人気ブログランキング |
ブログトップ

村上 密 Blog

カテゴリ:にせ預言者( 4 )

にせ預言者に気をつけろ 3

昨日、「にせ預言者に気をつけろ」というタイトルで、繁栄の神学の元凶である「ワード・オブ・フェイス」の危険性を警鐘する記事を掲載した。この危険な異端的ムーブメントの悪影響が及んでいるのは、アメリカの単立カリスマ系だけではない。昨日の記事でも指摘したように、問題は単立カリスマ系だけに留まらず、第三の波や超教派の聖会や彼らのTV番組等のメディアを通じた巧妙な宣伝により、教団・教派の垣根を越えて福音派にも悪影響が及んでいる。

「ワード・オブ・フェイス」の教えの中核は、「可能思考」「積極的告白」「ビジュアライゼーション」である。つまり、自分の夢や願望をありありと心に描き、積極的に信じて口で告白すれば、願いは叶えられ、病は癒され、「経済的繁栄」が得られるといった教えである。一昔前に日本でも流行したニューエイジ系の「自己啓発セミナー」の教えに酷似している。問題は対岸の火事どころか、ここ20年の間、日本の教団教派にも及んできている。事実、昨日の記事の写真に顔が載っているにせ預言者達27名の内には、これまで聖会の主講師として日本に来日した者達がいる。代表的な例は、ベニー・ヒンとロドニー・ハワード・ブラウン、そしてモーリス・セルロ(http://www.faithmedia.jp/catalog/Revival20.pdf)である。

まだ来日はしていないが、書籍が随分売れ、日本にも影響を与えてきた人物はリック・ウォレンとジョエル・オースティンである。リック・ウォレンの場合、パーパス・ドリブン・ジャパンなる団体も存在する程である(http://www.logos-pb.com/)。また、写真には掲載されていないが、これまで幾度も日本に来日し聖会で、「可能思考」と「積極的告白」及び「夢と幻を描く」等の教えを語ってきたのは、チョー・ヨンギであり、代表的な著作は「第四次元」である(https://www.amazon.co.jp/%E7%AC%AC%E5%9B%9B%E6%AC%A1%E5%85%83-%E3%83%81%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%A8%E3%83%B3%E3%82%AE%E7%89%A7%E5%B8%AB/dp/492115600X)。

検索していると興味深い記事を発見した(http://www.christiantoday.co.jp/articles/1642/20071119/news.htm)。記事のタイトルは「4次元の人になるためのセミナー開催 沖縄」である。これは日本に「ワード・オブ・フェイス」の悪影響が浸透してきている事実を示す典型的な実例である。この記事によれば、2007年11月13~15日、沖縄でトランスフォーメーション・グロースなる団体が主催する「4次元の人になるためのセミナー」が開催され、延べ130人が参加したという。以下は記事の抜粋である(下線部は筆者):

セミナーは、信徒数70万人以上と世界最大の教会である韓国のヨイド純福音教会が持つ牧会哲学の中心におかれるもので、目に見えない世界である「霊的次元」について学び、夢を実現化する積極的な姿勢を継続して持つことの大切さが伝えられた。セミナーでは、ヨイド純福音教会で牧師を務め、教会成長研究所所長である洪霊気(ホン・ヨンギ)氏と、小牧者訓練会代表で国際福音キリスト教会主任牧師の卞在昌(ビュン・ジェーチャン)氏が講師を務めた

ビュン氏は講演で、尊敬するチョー牧師のメッセージを研究、内容を日本に合わせ、約100余りの説教を伝えていく過程で、それぞれの説教を心に取り込み、コピーすることの大切さがわかったと証し、スタッフの一人であるルア伝道所牧師の伊礼徹氏は、最も印象深かったと語った。

