人気ブログランキング |
ブログトップ

村上 密 Blog

<   2009年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

沖縄リバイバル教会

 沖縄リバイバル教会~ORCを守る有志の会がブログを再開しました。主な追加文は「本当に専門家なのだろうか?」です。変更箇所は「村上」が「M」です。私の所属する教団と教会がイニシアルになりました。他の人物名も全てイニシアルになりました。これは私への配慮ではなく、他の牧師への配慮です。変更の主な理由は、私に対する名誉毀損の恐れです。名誉毀損罪(刑法230条)は公然と事実を摘示して人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、3年以下の懲役か禁錮または50万円以下の罰金に処せられます。実名記載は「名誉毀損」に気をつけなければなりません。かつて儀間盛夫氏が裁判で私について虚偽の発言をしました。これは名誉毀損に抵触します。私のOR教会についての文書とブログは公共の利益を図ったものです。名誉毀損には抵触しません。

 沖縄リバイバル教会は「ラオデキヤにある教会」です。「あなたは、自分は富んでいる、豊かになった、乏しいものは何もないと言って、実は自分がみじめで、哀れで、貧しくて、盲目で、裸の者であることを知らない。わたしはあなたに忠告する。豊かな者となるために、火で精練された金をわたしから買いなさい。また、あなたの裸の恥を現わさないために着る白い衣を買いなさい。また、目が見えるようになるため、目に塗る目薬を買いなさい。わたしは、愛する者をしかったり、懲らしめたりする。だから、熱心になって、悔い改めなさい。」(黙示3:17-19)この聖書の言葉がよく当てはまります。悔い改める期間が与えられている「愛する者」です。しかし、指導者は法的、道義的責任を負わなければなりません。良心の責めを感じる内部告発者が出てくれば、目も当てられなくなるでしょう。

 沖縄リバイバル教会を応援してきた牧師たちは「見せかけの繁栄」に目を奪われた人々です。教会成長に魅せられて心を奪われ、正常な判断ができなくなっていたことに早く気づくべきです。最近、「教会成長」、「弟子訓練」によって大きく成長した教会に不祥事が連続して起きています。それは権威主義が原因です。牧師は教会に仕えるために派遣された人です。支配するために派遣された人ではありません。聖書を自分の自己実現のために引用して説教をするのは誤りです。聖書が伝えたいことをわかりやすく伝えることが説教です。捧げられた献金は牧師の所有物ではなく、教会のものです。だから収支報告が教会員に必要です。自分を偉大な人物、「王」と思い込んだ牧師によって虐待が起きています。精神的虐待、信仰的虐待、経済的被害は権威主義の弊害です。
by maranatha | 2009-03-05 13:46 | 沖縄リバイバル教会
宗教問題