人気ブログランキング |
ブログトップ

村上 密 Blog

カテゴリ:カルバリー( 3 )

カルバリー・チャペルの大分裂

日本ではカルバリー・チャペルの分裂はあまり取り上げられていないが、重要と思われるので掲載する。以下は大手の米国キリスト教系メディアの記事である。
・「カルバリ・チャペル コスタメサがカルバリーの団体と分裂」/カリスマ・ニュース(2016年11月7日付)
http://www.charismanews.com/us/61116-calvary-chapel-costa-mesa-splits-from-association-citing-old-testament-prophet
・「二つのカルバリー・チャペルの話:ムーブメントの分裂の背景」/クリスチャニティ・トゥデイ(2017年2月17日付)
http://www.christianitytoday.com/ct/2017/march/tale-of-two-calvary-chapel-movement-split-chuck-smith.html
以下が、カルバリー・チャペルの創始者チャック・スミス師(コスタメサの前・主任牧師)の意向を受けてカルバリー・チャペルのグループのリーダーシップを引き継いだ、カルバリー・アソシエーションの2016年10月31日から11月28日に発表された公式声明である。恐らく、カルバリー・チャペル始まって以来の、最大のお家騒動であり、最大の分裂騒ぎである。リーダー達が苦慮しながら、全世界で1600近くあるカルバリー・チャペルの全牧師宛に、メールでも送信された内容で、昨年10月末から今日までアップされている。深刻な事態が見て取れる。
http://calvarychapelassociation.com/updates/
分裂の最終的な引き金は、昨年9月、チャックの娘婿で、カルバリー・チャペル コスタメサを引き継いだブライアン・ブロダーセンが、昨年9月昨年2016年9月26~27日に米国北西部で開催されたカルバリー・チャペルの牧師のカンファレンスで、義父であり、カルバリーの創始者であるチャックのやり方を批判し、カルバリー・チャペルのポリシーの根幹・土台を否定したことである。以下は証拠のブライアンの肉声である。
https://www.youtube.com/watch?v=gj3ggFUj9UU
昨年6月、骨肉の争いの裁判の判決が出て、ブライアン・ブロダーセンとその配下にあるコスタメサのカルバリー・チャペルの役員側は敗訴した。チャックが、2013年10月に逝去した後、チャックの妻と長女が、ブライアンと役員会に対し、民事訴訟を提起した裁判である。判決文がネット上に公開されている。以下は、2016年6月27日付、カリフォルニア州地方裁判所の判決文である。
http://www.courts.ca.gov/opinions/nonpub/G052514.PDF
上記の訴訟の記事は以下である。
「チャック・スミスの娘が、カルバリー・チャペルを訴える」/クリスチャニティ・トゥデイ(2014年9月29日付)
http://www.christianitytoday.com/gleanings/2014/september/chuck-smith-daughter-sues-calvary-chapel-over-founders-last.html
この2年半前の衝撃的な記事には、チャック・スミス師の夫人であるケイ・スミスの代わりにチャックの長女のジャネット・マンダーソンが、カルバリー・チャペル コスタメサの主任牧師であるブライアン・ブロダーセンに対し、訴訟を提起したと記されている。チャック亡き後の、正に骨肉の争いであるが、ついに昨年の6月に判決が出て、ブライアン側は敗訴した。ブライアンは、その3か月後のカンファレンスで本音を暴露し、義父のチャックを愚弄し、カルバリー・アソシエーションから離脱するだけでなく、なんと、1600あるカルバリーの教会の全牧師にメールを送り、自分がアソシエーションを抜けた経緯を弁解するだけでなく、新たな団体を立ち上げたと発表した。用意周到に計画していなければ、出来ることではない。その名は、「カルバリー・チャペル・グローバル・ネットワーク」である。
カルバリー・チャペルは教団ではない。しかし、準教団のような形態があって、その本部チャペルが、チャックが創始したカルバリー・チャペル コスタメサである。ムーブメントの本家本元の本部教会が、ムーブメントの正式団体から離脱するだけでも大スキャンダルである。その教会の主任牧師が、チャック亡き後、チャックの妻と自分の妻の姉から訴訟を起こされ、敗訴した。その後、義父のチャックを愚弄し、団体から離脱し、同じような団体を立ち上げ、団体所属の教会と牧師に誘いをかけたわけである。
チャックが亡くなる2013年以前から、イマージング・チャーチ・ムーブメントでカルバリーは非常に揺れ、ついには、チャックは自分の息子で長男のチャック・ジュニアをカルバリーから追放する事態にまで発展し、激震が走っていた。その時の対応が、遅きに失し、不徹底であった事が、その後の問題を引き起こしたと言える。兆候はあった。そして、チャック亡き後、すぐに訴訟である。カルバリー・チャペル・アソシエーソンの対応があまりにも甘く、遅すぎた。リーダー達の数が、数年前に比べると3割近く減ったように見受けられる。以下が現在のリーダー達である。
http://calvarychapelassociation.com/leadership-council/


