人気ブログランキング |
ブログトップ

村上 密 Blog

<   2008年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

行ってみたい健康な教会

 どんな教会が健康な教会でしょうか。3つのことを考えてみました。

 伝道と牧会のバランスが取れた教会は健康な教会です。伝道と牧会は、教会が前進するための両輪のようなものです。一方が大きいと、円を描き、真直ぐに前進できません。伝道によって教会員が多くなれば、牧会のスタッフの補充が必要です。世界宣教(マタイ28章)と牧会の委託(ヨハネ21章)に答える教会は健康な教会です。

 御霊の実が結ばれ、御霊の賜物が現われている教会は健康な教会です。九つの実を全て結ぶ人はいませんが、あの人は愛がある。あの人はいつも喜んでいる。あの人はいつも平安だ。あの人は寛容だ。あの人は親切だ。あの人は善意にあふれている。あの人は誠実だ。あの人は柔和だ。あの人は自制心がある。このような人々が集う教会は、御霊の実を結んでいる教会と言えます。そして、御霊の賜物(第Ⅰコリント12章)が現われているなら、なんと力強い教会でしょう。

 健康な体には、水と食物と休息が必要です。健康な教会には、御霊の働きといのちのパンと平安が必要です。御霊の働きにつては前述しました。いのちのパンは、イエス・キリストの教えです。パンは眺めていても腹を満たしてくれません。イエスの教えも聞くだけでなく、行わなければ意味がありません。イエスはあなたがたの知らない食物がある。それは父のみこころを行うことだと教えられました。日々の生活の中が信仰の実践の場です。教会員が朝から夜まで奉仕する教会は不健康です。平日に忙しく働いている信徒への配慮が必要です。

 以上がバランスの取れた健康な教会です。体の健康診断をするように、教会も健康度のチェックが必要です。足りないなら補うことが大切です。行ってみたい健康な教会、それは私が目ざす教会形成です。
by maranatha | 2008-10-31 09:38
宗教問題