人気ブログランキング |
ブログトップ

村上 密 Blog

カテゴリ:宗教ビジネス( 4 )

宗教の貧困ビジネス

1月26日、さいたま市は、宗教法人「善弘寺分院宗永寺」に対して、施設新設や新規入居者の受け入れ禁止を命じた。宗永寺は同市岩槻区内で計5ケ所の無料・低額宿泊所を営んでいる。宗永寺は生活保護自給者の入居者と金銭管理契約を結び、自給直後に保護費を回収していた。このような強制回収は、同市の条例で禁止されている。

このような貧困ビジネスは他宗教でも行われている。これは氷山の一角にすぎない。沖縄のあるキリスト教会が貧困ビジネスを行っており、しばしば、その中に行われていることが耳に届いてくる。警察署を訪ねて、情報を提供はしている。このたびの報道で、生活福祉課へ情報提供して、行政処分の可能性を考えた。善行と見せかけて悪徳を重ねる偽善行為を見過ごしにはできない。

by maranatha | 2017-01-27 11:15 | 宗教ビジネス

沖縄でも

昨年、路上生活者・生活困窮者・刑務所出所者・障がい者・母子寡婦家庭を支援する沖縄のあるNPO法人で自死と不審死が相次いでいるとの情報提供があった。その後、情報提供者と新聞記者と話し合う機会を持とうとしたが、連絡が途絶えた。

毎日新聞には「生活困窮者の一時的な滞在施設としてNPO法人などが運営している『無料低額宿泊所』で入所者の死亡が相次ぎ、東京都と千葉県の宿泊所では年間150人以上が死亡退所していることが分かった。」(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161230-00000005-mail-soci)

by maranatha | 2016-12-30 10:49 | 宗教ビジネス

一般社団法人ビクトリーチャーチの取り組み

一般社団法人ビクトリーチャーチは、何に取り組んでいるのか。正面玄関の上に「一般社団法人ビクトリーチャーチ」と壁面看板を掲げている。そして、玄関の横に「」無料!!子ども食堂始めました。」の横断幕がある。外見からは、チャーチとあるが宣教に取り組んでいるようではない。

琉球新報
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-302239.html
上記のサイトから一部抜粋
これまでも貧困問題に取り組んできたが「宗教活動が中心で教会の枠から抜けられず、常にジレンマを抱えていた」ことから一般社団法人の設立を決意し、個人救済から社会救済へと活動の方向性を大きく転換した。

www.city.naha.okinawa.jp/cms/kakuka/hogokanri/osirase/.../
tuikakoufudanntai.pdf
上記のサイトから一部抜粋、
平成 28 年9月1日 平成28年度ボランティア団体等が実施する子どもの居場所運営事業 補助金交付決定団体(追加募集) ボランティア団体等が実施する子どもの居場所運営事業募集要項に基づき、平成28年8 月20日にプレゼンテーション審査を行った結果、次の団体への補助金交付が決定しました ので公表します。

一般社団法人ビクトリーチャーチは、「チャーチ」を使っているが宗教団体ではない。運営資金は献金ではなく県からの補助金や寄付である。代表者は細田光雄氏で、以前から、NPO法人プロミスキーパーズの代表者山内昌良氏と『しあわせコンサート』で協力関係にがあった。どちらも、子ども食堂に取り組んでいる。昨年まで開かれていた『しあわせコンサート』であるが、開催資金調達に問題があることがわかり、私は昨年度の情報を那覇警察署に提供した。

個人救済から社会救済への転換に対して違和感がある。細田氏は個人救済を長年取り組んできた。今では福音主義の教会でも社会的責任として、社会問題に取り組むようになっている。社会救済へ転換しなくても、子ども食堂への取り組みはできる。彼は、宗教法人の包括団体から出て、一般社団法人を設立した。教会は残って宣教活動に取り組み続けている。

一般社団法人ビクトリーチャーチの現住所
沖縄県那覇市上間245-1南風ビル


by maranatha | 2016-10-25 11:30 | 宗教ビジネス

なぜ、一般社団法人に?

日本同盟基督教団の沖縄ビクトリーチャーチの所在地を検索してみた。住所は那覇市字上間189ー3である。ところが、法人マップ.comを検索すると「一般社団法人ビクトリーチャーチ」の登記上所在地となっている。どのような経緯でこのようになったか、それぞれの団体が経緯を公表していないので、部外者にはわからない。それで、内部の人々に、自分たちの団体の運営が今後正しく行われているかを知るための判断材料を提供したい。

日本同盟基督教団 所属教会 教会検索
http://domei.biz/doumei/churchtop.html

法人マップ.com
http://xn--9ckxbt9861a8p5a.com/detail/9360005005198

*難しいと思わず、ときどき開いて読むこと。

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律

(平成十八年六月二日法律第四十八号)

*社員は総会には参加し、配布された資料は保存する。自分で資料を読み解くことのできない場合は、できそうな人に協力を要請する。
第三十六条  定時社員総会は、毎事業年度の終了後一定の時期に招集しなければならない。

*運営に疑問をもったら請求権を行使する。
第百二十一条  総社員の議決権の十分の一(これを下回る割合を定款で定めた場合にあっては、その割合)以上の議決権を有する社員は、一般社団法人の業務時間内は、いつでも、次に掲げる請求をすることができる。この場合においては、当該請求の理由を明らかにしてしなければならない。

by maranatha | 2016-10-24 22:00 | 宗教ビジネス
宗教問題