関連記事
イマージング・チャーチ・ムーブメント
maranatha.exblog.jp/21917911/

カルバリーの戦い
maranatha.exblog.jp/21914834/

カルバリー・チャペルに激震
maranatha.exblog.jp/21903986



by maranatha | 2017-03-31 17:29 | カルバリー

カルバリーの戦い

カルバリ―チャペル・グループ最大の教会(フォート・ローダーデール教会)の牧師辞任
CNNの記事
http://religion.blogs.cnn.com/2014/04/07/megachurch-pastor-resigns-citing-moral-failing/
クリスチャニティ・トゥデイ誌の記事
http://www.christianitytoday.com/gleanings/2014/april/popular-pastor-resigns-moral-failure-bob-coy-calvary-chapel.html
カリスマ誌の記事
http://www.charismanews.com/us/43401-confessing-moral-failure-megachurch-pastor-bob-coy-resigns-calvary-chapel-fort-lauderdale
ボブ・コイ牧師の顔写真

 フォートローダーデール教会
カルバリー・チャペル・フォートローダーデールのHP:http://www.calvaryftl.org/
    


Senior Pastor Bob Coy resigns. (Source: http://www.calvaryftl.org ...
米国の情報に詳しい友人から以下のような情報提供があった。
 以下の写真と記事は、カルバリー・チャペル最大のメガ・チャーチ、フォート・ローダーデール教会の創設牧師ボブ・コイが、イマージング・チャーチ・ムーブメントの推進者リック・ウォレンとカルバリー・チャペルの創始者チャック・スミスとの間で、葛藤していた事実を示唆している。

 セリフの意味は
・リック・ウォレン:「ボブ、いつでもここ(イマージング・チャーチ・ムーブメント)で、君を歓迎するよ」

・チャック・スミス:「ボブ、我々は、コンテンプラティブ・チャーチ(瞑想的な教会=イマージング・チャーチ・ムーブメント系の教会)を支持していないよ。」
以下の写真中央は、ボブ・コイで、左肩の小人はリック・ウォレン、右肩の小人はチャック・スミス。
http://fakerick.blogspot.jp/  (2007年10月14日付記事)




リック・ウォレンがチャックに接近
(2009年8月のハーベスト・クルセードにて)


単立のサドルバック教会創設者のリック・ウォレンは世界的に尊敬されているカルバリー・チャペルの創始者チャック・スミスと親密な関係にあると思わせたい行動を何度かしてきた。イマージング・チャーチ・ムーブメントの信奉者リック・ウォレンは人々にこのムーブメントは大丈夫だと思わせる為か明らかにチャック・スミスとの関係を利用しているように見える。
昨年10月、故チャック・スミスの追悼礼拝にリックは、カルバリーとは直接関係がない筈だが、何故か主賓のような立場で参列していた。カルバリーの多くの牧師達が、リックがカルバリー・チャペルを代表する牧師達と一緒にステージの上に登壇する事に非常な違和感を覚えていたと聞いた。その最大の理由は、チャック師は生前、イマージング・チャーチ・ムーブメントとその瞑想的・東洋的な教えを危険なものとして公に退けていたからである。このオカルティックな超教派のムーブメントは非常に危険である。
8年程前、カルバリー・チャペル・グループにこのムーブメントが侵入し物議を醸した。そこで、チャックや中心的な カルバリーの牧師達はこのムーブメントを検証し、公式な立場を表明する声明文を出した。この声明文は、2006年5月21日にカルバリー・チャペルの公式HP上に掲載され、イマージング・チャーチ・ムーブメントを是認しその方向で進むなら、「カルバリー・チャペル」の名称を教会名から削除し、カルバリーとの提携関係を解消するようにとカルバリーの牧師達に通達された。
 詳細は以下の記事を。
http://emerging-church.blogspot.jp/2006/05/calvary-chapel-rejects-contemplative.html
http://calvarycostamesa.blogspot.jp/2007/08/emergent-controversy.html
ところが、その後、カルバリー・チャペル内で、「反イマージングの流れ」が緩和された為か、イマージングの推進役となったリック・ウォレンが全米のカルバリー・チャペルが毎年協賛する野外クルセード (グレッグ・ローリー牧師主催のハーベスト・クルセード)のステージ上に登壇しカルバリーの創始者チャックの横に座り、多くのカルバリー・チャペルの牧師が驚愕したという。
以下は2009年8月に開催された「20周年記念ハーベスト・クルセード」の際の写真左から、グレッグGreg Laurie, チャックChuck Smith, リックRick Warren
http://www.assistnews.net/Stories/2009/s09080134.htm

上記の事態を憂うブログ記事
http://galatiansfour.blogspot.jp/2010/05/calvary-chapel-and-rick-warren.html



This picture will lead many to do a double-take...Greg Laurie is on the left, Chuck Smith:founder and leader of Calvary Chapel in the middle, and Rick Warren on the right.
What is going on? Do they all have to be in the backpocket of one another?

