人気ブログランキング |
ブログトップ

村上 密 Blog

<   2008年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

『AERA』アエラ

 朝日新聞(08.4/7)で『AERA』アエラ(4月14日号)の広告を見て購入しました。

神よ怒れ キリスト教会の「性犯罪」牧師が教会内で女子にわいせつ行為/日本基督教団、日本聖公会、ホーリネス教団/確定判決にもかかわらず賠償金を3年間払い渋る/わいせつを「救済」と説明/被害女性は自殺も

 多くの人々が上記の目次を見て驚いておられることでしょう。私はすでに内容を知っているので驚きはしませんが、一般紙に大きく掲載されてキリスト教会に波紋が拡がることはさけられないでしょう。私のところにはもっと多くの被害情報が寄せられ、弁護士と協力して対応しています。

 教団や教会は、教憲規則、法憲法規、規則等をそれぞれ持っています。しかし、それらを用いて問題に対応するというよりは、執行部が個別に処理するのが実態です。そこに組織が組織を守ろうとする本能のようなものが働くのです。被害者の立場に立って問題を解決するのではなく、組織は組織の利益と名誉を守るために行動してしばしば二次被害を与えてしまいます。

 クリスチャンはすぐに裁判で解決するという方法を取りません。団体内で解決できない時に訴えます。その間、内部における利害関係によって被害者は長く苦しむことになります。私にはキリスト教会の解決能力が低下しているように思えます。

 私は聖神中央教会事件の問題解決のために行政、警察署、弁護士、マスコミ等と協力して対応しました。以前から統一教会の霊感商法のことで、全国霊感商法対策弁護士連絡会に所属しておられる弁護士の方々と協力して取り組んできたことが聖神中央教会事件の時に役立ちました。問題が起きたら、その分野の専門家と協力関係を築くということが重要だと思います。
by maranatha | 2008-04-07 20:07

疑問を持たない信徒

 沖縄リバイバル教会は創立以来会計報告がない。
現在500名程の会衆が集うまでになったが依然として会計報告がなされていない。おそらく、年間1億円を超える献金が捧げられていると思われるが、宗教法人ではないことを理由に収支報告がない。宗教法人でもなく、人格なき社団でもない沖縄リバイバル教会は個人商店のようなもので、経費を差し引いた残額は、実質個人の収入扱いとなる。神に捧げるように信徒には呼びかけながら、実質は個人への寄付行為を信徒は長年実践していることになる。よくもこのようなことに疑問を差しはさまない信徒を育て上げたものである。いや、疑問を持った信徒はすでに追い出されている。残っているのは沈黙の羊のみである。

 このような教会運営を近隣で黙って見ている牧師も牧師である。同じことがもし行われているならば、教会の私物化が進んでいることになる。いったい沖縄の税務署は何をしているのだろうか。見做し法人扱いしているというなら、法人としての体裁を取るよう指導していただきたい。信徒にすれば、ブラックホールの中に献金しているようなものである。それはどれだけでも吸い込む力がある。1年で1億なら、2年、5年、10年と考えてみたらいい。どれだけの献金が今までに公表されずに、個人への寄付行為となっていることか。教会が大きくなることに信徒が満足して、教会運営を牧師に一任している状態は健全な教会ではない。このような教会を模範にしている教会があるとしたら、いずれ、同じように裁判で問われるときがくるだろう。

 疑問を持たない信徒に『宗教法人 こんなときどうするQ&A 110』(いのちのことば社 佐藤丈史)、『教会と宗教法人の法律』(キリスト新聞社 櫻井圀郎)の2冊を勧めたい。独裁的な教会運営から民主的な教会運営に改革するための情報が十分書かれてある。目覚めた信徒が今後立ち上がることを期待したい。
by maranatha | 2008-04-05 13:11

カルト宗教問題

 カルト宗教は新しい貧困層を生み出します。信者はすでに経済的貧困か精神的貧困に陥っており、カルトリーダーの支配下にあります。

 信者はカルト宗教によって植え付けられた恐怖心から逃れるために、多額の寄付によって安心感を手に入れようとします。ですから、恐怖心をあおれば、いつでも寄付をするようになります。その結果、個人の資産が激減し、カルト宗教への依存度が深まります。経済的貧困は信者から自立心を奪い脱会を困難にします。

 信者は罪悪感を植え付けられています。信仰前の生き方が完全に否定され、自分の判断が再び問題を起こすのではないかと疑いを持っています。その結果、何事もカルトリーダーに相談し、判断するようになります。自己決定権が奪われた信者は、精神的貧困に陥ります。

 人は様々な人々との関係を築きながら生きています。しかし、人は従来の人間関係が何らかの要因で崩れると精神的な安定を求めて宗教に関心を持つようになります。今日のような社会の変革期は将来への不安のために、超越的なもの、スピリチャルなものに依存していきます。カルト宗教はこのような人々の依存を満たし、傾向を見抜いた運動を展開しています。

 カルトリーダーは経済的貧困、精神的貧困に陥った信者から、生き神のように崇拝され、支配度を強化しています。就職の決定、進学の決定、結婚の決定、あらゆる生活の分野に渡る決定が奪われます。カルト宗教の中には基本的人権が存在しません。カルト宗教の中でリーダーは独裁者なのです。彼の言葉が法であり、彼の野望の実現のため、信者の財も労働も時間も利用されます。

 カルトリーダーは政教分離を否定します。彼の究極の目的はこの世を祭政一致の王国にすることです。彼は自分の考えが神と一つであるかのように信者に教えることによって、自分の理性を神格化します。傲慢な理性は新たな偶像をつくるだけです。彼は自己愛の固まりであり、人からの栄誉をかき集めています。貪欲こそ彼の性格そのものです。目的のためには手段を選らばないカルトリーダーによって人間関係も社会も破壊されていきます。
by maranatha | 2008-04-04 10:18
宗教問題