人気ブログランキング |
ブログトップ

村上 密 Blog

<   2009年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

味方か敵か

 私たちは、人を味方か敵か、どちらかはっきりさせたい時があります。それは自分を中心にした判断の仕方です。そして、私たちが間違っている場合、味方をする人は同じように間違ってしまうこともあります。もし、私たちが間違っているのに、相手に呼びかけて間違ってしまったらどのように責任をとればよいのでしょう。私たちが絶対に正しいという保証はありません。

 ヨシュアがエリコを攻める時、ひとりの人が抜き身の剣を手に持って、彼の前方に立っていました。ヨシュアは「あなたは私たちの味方ですか。それとも私たちの敵なのですか。」その人は思いがけない言葉を発します。味方とも敵とも言わないのです。「いや、私は主の軍の将として、今来たのだ。」ヨシュアはこの主の軍の将に従わなければならない身です。私たちが中心ではなく、キリストが中心です。

 教会の中では、味方か敵かという考え方はしません。私たちが真理に従って生活しているかどうかです。それを判断するのは「愛は寛容であり、愛は親切です。また人をねたみません。愛は自慢せず、高慢になりません。礼儀に反することをせず、自分の利益を求めず、怒らず、人のした悪を思わず、不正を喜ばずに真理を喜びます。」(Ⅰコリント13:4~6)聖霊の火に燃やされているかです。これを、御霊の人、霊的な人と言います。そして、信じてはいても、自分中心の生活をする人は肉的な人と言います。

 さて、キリストは霊的な人の味方でしょうか。肉的な人の味方でしょうか。私たちはそのような考え方をしません。誰もがイエス・キリストに従う生活を選び取っていくのです。それでは、キリストは霊的な人の敵でしょうか。そうではありません。それでは肉的な人の敵でしょうか。そうではありません。キリストは肉的な人を霊的な人に変えようとして、かかわってくださる陶器師です。
by maranatha | 2009-02-21 19:36

続カリスマの暴走

 カルト化した教会には共通した傾向があります。これから書くことは多くの被害者にみられるものです。

 第1は神経症的罪意識です。
 指導者は、神の祝福を得るために収入の10分の1を神に捧げるように礼拝の中で度々強調します。そして、10分の1を捧げない信者に対して、礼拝の中で名を伏せて「神のものを盗んでいる」と泥棒呼ばわりしています。信者はこのようにして恥と罪意識を会衆の中で植え付けられます。その結果、だれが捧げていないかという関心が信者の中に形成されるため、集団の圧力と監視を受けることになります。このようなプレッシャーの中で自称「神の代理人」から10分の1を捧げるように個人的に言われると信者は抵抗できません。神を恐れ、祝福を得たいと強く願っている人は生活が苦しくても無条件に捧げます。そして、祝福されるどころか貧しくなり、貧しくなったことを知られないように借金に手を出し、さらに貧しくなる傾向にあります。10分の1がそんなに重要な教えならば、律法の他の部分も守ったらよいでしょう。食物規定(豚等の汚れた動物を食べるな)、土曜安息、割礼を守ること、動物の犠牲を捧げることも同様に守ったらよいでしょう。10分の1だけを信者に強制するのは、教会運営を重視した方法論です。重い教会税を神の名によって強制しています。異邦人教会に使徒たちが10分の1を捧げるように強制しているでしょうか。1箇所もそのようなところはありません。旧約からキリストの十字架の贖いを飛び越えて現代人に律法に属することを適用するのは問題です。

 第2は恐怖心です。
 善悪の二元論の闘争史観に生活が支配されています。都合のよいものは神からの祝福で、不都合なものは悪魔や悪霊のせいにします。悪魔(サタン)はミカエルやガブリエルのように一人です。遍在(どこにもいる)ではありません。しかし、カルト化した教会では悪魔が信者たちの中にいて悪魔払いのミニストリーがしばしばあります。一人しか存在しない者がたくさんの人々の中にいるわけがありません。神学的に間違いです。悪魔の代わりに悪霊を置きかえてみても、信者の心の中には神(三位一体の神)が住まいとしておられるのに仲よく悪霊と住まわれるでしょうか。ありえないことです。むしろ、信者の思いに働きかけると考えた方が正しい理解です。自分の身辺から悪魔や悪霊を追い出さないと平安でいられない思理的傾向は、もはや戦争の心理状態で、心の安らぐ日はありません。霊的戦いに疲れ、心理的不安症の人が多く見られます。神の主権とキリストの救いが明確に教えられる教会では、このような極端な霊的恐怖心はありません。

