人気ブログランキング |
ブログトップ

村上 密 Blog

カテゴリ:ヨハネの福音書( 3 )

モーセでヨハネの福音書を読む

 「律法はモーセによって与えられ、恵みとまことはイエス・キリストによって実現したからである」(ヨハネ1:17)この聖句を鍵の言葉として、ヨハネの福音書を読むと、とても興味深い。

1章では、ある人々は「ことば」をフィロンと関係づけて論じるが、むしろ、ヨハネは、モーセ五書の創世記にある神のことばによる創造を思い起こすように書いている。

2章では、水が葡萄酒に変わる奇蹟は、出エジプト記にあるエジプトへの第1の災いであるナイル川を血に変えるモーセを思い出させる。

3章では、イエスは言われた。「モーセが荒野で蛇を上げたように、人の子もまた上げられなければなりません。」民数記にある荒野での救いを引き合いに、十字架による救いが語られている。

4章では、モーセの五書を信じるサマリヤ人へ福音が伝えられている。そこにはレビ記の礼拝を超える奥義が語られている。

5章では、イエスは、モーセの安息ではない先祖たちの安息の教えに縛られている病人を癒し、安息を与えるお方としてご自身を顕しておられる。

6章では、荒野で天からのマナを人々に与えたように、イエスがパンの奇蹟を行なっておられる。「あなたがたは、聖書の中に永遠のいのちがあると思うので、聖書を調べています。その聖書が、わたしについて証言しているのです。」(39)の中には当然モーセの五書が含まれている。なぜなら「もしあなたがたがモーセを信じているのなら、わたしを信じたはずです。モーセが書いたのはわたしのことだからです。」(46)と書いてある。

7章では、「もし、人がモーセの律法が破られないようにと、安息日にも割礼を受けるのなら、わたしが安息日に人の全身をすこやかにしたからといって、何でわたしに腹を立てるのですか。うわべによって人をさばかないで、正しいさばきをしなさい。」(23、24)律法をもたらしたモーセと比較してイエスが恵みを与える、安息を与える主として書かれてある。また「このことばを聞いて、群衆のうちのある者は、『あの方は、確かにあの預言者なのだ』」と(40)申命記18章を思い起こさせる言葉を書いている。

8章では、イエスが、姦淫の現場で捕まえられた女を、モーセの律法によれば石打ちにされかねない女を救っておられる。

9章では、イエスは再び安息日に盲人が癒される奇蹟を行ない、神から遣わされたことを証言しておられる。盲人は、イエスを預言者と語り、やがてキリストと信じた。

ひとまず、以上のこと分かる通り、ヨハネは、イエスがモーセが次のように語った預言者であると証言しているのである。「わたしは彼らの同胞のうちから、彼らのためにあなたのようなひとりの預言者を起こそう。わたしは彼の口にわたしのことばを授けよう。彼は、わたしが命じることをみな、彼らに告げる。わたしの名によって彼が告げるわたしのことばに聞き従わない者があれば、わたしが彼に責任を問う。」(申命記18:18、19)

by maranatha | 2015-09-29 23:41 | ヨハネの福音書

モーセで読み解くヨハネの福音書

「律法はモーセによって与えられ、恵みとまことはイエス・キリストによって実現したからである」(ヨハネ1:17)この聖句を鍵の言葉として、ヨハネの福音書を読むと、とても興味深い。

2章では、水が葡萄酒に変わる奇蹟は、ナイル川を血に変えるモーセの奇蹟を思い出させる。

3章では、「モーセが荒野で蛇を上げたように、人の子もまた上げられなければなりません。」(14)この荒野での救いを引き合いに、十字架による救いが語られている。

4章では、モーセ五書を信じるサマリヤ人へ福音が伝えられている。そこにはレビ記の礼拝を超える奥義が語られている。

5章では、イエスは、モーセが伝えた安息ではない教えに縛られている病人を癒し、安息を与えるておられる。

6章では、モーセが荒野で天からのマナを人々に与えたように、イエスがパンの奇蹟を行なっておられる。「あなたがたは、聖書の中に永遠のいのちがあると思うので、聖書を調べています。その聖書が、わたしについて証言しているのです。」(39)の中には当然モーセの五書が含まれている。なぜなら「もしあなたがたがモーセを信じているのなら、わたしを信じたはずです。モーセが書いたのはわたしのことだからです。」(46)と書いてある。

