したばあい、何度まで赦すべきでしょうか。七度まででしょうか。」イエスは言われた。「七度まで、などとは言いません。七度を七十倍するまでと言います。」(マタイ18:21,22)

イエスは赦しなさいを教えている。ここには悔い改めが書かれていない。それで、牧師たちやクリスチャンたちはただ赦しなさいがイエスの教えだと思い込んでいる。そうではない。18章21節から35節は一つの段落である。そして、18章15節から35節はクリスチャンの間の罪をどのように扱うかを教えている。23節以降は罪をどのように扱うかのたとえ話である。そこでは赦しなさいが無条件でないことがはっきり書かれてある。返済します、と訴えるものあわれむようにと教えている。貸借関係を反故にする話ではない。以上のことから、文脈を無視してマタイ18章21,22節から赦しを解くことは間違いである。

by maranatha | 2020-01-06 22:55 | 聖書解釈

牧師が解釈を独占

今日「解釈を牧師が独占」と「牧師が解釈を独占」を検索したら、上位3件が同じく村上密ブログの記事だった。一部を抜粋してみた。このような表現はほかに検索の結果が出なかった。どうやら2014年6月9日の記事が、今まであまり表現されてこなかった言葉で、教会のカルト化に警鐘を鳴らし始めたことになる。

1、「教会のカルト化の一因」2日前「聖職者が解釈独占してきたことは否めない。それは信徒が解釈の学びを自ら取り組むことが少ないからである。間違った解釈が教会の中に入らないように目を配るのが牧師だけであることは危うい。」(一部抜粋)

2、「権威について」2018年3月23日
問題は、聖書の解釈を牧師が独占していることである。情報を遮断し、牧師の解釈だけが正しいと信じ込まされている。組織神学も解釈学も十分に学んでいない牧師が権威を振り回し、服従を強制する。なぜ権威を強調するのか。」(一部抜粋)

3、「すり替える」2014年6月9日
「 問題は、聖書の解釈を牧師が独占していることです。情報を遮断し、牧師の解釈だけが正しいと信じ込まされています。組織神学も解釈学も十分に学んでいない牧師が権威を振り回し、服従を強制します。なぜ権威を強調するのでしょうか。」(一部抜粋)

他に村上密ブログを調べてみると「牧師の神格化」(2016年8月19日)の中に以下のような記事があるところが、カルト化教会の牧師は、自分の解釈を権威化し、自教会を権威化し、牧師自身を権威化した。これでは、教皇の権威に対して聖書の権威を主張したプロテスタントが、宗教改革の精神を失っていることになる。」

参考:村上密ブログのカテゴリー「権威」

by maranatha | 2019-05-17 23:42 | 聖書解釈

私的解釈

間違った牧師の権威への反動か、一部の信徒が自分の私的解釈を絶対化して、大言壮語するのを見たり、聞いたりするのは、気持ちがわるい。学びは段階的なものである。だから、自分が至ったところは高いレベルと思いたい。ところが、もっと学んだ人にとってはそこはまだまだ低いレベルのものかもしれない。学びは謙遜でなければすぐに高慢になっていく。
by maranatha | 2019-05-16 10:55 | 聖書解釈

よみがえりの信仰

信仰によって、アブラハムは、試みられたときイサクをささげました。彼は約束を与えられていましたが、自分のただひとりの子をささげたのです。神はアブラハムに対して、「イサクから出るものがあなたの子孫と呼ばれる。」と言われたのですが、彼は、神には人を死者の中からよみがえらせることもできる、と考えました。それで彼は、死者の中からイサクを取り戻したのです。これは型です。
(新改訳聖書 へブル人への手紙11章17節から19節)

以上は、創世記22章の出来事をへブル人への手紙の記者がどのように解釈しているかがわかる場所である。ここには創世記22章にない言葉が出てくる。それは「彼は、神には人を死者の中からよみがえらせることもできる、と考えました。」である。アブラハムが神がイサクをささげよと命じられたときにためらわず行動を起こしたのは、神が全能の神でることとと神が語られたことは必ずなると信じたからである。記者は「イサクから出るものがあなたの子孫と呼ばれる。」(創世記21:12)と関連付けしている。これはイサクが乳離れするときに、神がアブラハムに語られた言葉である。記者はアブラハムがその時の神の約束の言葉をしっかり握っていたから、神の矛盾するような言葉にも従ってイサクをささげることができたのである、と言っているわけである。

私たちは神は全能の神であると信じている。しかし、神の言葉を信仰生活の中で実践していくとき、現実的な問題にぶつかり、実践を中途で放棄することがある。信仰とは自分の力で取り組み進めていくものではない。神とともに取り組んでいくものである。信仰の父アブラハムから私たちが学ぶとことは尽きない。

by maranatha | 2019-04-24 22:57 | 聖書解釈

『キリスト教成立の背景としてのユダヤ教世界』

『キリスト教成立の背景としてのユダヤ教世界』をアマゾンで検索してみた。約1万円ぐらいから20万円近い値段に驚いた。元の値段は1456円+税である。この本が高い評価を得ていることを知ることができた。私は販売されたころ購入して何回も読んだ。目が開かれる思いをして、サフライの他の本と関連図書を随分購入して読んだ。