 第3は指導者への依存心です。
 信者は指導者を日本一、世界一、すぐれた霊的指導者だと信じています。祝福された指導者だと信じている信者は、疑問をすなおに口にできません。疑問に思うことは悪魔の働きと思い込まされています。役員会がない。総会がない。収支報告がない。常識的におかしいと思うはずなのに、常識を「信仰的におかしい」と判断します。価値観がひっくり返されています。「指導者に反抗する人は滅びの道へ行く」と恐怖心が植え付けられているので、反抗心も奪われています。これでは沈黙の羊ばかりです。何事も指導者の覚えがいいように振る舞います。正しい判断を下すことのできる人は霊的にすぐれた指導者だけと信じている信者は極度の依存状態になります。指導者も自分を崇めてくれる信者を求め、カリスマを演じます。自分よりすぐれていると思う人物の判断に全てを委ねた信者は頭脳をもった自律的な信者ではなく、指導者の手足であり、玩具となります。興味が失せると捨てられ、遠ざけられ、降格され、非難され、罵倒されます。このような光景を目にした人は自分はそのようにならないように振る舞い、自分を失っていきます。自己決断が奪われた信者は依存心の強い人に育てられます。

 以上のような教会は健康な教会ではなく、「カリスマの暴走」する教会です。権威主義的な教会で起きた問題(事件)は表に出にくい傾向にあります。恐れと権威によって封じられているからです。表面化するのは氷上の一角です。どれだけの被害者がいるかと思うと、彼らは神をも恐れぬ人たちです。
by maranatha | 2009-02-15 17:06

目薬


「あなたは、自分は富んでいる、豊かになった、乏しいものは何もないと言って、実は自分がみじめで、哀れで、貧しくて、盲目で、裸の者であることを知らない。
わたしはあなたに忠告する。豊かな者となるために、火で精練された金をわたしから買いなさい。また、あなたの裸の恥を現わさないために着る白い衣を買いなさい。また、目が見えるようになるため、目に塗る目薬を買いなさい。」
(ヨハネの黙示録3:17、18)


 以前、私は「なぜ教会がカルト化するのか」(2005.6.1)をブログに書きました。内容は教会成長とカルト化の因果関係についてでした。下記に再掲載します。


『教会がカルト化すとき』が増刷される事をウッド師から聞きました。この本が書かれた時、教会のカルト化が進んでいて、今それが表面化しています。いったいいつ頃カルト化が始まったのか。私は1980年代と考えています。1980年代には「教会成長」がよく叫ばれました。教会が成長する事は喜ばしい事ですが、一方では教会員の増加によって、牧会が手薄になるというのが実情です。一つの教会に一人の牧師は当然です。
実は、牧会の手薄を克服する手段に罠があるのです。教会成長を維持しつつ、牧会をするには多くの時間を必要とします。これを省略するには、牧会から支配に移行してしまえば牧会者は楽になります。その移行期に、二元論的な思考(神と悪魔の戦い)を教えれば、信徒は神側にいる
牧師に従えばよいという単純な思考に陥ります。又、成長している教会の牧師は神に祝福されているという教え込みによって、牧師の権威と権限が増します。そうすれば、信徒からのいろいろな相談や意見が言いにくくなります。働き人を従属化すれば、非聖書的な権威構造が出来上が
りです。不服従とみなされることには「熱心でない」「不信仰」「一致を乱す」という威嚇的言語が乱れ飛びます。

私は次の聖句を心に留めて牧会しています。『あなたがたにゆだねられている神の羊の群れを牧しなさい。しいられてするのではなく、神に従って自ら進んでなし、恥ずべき利得のためでなく、本心からそれをしなさい。また、ゆだねられた者たちの上に権力をふるうことをしないで、むしろ群れの模範となるべきである。」(1ペテロ5:2.3)教会成長の美名のもとに、なおざりにされた牧会の復権が、今日本の教会に求められています。
2005年6月 被害者の会 代表 村上 密牧師 』
(村上密ブログ「なぜ教会がカルト化するのか」2005.6.1)
 

