人気ブログランキング |
ブログトップ

村上 密 Blog

<   2009年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

奉仕中心の教会か信仰中心の教会か

 日本の教会は教会員の熱心な奉仕によって支えられています。しかし、場合によっては、熱心さが強調され過ぎて、家庭生活とのバランスを崩し、負担になっています。教会員が教会活動にのめり込んでいると家族は教会から身を引きます。教会員の熱心さが家族を福音から遠ざけることもあります。又、熱心な人は他者の評価を気にする傾向にあり、身近な人が行き過ぎた熱心さを注意しても無視します。奉仕が中心の教会は礼拝会や祈祷会への教会員の出席をことさらに強調し、教会員の家庭生活と社会的活動が疎外されています。

 私は自分の牧会する教会において、信仰中心の教会形成を心掛けています。教会員に奉仕が過剰な負担とならないように気をつけています。奉仕と労働は無償か有償かの違いですが、奉仕も多ければ教会員には負担となります。できるだけ特定の人々にではなく、できるだけ多くの人で分担し合うように心掛けています。奉仕は強制せず、自主性を重んじます。礼拝会厳守を言わずに、祈祷会も積極的に参加するように強調もしません。礼拝は信仰生活そのものであり、日曜日の礼拝は礼拝会で、礼拝の一部です。もし、日曜日に何か用事があっても、とがめだてすることはありません。報告の義務もありません。家庭を大切にするように教え、社会に貢献するクリスチャンになるように教えています。このような方針は、熱心な人から生温かいと思われるでしょうが、結果的にはクリスチャンホームが増え、礼拝出席者も増えています。福音は前進しています。

 奉仕中心の教会は、塩の固まりが教会の中にあります。信仰中心の教会は、塩を家庭や社会にまんべんなくまぶす方法です。伝道熱心はよいことですが、伝道にだけ教会員のエネルギーが向けられるとき弊害が生じます。急かされているようで、人と穏やかな人間関係が築けません。私が懸念するのは伝道熱心で奉仕中心の教会の教会員の言葉です。特にムーブメントを次々に取り組む教会の教会員の言葉は、普通の人に伝わりにくい言語が多過ぎます。日本にいながら、独特の文化が小集団の中に形成されているようで、奇妙に見えます。そして、日本の文化や習慣に対して対抗意識が強く、神経が過敏です。特に霊の戦いを強調する教会に上記の傾向が強く出ています。自ら社会的に疎外される要因を作り、戦争心理に取り付かれ、精神的に疲れ、心の病いが増えています。正しい教えで人々が疲れ果て、心の病になるでしょうか。奉仕中心の教会の自己点検が必要だと思います。
by maranatha | 2009-06-11 14:07

宗教トラブル相談センター

 真理のみことば伝道協会の「カルト関連ニュース」には「『カルト監視機構』、設立へ」が掲載されています。これを最近読んだ人々から問い合わせがありました。これはCult News No.41です。現在はCult News No.63です。2006年頃にウッド師と話し合ったことがあります。しかし、設立には至りませんでした。その経緯についてはすでにブログに書きましたので参照してください。カルト監視機構を設立してほしい人々とほしくない人々との反応が入り乱れていて、ハチの巣をつついた状態です。

 カルト監視機構は「現代の魔女狩りだ!」「秘密警察だ!」「異端審問だ!」との意見は悪意のレッテルです。終末には惑わしが多くなると預言されています。カルトは人々を惑わす集団です。これからは、カルト問題を扱うだけでなく、予防や監視も必要です。カルト監視機構は設立できませんでしたが、できることから始めるために、宗教トラブル相談センターを教会内に設置しました。日本全国、時には外国からも相談が寄せられます。これは一つの教会で対応するレベルを超えています。しかし、終末の必要に答えるために立ち上がり行動しています。
by maranatha | 2009-06-09 17:08

バラムの道

 「なぜ、沖縄リバイバル教会についてブログで書き続けるのですか」と質問を受けました。そこで何人かではなく、ブログの読者にも、私の思いを伝えようと思います。

 私が知る沖縄リバイバル教会は「バラムの道」を歩んでいます。これは敬虔(信仰)を利得の手段と考える生き方です。「金銭を愛することがあらゆる悪の根」(Ⅰテモテ6:10)です。「バラムの道」を歩む教会を支持する人々もやがて「バラムの道」を歩むことでしょう。私はこれからも沖縄リバイバル教会の動行を注視し、警告して行きます。カルト化した教会の方法論が沖縄リバイバル教会にも見られます。
※(「バラムの道」についてはすでにブログに書きましたので、参照してください。)
by maranatha | 2009-06-04 13:02

インターネット上の匿名対策

 匿名で誹謗中傷する人がインターネットでは増えています。私の対策は、落書きの保存です。2chは匿名でもIDが残ります。他の落書きもPDFファイル化して検索すれば、同一人物が他でどんな発言をしているかもわかります。今私が注意しているブログは「DonDonDon」です。身分を明かしてはいませんが、牧師と思われます。もし、この人物が2chにも落書きしたことが判明したら、牧師としての品性が疑われます。2chにブログと類似したものが書き込まれているからです。もし、教会に戒規があれば訓戒ものです。特定できれば、所属教会にどう取り扱うか、質問状を出そうと思います。個人攻撃を繰り返していますが、正しいことをしていると思うなら正々堂々と名前を明かして書くことです。
by maranatha | 2009-06-04 12:59

情報コントロール

 マインドコントロールの中には情報のコントロールがあります。それは指導者を神格化・権威化して、その人の情報を信じ易くする方法です。反対に、批判者を悪魔化・蔑視化して、その人の情報を信じ難くします。

 私は長く異端・カルト問題に取り組んできました。彼らから与えられた名称は「悪魔」「サタン」「天使長ルーシェル」です。最近カルト化した教会やそのシンパから呼ばれている名称は「悪魔」「サタン」「破壊者」「光の天使」です。異端やカルトの私に対する見方とカルト化した教会の見方は同じです。私のような者に、最大限の悪意ある呼び方をする団体や人々の低度が知れます。

 カルト化した教会が私に対する先入観を被害者に植え付けるため、相談が遅れるということがあります。彼らの離脱予防策が一定の効果を治めています。極端な人物評価には注意しましょう。私を悪く言っている牧師は、その教会で権威化されていませんか。情報コントロールは敵を作り、内部を固める古典的な方法です。事実を知る勇気を失わないようにしましょう。
by maranatha | 2009-06-04 12:58
宗教問題