注:『キリスト教成立の背景としてのユダヤ教世界』
(著者Sサフライ 監修カトリック聖書委員会 サンパウロ)

by maranatha | 2019-02-19 22:54 | 聖書解釈

興味深いメモ

興味深いメモを見つけた。宗教改革や宗教改革者の聖書解釈の背景を簡潔に知ることができる。

16 世紀フランス文学の背景メモ
(今井勉フランス文学概論資料)
http://www.sal.tohoku.ac.jp/~tsutomu/documents/16siecle.pdf

by maranatha | 2017-04-13 21:52 | 聖書解釈

間違った聖書解釈の悪影響

 ホブ・ハウツーワールトはアパルトヘイト(人種隔離政策)に、なぜ南アフリカの教会が同調したか、どんな聖書の言葉が誤用されたかを教えている。「愛に関しても、同様の原理が成り立つ。それほど前のことではないが、私は南アフリカでアフリカーナーの新約学者に、私たちの隣人を私たちと同じように愛するとはどういうことなのか尋ねた。すると、隣人を愛せよとの命令は、確かに私たちの隣人を、黒人であっても私たちと同じように愛することを意味すると極めて誠実に答えた。しかし、彼は二つの制限を付け加えた。まず第一に、その命令は自分自身、それゆえアフリカーナーとしての自分自身を愛する余地を残している。従ってイエスの言葉は、自国民のアイデンティティーを保持することを阻むものとして理解されてはならない。そして第二に、隣人を愛する時には、一定の秩序を保たなければならない。まず自分の民のキリスト者を愛し、その次に自分の民に属さないキリスト者を愛し、それから同じ民で信者でない者を愛し、最後に同じ民でなくキリスト者でない者を愛さなければならないと言ったのである。概して、愛についてのこうした見解は、イデオロギーの要素を持っている。イエスが私たちに示したアガペーの愛は、国や階級といったあらゆる境界を越える無条件の愛であり、イデオロギーの愛はこれと似ても似つかない。私の隣人とは誰かという質問に対する答えは、福音自体から出て来る。私の隣人とは、サマリア人-イエスの時代の南アフリカの黒人に当たる-によって愛され、手当てをしてもらった強盗の犠牲者のように、誰であっても私の助けを求めている人のことである。」
(『繁栄という名の偶像』宮平望訳 いのちのことば社 P54)

 ティーリケは南アフリカだけでなく、アフリカの教会に誤った思想が拡大したことを証言している。。「イデオロギーによって問題をかすませてしまう行為は、それがキリスト者の間でなされる場合、特に厄介な、気が滅入るようなものとなります。私はアフリカの国々でそれを経験しました。そこではかなり多くの教会(または牧師、神学者たち!)が何世紀にもわたって聖書を酷使し、どんなペテン師的方法とも比較できない程の愚かしさで、テキストの自分かってな解釈を行い、神の言葉にもとづいて、神が白人に世界支配者としての地位を、また黒人には、この青白い顔をした神の寵児(白人)たちに奉仕する役を与えていることを<証明>しようとしているのです。私たちはこういう人たちとたびたび議論しましたが、このぞっとするような考え方に接して、思わず怒鳴りつけたい衝動にさえ駆られました」
(『現代キリスト教入門』佐伯訳、ヨルダン社 P228)

 宗教トラブル相談センターへの相談者の多くは「霊的戦い」によって恐怖心が増幅されている。キリストによる救いは信じる者に平安をもたらすものだが、相談者はいつも救いを失わないように、奪われないように戦々恐々と信仰生活を過ごしてきた。悪霊やサタンの存在がクローズアップされ過ぎている。これは信仰というより、神と悪魔、善と悪の二元論的イデオロギーの下にある状態である。神の主権を知らない人が多すぎる。さらに共通するのは、牧師を権威化そして絶対化しているのも特徴である。恐怖心が増幅されているため、牧師への依存度が強くなっている。牧師への意見を言う人は教会に残れず、従順だけがその教会に残る道である。クリスチャン人口と二元論的イデオロギーの影響下にあるクリスチャンの比率はかなり高いと思われる。放っておける人数ではない。

 解決するには、権威化、絶対化されている牧師を相対化する必要がある。それで、教会員は教えを比較検討するために資料や書物を読むようにしなければならない。二元論的イデオロギーに影響されている人の思考法は、ジョージ・オーウェルの『1984年』(ハヤカワ文庫に出てくる「ブラック・ホワイト法」(白黒思考)そのものである。これを参考にしてほしい。
by maranatha | 2013-04-13 14:47 | 聖書解釈
宗教問題