 最近、私は『心を病む人々に教会ができること』(佐竹十喜雄所収 いのちのことば社 2006.5.1)を読みました。佐竹師は教会成長の推進者でしたが、欠陥に気づき、反省が述べられています。下記に引用します。


「二十年前、『この岩上に-開拓から百人教会へ-』という拙著を出版した。責任の一端をになっている「国内開拓伝道会(KDK)」のデータに基づく教会形成論と、そのケース・スタディーとして、開拓から二十年間で百人教会になった国分寺バプテスト教会の経緯とを綴ったものである。多くの開拓伝道者に愛読されたことは望外の喜びであるが、いま思うに、この著書には重大な欠陥がある。大雑把に言えば、どのようにして人を捕らえるか、そしてそれらの人々を教会形成のためにどのように教育するかの二点のみを強調する考え方である。「牧会」という言葉を使ってはいるが、この考え方を遂行するための配慮のことで、教会形成に役立つ信徒を育て上げるという意味合いが強い。したがって、身体的・精神的・社会的に弱い立場にいる人々に対して同情心をもって、それなりの配慮はしていたかもしれないが、教会形成を担う大事な存在と認めていたかどうかは疑わしい。みことばの宣教と教会成長にのみ心が奪われて、ドルカス的働きも教会の本質的使命であることに全く気づいていない未熟者であった。」
(『心病む人々に教会ができること』いのちのことば社2006.5.1)


 私は教会成長を目ざす全ての方々に、佐竹師の視点が必要だと思います。これは教会成長で起きている不祥事の原因の一つです。
by maranatha | 2009-02-14 07:18

教会の緊急事態

 Faith of Esther(日本語のページを検索)は「下在昌(ビュン・ジェーチャン)宣教師の性的不祥事を憂う超教派の牧師会」の「下在昌(ビュン・ジェーチャン)宣教師の性的不祥事を憂う緊急声明」(2009年2月3日付)を掲載しました。

 キリスト教界の相次ぐ不祥事に今や超教派の倫理委員会が必要な状態です。セクハラ防止ガイドラインに取り組む企業や大学が増えています。キリスト教界は今だ一部の教団のみの状態です。

 キリスト教界のモラル・ハザード(倫理の欠如)は「キリスト教会のカルト化」と関連しています。「カルト監視機構」のような機関を設置し、倫理委員会、調査委員会、資料コーナー、相談コーナー、予防啓発活動等に取り組む時が来ているように思います。

アッセンブリー京都教会は「宗教トラブル相談センター」を設置し、宗教の被害者の支援活動しています。
1.宗教的カウンセリング
2.被害者の代理人となって被害救済活動
3.加害者と被害者の仲裁活動
4.閲覧請求によるカルト化した教会の実態把握
5.法的アドバイス、弁護士紹介
6.訴訟費用の融資(無利子)
7.セミナー、講演による啓発活動
8.カルト化の情報収集と提供
9.虐待予防のアドバイス
10.規則運用のアドバイス
11.交渉、事務手続のアドバイス
12.家族カウンセリング
13.社会復帰の支援
14.その他

以上のことを一つの教会で取り組んでいます。世の光、地の塩となるために相談に応じて、絶望の淵にいる人に手を伸ばしています。

 宗教トラブル相談センターの支援活動は「カルト監視機構」レベルの内容です。なぜこのような働きが可能になるのか、それは神がそれを望まれ、助けてくださるからです。
by maranatha | 2009-02-12 08:00

キリスト教会のセクハラ

「大阪府茨木市のカトリック大阪大司教区茨木教会の男性司祭(74)が、同教会に出入りしていた信徒の母子にセクハラ行為をした疑い」(朝日夕刊2009 2/4)を読みました。プロテスタント内でもセクハラ報道がインターネット上に大きく取り上げられています。「吉祥寺の森から」に掲載されている『下在昌(ビュン・ジェーチャン)の性的猥褻行為』、『大阪御国教会事件 被害者の会』はキリスト教界を震撼させている大事件です。今や「吉祥寺の森から」はキリスト教会内で起きている事件をトップニュースとして取り上げています。被害者たちの書き込みの多いブログ媒体ともなっています。私は「宗教トラブル相談センター」の代表という立場で被害者救済活動をしています。
by maranatha | 2009-02-05 10:39