On one website, they were blunt:

"I know that many people are going to be hurt by this news of Pastor Chuck Smith, Greg Laurie and Rick Warren appearing together on the same platform in “one accord.” For many who have called Calvary Chapel their home church the possibility of such once sound men of God (Laurie & Smith) appearing with an obvious wolf in sheep’s clothing (Warren) seems absolutely inconceivable. However, the truth of the matter is that is exactly what has happened."
昨年2013年10月27日、1万人以上の人々が集まった故チャック・スミスの追悼礼拝のステージに、リックが臆面もなく登壇した。ライブ中継を観ていた人々は驚いたことだろう。なんでリックが?と。
追悼礼拝が観れるURLと広告バナー
http://watch.pastorchucksmith.com/
 以下はチャックの追悼礼拝の際の登壇者の写真。以下の一番左がリック。その右の面々は、カルバリー・チャペル創設時からチャックと共に労してきたカルバリー・チャペルを代表する牧師達。

 

以下は、追悼礼拝のステージに登壇した牧師達の全体写真。リックだけが、カルバリーと無関係な人物。ところが、どういう訳か中央に座を占めている。カルバリーの代表でもない人物が!しかも、リックはステージに登壇するよう正式に招待されていなかった可能性もあると指摘する牧師さえいる。
... that many of these men including rick warren are seeking in earnest
 
カルバリ―では、イマージング・チャーチ・ムーブメントを受け入れるか拒否するかで、 大変な物議を醸した経緯がある。チャック・スミスの実の弟、息子、甥も巻き込む大騒動となった。物議の渦中、チャック・スミスの息子チャック・ジュニアがイマージング・チャーチを是認する立場を表明し、彼の教会はカルバリー・チャペルの提携教会リストから削除された。
http://calvarychapel.pbworks.com/w/page/13146614/Chuck-Smith-Jr
カルト対策の権威の「ロジャー・オークランド」は、イマージング・チャーチ運動の危険性を察知し、カルバリーチャペルからその悪影響を除く為に奔走していた。2007年12月6日、ロジャーは、チャック・スミスに以下の手紙を送った。
http://www.lighthousetrailsresearch.com/LettertoChuck Smith-December 6 2007.doc
しかし、カルバリー内のイマージング・チャーチ擁護派の巻き返しの為か、2008年2月13日、チャックの弟ポール・スミスに文書を送り、離れる意向を伝えカルバリー・チャペルを去ることとなった。ロジャーはそれまで29年間、カルバリー・チャペルで奉仕していた。
http://www.lighthousetrailsresearch.com/PaulSmithStatement.doc
以下の記事は、カルバリー・チャペルにおけるイマージング・チャーチ・ムーブメント論争を時系列で掲載している為、非常に分かりやすく参考になる。
http://www.lighthousetrailsresearch.com/blog/?p=5258
更に、2009年5月5日、それまで半世紀以上もの間カルバリー・チャペルに忠実に仕えていたチャック・スミスの実の弟「ポール・スミス」も、ロジャー同様、イマージング・チャーチ・ムーブメントの悪影響をカルバリー・チャペルから取り除く為に労していたが、カルバリー・チャペルを去ることとなった。
http://www.lighthousetrailsresearch.com/blog/?p=222
生前のチャックにとっても、カルバリー全体にとってもこの事態は激震であった。チャックの実の息子と弟、そして盟友ロジャーが、イマージング・チャーチ・ムーブメント是か非かで何十年も所属していたカルバリー・チャペル・グループを去る事となった!
ロジャーのミニストリーのHP
http://rogeroakland.com/

チャックの息子のチャック・ジュニア

チャックの弟ポール・スミス。
 
ポールが解任された事件を取り上げた記事
http://www.calvarypo.org/HANDS/0672.pdf
イマージング・チャーチ・ムーブメントは、東洋の宗教的瞑想を勧める超教派運動で、グノーシス的でニューエイジとの関連さえ指摘されている非常に危険なムーブメントである。
以下は、リックとイマージング・チャーチ・ムーブメントの関係を示す記事。とてもリックの教会は健康な教会とは言えない。
http://www.lighthousetrailsresearch.com/warrenemerging.htm


by maranatha | 2014-04-21 17:23 | カルバリー

カルバリー・チャペルに激震

 ボブ・コイは、カルバリー・チャペル・フォートローダーデールの主任牧師である。2014年4月3日、道徳的な失敗を理由に、突然辞任した。カルバリー・チャペルは、全世界に1500以上の枝教会を持つ、無教派教会グループである。フォートローダーデールはフロリダ州にあるカルバリー・チャペル・グループの中で最大の教会である。礼拝参加者は2万人と言われている。全米トップテンにも入っている。1万人を超えるとギガ・チャーチと言うそうだ。
 アメリカでは、最近、メガ・チャーチの牧師の不祥事が続いている。カリスマ的な牧師の下に、人材も資金も集まり、掲げるビジョンが思うように進む。この達成感が、牧師を高慢にさせる。神が共に働いておられると思うかもしれないが、グループ・ダイナミックスの場合もある。牧師の倫理的問題と教会成長が同時進行ということがしばしばある。大きくなることが祝福の場合もあれば、そうでない場合もある。人間が多く集まるところには、問題もまた多い。

by maranatha | 2014-04-18 10:09 | カルバリー
宗教問題