上記の記事によれば、、チョー・ヨンギのヨイド純福音教会の牧会哲学の中心は、「『霊的次元』について学び、夢を実現化する積極的な姿勢を継続的に持つ」事だという。この教えは正に、「ワード・オブ・フェイス」の教えそのものである。更に驚かされたのは、このセミナーの講師が、ヨイド純福音教会のCGI国際教会成長研究所)の所長ホン・ヨンギだけでなく、なんと、「幸いな人」のビュン・ジェーチャンだった事である。ビュン・ジェーチャンと言えば、パワハラ、セクハラの不祥事で、被害者から訴訟を提起され、今年6月に不法行為等の判定が確定している。有罪が確定した人物であることは周知の事実である(被害者団体のURL:http://www.mordecai.jp/)。ビュン・ジェーチャンの不祥事が発覚する前は、ディボーション誌「幸いな人」は、福音派のみならず、ペンテコステ・カリスマ派の諸教会にまで購読され広範な影響を及ぼしていた。事件発覚後これまで、ビュン・ジェーチャンのセクハラ・パワハラ問題は報道されてきたが、教理面の問題はあまり指摘されてこなかった。上記の記事によれば、ワード・オブ・フェイスの中心的教えである「繁栄の神学」「可能思考」「積極的告白」の代表的提唱者であるチョー・ヨンギを、ビュン・ジェーチャンは尊敬しており、チョー・ヨンギの100余りの説教を「研究し、心に取り込み、コピーする事の大切さが分かった」と証したという。この2007年11月のセミナーの後、2008年5月、その説教をコピーする程までにチョー・ヨンギの教えに心酔していたビュン・ジェーチャンのセクハラ不法行為が発覚し、2009年7月、被害者女性らに訴えられている(http://www.mordecai.jp/doc/chronolory_2008-2016.pdf)。

これは果たして偶然だろうか?教理面で堕落すると、その結果として、必然的に倫理的にも堕落するという事実を証明してはいないだろうか?上記の記事「4次元の人になるためのセミナー開催 沖縄」を読んだ後、2テモテ4:3-4の「空想話」を想い出した。以下の聖句は「ワード・オブ・フェイス」のにせ預言者達に食い物にされ、毒麦が蒔かれ放題に蒔かれている今のアメリカと日本のキリスト教界を的確に言い当てている。


人々が健全な教えに耳を貸そうとせず、自分に都合の良いことを言ってもらうために、気ままな願いをもって、次々に教師たちを自分たちのために寄せ集め、真理から耳をそむけ、空想話にそれて行くような時代になるからです。」(2テモテ4:3~4)


by maranatha | 2016-11-01 22:04 | にせ預言者

にせ預言者に気をつけろ 2

「にせ預言者に気をつけろ」の記事を書いた。人物名を知りたいとの問い合わせがあったので、修正加筆して、再度掲載することにした。繁栄の神学の信奉者に共通する教えは「The Word of Faith」(ワード・オブ・フェイス)である。以下の写真は「The Word of Faith」の代表的な人物を掲載したものである。タイトルは「Beware Of False Propet!」(にせ預言者にきをつけろ!)写真中央に「The Word of Faith」の文字がある。ワード・オブ・フェイスの創始者のケネス・E・ヘーゲンが掲載されている。以下の写真に登場する27名はワード・オブ・フェイスの信奉者である。聞きなれない言葉に戸惑うかもしれないが、内容を知っていた方が惑わされない為に必要である。以下の写真は、YouTubeの動画のタイトル写真である。グーグルで、「False Prophet Word of Faith」と検索すると出てくる。URLは:https://www.youtube.com/watch?v=4FjKjWxMu7Y


e0022644_22344370.jpg



上記の写真に掲載されている27名の内、特に悪名高い人物たちの名前は以下である:
ジョエル・オースティン(写真上段の左端)、フレッド・プライス(中央のThe Word of Faith文字の真上右)、リック・ウォレン(上段右端)、ジョイス・マイヤー(上から2段目の左端)、ケネス・コープランド(ジョイス・マイヤーの右横)、ベニー・ヒン(The Word of Faithの右横)、クレフロ・ダラー(ケネス・E・ヘーゲンの右横)、ポーラ・ホワイト(クレフロ・ダラーの右横)、ポール・クラウチ(中央のケネス・E・ヘーゲンの真下)、モーリス・セルロ(ポール・クラウチの真下)、ロドニー・ハワード・ブラウン(ポール・クラウチの右下)。