教会の自浄力

 教会規則に戒規がないところが多いようです。このような場合、役員会が「聖書的」に問題を扱います。ところが「聖書的」が明文化されておらず、一般の信徒にまで理解されていません。これでは「ものさし」のない状態です。牧師が違法行為を犯した場合、役員会が牧師に対して、正しい判断と対応ができません。違法行為を犯す牧師は、すでに、意見を言える役員を退け、言いなりになる役員で身辺を固めています。たとえそうでなくても、人間関係を重んじる風土では結着を曖昧にして、被害者の救済になりません。明文化されていても、正しく戒規を適用する事例は稀です。役員会が審判する能力に欠けている場合、事件は事件として裁判に委ねることは、一つの解決方法です。

 牧師が違法を重ねているのに、それに気づいた人が何も問題にしないのは、気づいた人の責任でもあります。それは罪を放置しているからです。役員会に報告することが大切です。役員会が何もしないなら、それは役員会の問題です。牧師は当事者ですから、自分で自分の身の始末はできないでしょう。もし真摯に罪と向き合い、悔い改めたら罪を重ねることはなかったでしょう。役員会が機能していない場合、もはやその教会には問題を正しく取り扱う能力がないということです。単立法人であればそこで終了です。教会が教団に属していれば、教団の理事会に要望書を提出するという方法もあります。ただし、刑事事件、著しい民事事件を扱いなれていない理事会は、このようなことの管理者能力に欠けています。宗教的隠蔽体質で、被害者に対して「赦しなさい」で終わりです。あるいは「あなたも悪いところがあったんでしょう」と二次被害を与えるだけです。このような宗教問題を3年間扱ってきました。キリスト教会が自浄力に乏しいというのが私の感想です。
 罪と向き合わない牧師は、罪を犯し続けます。もはやその暴走を止めることのできるのは、弱い立場だと思われている被害者です。弱い立場でも、被害が明白であれば、出るところ(裁判)に出れば勝訴します。裁判は加害者に罪と向き合わせ、罪に伴う罰と賠償の大きさに気づく機会を与え、来たる最後の審判までに悔い改めの機会を与え、魂を救済する方法なのです。
by maranatha | 2009-02-05 10:38

牧師は「神の代理人」か

 「牧師に従うことは神に従うこと」と教えられました。本当でしょうか。

 カルト化した教会の被害者からよく聞く質問です。答えは誤りです。牧師と神は等しくありません。牧師は誤ることがありますが、神は誤ることがありません。不完全な人間と完全な神を等しく見ることはとても危険です。このような教えは教会がカルト化する原因で、牧師の権威化、神格化につながります。同様に教会を神と等しくすることも誤りです。歴史を学べば教会が神の名のもとに大きな罪を犯してきたことは歴然です。教会が今日存在しているのは悔い改めと改革を間断に行い続けてきたからです。牧師も教会も赦された罪人です。

 今日の「キリスト教のカルト化」は神の名の下に、法を犯し、肉体的・精神的虐待、性的虐待、経済的被害を信者に与えています。これをキリスト教会に正す力がないので、裁判で牧師が裁かれています。違法行為を続ける牧師を知っていながら他の牧師が沈黙するならば、それは相方共に問題です。そして、教会が知って沈黙するなら教会の問題となります。

 教会の犯した罪については『カトリック教会と奴隷貿易 現代資本主義の興隆に関して』(西山俊彦、サンパウロ、2005.9.14)を推薦します。この本に武者小路公秀の感想が掲載されています。「ヨーロッパで、人権についての意識が出てきたのは、征服者エルナン・コルテスに続くスペイン人たちが、インディオ先住民たちを奴隷にしたことに対して、ドミニコ会士のラス・カサスが宗教裁判で断罪される危険を冒して反対したことに端を発しています。」とのことばは、教会のカルト化の問題を追及している私にとって慰めです(詩篇23)。教会の歴史的犯罪を前に、新しい決意をもって歩み出すことにしました。
by maranatha | 2009-02-05 10:36