7章では、「もし、人がモーセの律法が破られないようにと、安息日にも割礼を受けるのなら、わたしが安息日に人の全身をすこやかにしたからといって、何でわたしに腹を立てるのですか。うわべによって人をさばかないで、正しいさばきをしなさい。」(23、24)律法をもたらしたモーセと比較してイエスが恵みを与える、安息を与える主として書かれてある。また「このことばを聞いて、群衆のうちのある者は、『あの方は、確かにあの預言者なのだ』」と(40)申命記18章を思い起こさせる言葉を書いている。

8章では、イエスが、姦淫の現場で捕まえられた女を、モーセの律法によれば石打ちにされかねない女を救っておられる。

9章では、イエスは再び安息日に盲人が癒される奇蹟を行ない、神から遣わされたことを証言しておられる。盲人は、イエスを預言者と語り、やがてキリストと信じた。

以上のことで分かる通り、ヨハネは、イエスがモーセが次のように語った預言者であると証言しているのである。「わたしは彼らの同胞のうちから、彼らのためにあなたのようなひとりの預言者を起こそう。わたしは彼の口にわたしのことばを授けよう。彼は、わたしが命じることをみな、彼らに告げる。わたしの名によって彼が告げるわたしのことばに聞き従わない者があれば、わたしが彼に責任を問う。」(申命記18:18、19)

by maranatha | 2015-08-27 16:50 | ヨハネの福音書

ヨハネの福音書の書かれた目的

 ヨハネの書かれた目的は明白である。「これらのことが書かれたのは、イエスが神の子キリストであることを、あなたがたが信じるため、また、あなたがたが信じて、イエスの御名によっていのちを得るためである。」(20:31)イエスが神の子であることを、1章では「初めに、ことばがあった。ことばは神ともにあった。ことばは神であった。この方は、初めに神とともにおられた。」(1:1、2)と書き出して、「ことばは人となって、私たち間に住まわれた。私たちはこの方の栄光を見た。父のみもとから来られたひとり子としての栄光である。この方は恵みとまことに満ちておられた。」(1:14)と受肉に言及している。ヨハネは、ことばの永遠的存在をかたり、この方によって世界が創造され、このお方が人となられた。このお方がイエスである。このお方(イエス)がキリスト(メシア)であると証言している。また、神と言葉の関係を、神とひとり子の関係として書いている。私たちは、ヨハネが、イエスが神の子キリストであることを1章からはっきり語ろうとしていることを知ることができる。
 ヨハネは奇跡を栄光としている。「イエスはこのことを最初のしるし(カナの奇跡)としてガリラヤのカナで行ない、ご自分の栄光を現された。弟子たちはイエスを信じた。」(2:11)最初のしるしが書かれ、第二のしるし(4:54)がある。これは王室の役人の息子の癒しである。しるしは奇跡である。ヨハネの福音書にはこの他にも奇跡を書いている。それは、イエスが栄光を現されたと言いたいのである。この奇跡が、イエスが神の子キリストである証拠である。それで、奇蹟の場所では、誰かが信じたと出てくる。
 ヨハネの福音書は、共観福音書(マタイ、マルコ、ルカ)と比べて、多くのイエスのことばを記録している。それは、ことばが人となった、このお方のことばを人々に伝えたいからである。人々がイエスのことばを聞いて、イエスが神の子キリストであることを信じてほしいのである。そういうわけで、奇蹟とことばはイエスが神の子であることを信じるように書かれたものであることが分かる。このような観点から、何度もヨハネの福音書を読まれることをお勧めする。

by maranatha | 2014-07-06 20:58 | ヨハネの福音書
宗教問題