この人物たちは、ケネス・E・ヘーゲンが提唱してきたワード・オブ・フェイスの教えを信奉してきた。「繁栄の神学」の元凶とも言える「ワード・オブ・フェイス」を提唱する「神学校(?)」はケネス・E・ヘーゲンが創設したレーマ聖書学校(Rhema Bible Training College)と、オーラル・ロバーツ大学(ORU)であるが、両者とも、オクラホマ州のタルサに位置していることは興味深い。オクラホマ州タルサは「繁栄の神学」「ワード・オブ・フェイス」の本拠地である。そして、ベニー・ヒン、ケネス・コープランド、クレフロ・ダラーは、ORUの理事を長年務めていた。また、ジョエル・オースティンも親子で、ORUに深く関わってきた。ORUは調べてみるとすぐ判明するが、特に金銭面のスキャンダルにまみれてきた。「ワード・オブ・フェイス」の信奉者たちに見られる特徴は、異端的な教えだけに留まらず、特に異性や金銭におけるスキャンダルにまみれてきたことである。

・参考URL:http://maranatha.exblog.jp/17348635/
・参考URL:http://maranatha.exblog.jp./20724685/

上記の写真には掲載されていないが、「ワード・オブ・フェイス」の中心的な教えである「可能思考」「積極的告白」の代表的提唱者は、言うまでもなく。チョー・ヨンギ、ロバート・シューラー、ノーマン・ビンセント・ピールである。数年前、法廷で有罪が確定し億単位の罰金刑を受けたチョー・ヨンギは、ベニー・ヒンを何度も自らの教会に招いており、その蜜月関係は周知の事実である。チョー・ヨンギとロバート・シュラーはお互いを「親しい友人」と呼び、非常に親密な関係である。

・参考URL: http://maranatha.exblog.jp/21948391/

更に指摘するならば、単立カリスマ系のワード・オブ・フェイスと全く系統の違うはずの「福音派」のビリー・グラハムは、ロバート・シューラーとオーラル・ロバーツ(ORUの創始者)を昔から深い親交のある友人だと発言している。驚いたことに、ビリー・グラハムは、1967年4月、「繁栄の神学の総本山とみなされているORUの初代総長オーラル・ロバーツの就任式及びORUの竣工式のメッセージまで行っていた。さらに、ビリー・グラハムはロバート・シュラーのTV番組にも出演しており、チョー・ヨンギのヨイド純福音教会にも招かれてメッセージを語っていた事実が確認されている。」
・ORUのHP: http://www.oru.edu/billygraham/
・ロバート・シュラーのTV番組:https://www.youtube.com/watch?v=hrf60-zHl9A
(※グーグルで「Robert Schuller Billy Graham」で動画検索すると同様の関連動画が多数出てくる)

また、「福音派」のはずのフラー神学校の元教授のピーター・ワグナーは、チョー・ヨンギの主催するCGI(国際教会成長研究所)の大会のメイン講師として何度もチョー・ヨンギのヨイド純福音教会に招かれていた事実も確認されている。

以下は、「ワード・オブ・フェイス」の創始者であるケネス・E・ヘーゲンが学んだ「新思考」の提唱者「フィニアス・クインビー」(異端で有名な「クリスチャン・サイエンス」の先駆とみなされている人物)に関するURL:

・フィニアス・クインビー:https://ja.wikipedia.org/wiki/フィニアス・クインビー

ワード・オブ・フェイスについての質問に回答したサイトを見つけた。この記事を翻訳されてあるブログも見つけた。有益なので下記に紹介する。

・英文記事:https://www.gotquestions.org/Word-Faith.html

・上記を翻訳した記事:http://blog.livedoor.jp/pistis/archives/cat_1230529.html


この記事を読んだ人は、牧師よりもこの分野について知ることになる。もし、あなたが所属している教会の牧師が、この写真に登場してくる人物を信奉しているならば、あなたは今後の信仰生活を考え直さなければならない。もし、あなたの友人がこの教えを信奉しているなら、忠告するか、関係性を見直すかをしなければならない。ペンテコステ、カリスマだけではなく、第三の波で福音派にまで、この教えは浸透している。そして、リベラルな教団にも浸透している。彼らは、世界中にメディアを通して毒麦をばらまいている。
by maranatha | 2016-10-31 19:47 | にせ預言者

にせ預言者に気をつけろ

The Word of Faithの文字が中央にある。その下にワード・オブ・フェイスの創始者、ケネス・E・ヘーゲンが掲載されてある。写真で登場する27名は、ワード・オブ・フェイスの信奉者である。聞きなれない言葉に戸惑うかもしれないが、内容を知っていた方が、惑わされないために必要である。ワード・オブ・フェイスについての質問に回答したサイトを見つけた。この記事を翻訳されてあるブログも見つけた。有益なので下記に紹介する。

https://www.gotquestions.org/Word-Faith.html

http://blog.livedoor.jp/pistis/archives/cat_1230529.html

image
上記の画像「The Word of Faith」の画像検索の中から掲載した。
このキーワードでカルト化した教会の牧師が尊敬しているにせ預言者を捜せる。
「Beware of False Prophet」の画像検索も勧める。

by maranatha | 2016-10-31 12:07 | にせ預言者

最近の偽預言

神愛聖霊会が偽の終末預言をしている。名称からすると、カリスマ系と思われる。


https://www.youtube.com/watch?v=btUQ-lWymUA
上記のサイトの文字を下記に掲載する。


今回の預言は直接神様から伝えられたもので、
極めて重大で深刻な内容です。
天変地異の具体的な内容と時期が伝えられたのです。

残念ですが、私たちが他人への思いやりや、いたわりの心を忘れ、
自分だけが良ければいいという考えを捨てることができない以上、
天災は確実にやってきます。

以前何度もお伝えしている通り、
2016年7月20日から世の中のすべてが変わり始めました。
それ以降、天変地異が起こる危険性も全く変わりません。

どうか天変地異に備えてください。
活火山には絶対に近づかないでください。
海岸にはできる限り近づかないでください。

2016年8月下旬から9月上旬にかけて巨大台風10号が日本に上陸しますが、その影響する範囲は東京・千葉・福島の範囲であり、その上陸場所は茨城県、
千葉県周辺です。

巨大台風は満潮に重なったり、
また高潮になった場合は予想を超えた被害が予想されます。
巨大台風は、福島県の東側に位置する原発事故炉を巨大な風力で巻き込み、
大量に発生・蓄積している汚染水のタンク群を直撃し、
さらに事故原子炉にも甚大な被害を及ぼします。

この放射能に汚染された海水は、太平洋を流れてアメリカ本土に到着し、
大きな国際問題に発展します。

これらに含まれている大量の放射能が左回りの台風の強風に乗り、
東京をはじめとした関東地方、北陸地方に霧となってばら撒かれます。

さらに放射能は強風に乗り、朝鮮半島や中国まで拡散し、
国際問題に発展します。

10月8日には、御嶽山の噴火に続き、富士山の噴火が起きます。
火山灰と噴煙で首都圏の通信、交通のインフラは壊滅し、
機能不全におちいります。

2つの火山噴火につづき、それに連動して巨大地震が起き、
東京に壊滅的な被害が及びます。
by maranatha | 2016-09-17 13:30 | にせ預言者
宗教問題