カリスマの暴走

 「牧師に従うことは神に従うこと」と主張している牧師はどのような教えを信じている人でしょうか。

 1、権威主義の傾向の人です。弟子訓練を強調しています。信徒を弟子化するために、「信徒は牧師に従うべきだ。」「牧師に従うことは神に従うこと」を強調し、従順を徹底化しています。そして教会員を役割によって序列化しています。権威主義者は自分を「神の代理人」と主張します。

 2、直接啓示を強調する人です。「神から示された」「神からビジョンを示された」「預言が与えられた」「幻が与えられた」「霊を見た」等で霊的な優位性を強調します。昔の尊敬される牧師は学問的に優れている人、人格的に優れている人、いずれも経験と年齢を重ねた人でした。しかし、今日のカルト化した教会の牧師は「霊的」であることをもって、自分を権威化し、時間を短縮しています。

 3、体験をよく語ります。礼拝の説教は聖書の解き明かしではなく、ミニストリー中心、体験談中心です。ミニストリー中心とは説教をしないで、信徒を招き、長時間祈り続けるとか悪霊追い出しを延々と実践することです。聖書を十分学んでいないので、体験談の中で自分が霊的に優れていると思わせ、牧師の影響力を強化する内容になっています。

 これはペンテコステ、カリスマ、第三の波の一部の人を指していると思われることでしょう。私はペンテコステの牧師ですが、最近の問題を起こす人々の中に上記の人々が多いのは事実です。もちろん伝統的な教会の中にも見られます。これはキリスト教の中に起きつつある背教のように思えます。牧会書簡(Ⅰテモテ、Ⅱテモテ、テトス)を読めば今日のことではないかと思われることが多数含まれています。
by maranatha | 2009-02-05 10:35

宗教問題と「代理人」

 弁護士法第72条には「弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訴訟事件及び審査請求、異議申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周施をすることを業とすることはできない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りではない」と書いてあります。
 
 要は、弁護士の資格をもたない人が、報酬目的で法律事務を扱い、継続的業務をしてはならないということです。村上はこの弁護士法第72条に抵触していないかと心配する人がいますが、ご安心ください。私は報酬目的で代理人仲裁人、和解交渉はしていません。

 宗教問題に斬り込むために代理人が有効であることに気づいたのは、聖神中央教会事件の「被害者の会」の代表をしたことがきっかけでした。「会」の場合は代表ですが、問題が個人の場合は代表というわけにはいきません。それで「代理人」となったわけです。いずれも報酬を目的としないで活動しています。

 なぜ、面倒な宗教問題を手掛けるのか。それは宗教問題で悩んでいる人が多いのに、助言者が少ないからです。聖神中央教会事件を扱ってから、「カルト化したキリスト教会」から、被害相談が多数寄せられるようになりました。教団・教会の表面化していない問題も当然情報として聞こえてきます。宗教問題を取り扱う者にとって情報は「報酬」より重要です。表裏に通じてこそ、正しい判断ができます。寄せられる情報は「報酬」と替えられない貴重なものです。

 なぜ、違法行為をしている牧師を、牧師たちが応援するのか。それは牧師が違法行為をしていると気づいていないか、利害関係があるからです。違法行為をしている牧師の教会は、経済力があって、自分たちの教会がキリスト教会で認知されていることをアピールするために外来講師をよく招きます。当然招かれた講師はよく心得たもので、「この教会は日本一の教会です」「○○牧師はりっぱな牧師です。」歯の浮くようなおべっかを言う不見識な人物がいます。信徒は、それをまともに信じて、牧師に傾倒し依存度を高めます。カルト化した教会は厚化粧のために高い使用料を払っています。このような教会はビジネスにも手を出します。宗教をビジネスと混同しています。

 宗教をビジネスのように考えている人々(牧師を含む)は、報酬を目的としない活動を信じられないでしょう。「相当もらっているはずだ」と言う人は、現代の「バラム」達でしょう。もちろん、私は交通費、宿泊費等の経費をいただくことはあります。それは報酬ではないので弁護士法には抵触しません。被害者はしばしば深刻な経済被害に合っているため、十分考慮して対応しています。
by maranatha | 2009-02-03 19:26
宗教問題