人気ブログランキング |
ブログトップ

村上 密 Blog

<   2011年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

裁判を受ける権利

 「宗教団体の倫理規程で団体職員の裁判提訴や信者に裁判を勧めることを禁じることができるか」と山口広弁護士と今村嗣夫弁護士に相談しましところ、文書で詳しく回答してくださいました。憲法32条には「何人も、裁判所を受ける権利を奪はれない。」とあります。両弁護士は<訴訟行為を規程で規制し、違反者を不利益処分にするようなら、それは法律上無効である。>との一致した回答を寄せてくださいました。また、今村嗣夫弁護士は「国民個々人に裁判を受ける権利を保障している憲法秩序に悖り、また人権感覚の鋭い教師を萎縮させることを狙いとする規程と受け取れ、明らかに公序良俗に反し無効な規程といわざるを得ない」との意見です。この件では口頭で他に弁護士一名、民法の専門家一名、法務関係者二名にもほぼ同様の見解をいただいています。

 カルトの内部では団体職員と信者は訴訟を提起しません。裁判を受ける権利が心理的に奪われているからです。また、「宗教団体の倫理規程で団体職員の裁判提起や信者に裁判を勧めることを禁じる」規程を設けているキリスト教の団体を、私は一つの団体を除いて他に知りません。この団体は裁判を受ける権利を公然と奪っているのです。人権意識の欠如した団体と言われてもおかしくありません。山口広弁護士と今村嗣夫弁護士の回答書を約270部関連する団体職員に郵送しました。団体職員が人権意識をしっかり持ち、規程見直しを速やかにしていただくためです。もし見直しがされない場合は、弁護士の了解を取ってインターネット上に回答書を公開し、他の宗教団体にこのような規程が広まらないように啓発したいと思います。今年の一番大きな仕事になりそうです。

 今回、回答してくださった弁護士は、宗教問題に詳しい弁護士です。ご紹介します。

 山口広弁護士は第二東京弁護士会所属、平成17、18年は日本弁護士連合会消費者問題対策委員長、1987年から全国霊感商法対策弁護士連絡会事務局長、平成21年から内閣府消費者委員。宗教トラブルなどの被害者救済の第一人者です。

 今村嗣夫弁護士は第二東京弁護士会所属、津地鎮祭違憲訴訟、自衛官合祀拒否訴訟、在日韓国人指紋押なつ拒否訴訟など、宗教的少数者や民族的少数者の人権問題、政教分離原則訴訟に多く関わられた、憲法訴訟の泰斗です。
by maranatha | 2011-01-27 07:34 | 裁判

「沖縄県南部牧師会の「陳述書」に対する抗議の声明文」について

 これは、2011年1月14日付けで、石原真、重本清、崎原盛親各牧師が連名で発表されたものです。私は「キリスト希望教会ブログ」でこれを読みました。三人の牧師は「沖縄リバイバル教会裁判」に提出された「陳述書」に対して、経緯を踏まえ、誤りを指摘し、抗議をされています。陳述書が提出された当時の南部牧師会(南教)の三役が喜納政弘、菅野健太郎、我喜屋整各牧師です。陳述書作成に反対されたのが菅野、我喜屋各牧師です。比嘉牧師は三役の3分の2の反対を押し切って強引に陳述書作成に取り組みました。陳述書の問題性を感じつつ対応しなかった次の三役が上原榮、田中義也、城倉翼各牧師です。更にその次の三役の上里亘、安慶名正春、池原吉治各牧師はこの問題を取り扱うことを放棄しました。声明文で分るのは陳述書作成を主導したのが比嘉幹房牧師だということです。声明文を読んで、比嘉牧師の機関決定を無視した強引さと嘘の発言には呆れました。沖縄でこのような声明文を発表されるのは勇気のいる行動だと思います。

 私が気になったのは、「裁判原告の背後には村上密牧師がいるから」「そこから沖縄の教会を守らなければならないとの思いが南教にはあった」との声明文作成の動機です。比嘉牧師は折田牧師と私と三人で話した時「村上先生は破壊者と言われています。」と語られました。これは一部の人が創作した「村上神話」です。恐怖の創作です。沖縄に潜在している被害者が村上に相談しないように心理的壁を張り巡らしているのです。かつて、私に対して出された名誉毀損に当たる沖縄県北・中・南牧師会の「村上密牧師のカルト問題への手法に関する声明文と憂慮」は南部牧師会が主導していました。だれが文の作成者かだいたい検討がつきました。

 インターネットの中では文書は残ります。時間の経過とともに、埋もれた事実が発表され、真実と思い込まされたことが偽りと証明された時、偽りの吹聴者はインターネットの中で社会的制裁を受けます。情報は国さえ転覆させます。村上の活動を阻止しても、宗教被害者が目覚めて立ち上がれば、加害者は安眠を貪りつづけることはできなくなります。被害者が出るところに出れば、加害者より強いのです。被害者が出るところに出ることを恐れているのは加害者です。出るところとは裁判です。被害者は記録を取りましょう。証拠を集めておきましょう。
by maranatha | 2011-01-26 10:49

アタナシウスさんへ(4)

理論と実践

 大教理問答には「罪と死と悪魔からの解放」であって、信仰者から悪魔を追い出すことではありません。小教理問答でも正確には、汚れた霊(悪霊)の追い出しではありません。洗礼は、信じている人に授けるのですから、汚れた霊はその人の中に住んでいません。ですから追い出す必要がありません。式文は信仰告白を確認し誓約させるものです。
 
 私は悪魔と悪霊の追い出しはクリスチャンに対して必要ない。神がクリスチャンの中に住んでおられるので、悪魔や悪霊が神と共に住むわけがない。カルト化した教会で実践されている霊の戦いはおかしい。悪魔は遍在ではないので、至る所でされている「悪魔よ出て行け」は数学的にも、神学的にもありえないと指摘しています。アタナシウスさんは、悪魔と悪霊の区別はしなくてもよいと主張しておられます。この遣り取りを以下の文で終了したいと思います。
 
 L教会に所属する太郎さんは悪魔と悪霊を区別しません。カルト化教会の次郎さんも区別しません。次郎さんは太郎さんの説に賛成です。太郎さんは理論に留まっていますが、次郎さんは悪魔や悪霊の追い出しを実践しています。次郎さんは次第に恐れと不安を抱くようになりました。カルト化教会の三郎さんも同じように恐れと不安を抱くようになりました。一郎さんが次郎さんに、神を信じたとき、神は次郎さんの心に住んでくださったので、悪魔と一緒に住んでいない。追い出す必要もないと伝えると、平安を取り戻しました。三郎さんは聞く耳を持たず、恐れと不安を持ったままです。

 理論が誤っていれば、実践で問題が起きます。太郎さんは理論で留まっています。だから何も起きません。次郎さんは実践したので問題が起きました。むしろ、太郎さんの理論はカルト化教会から喜ばれます。しかし、その教えに捕らわれている人を解放することはできません。区別する、しないを私たちが繰り返しても平行線ですから切りがありません。読者がどちらを選択するかでこれからが変わります。

 ルター派の現在の洗礼式文を私は見たことがありませんが、ルターの小教理問答の洗礼に関する問答には疑問を覚えます。以上。
by maranatha | 2011-01-25 21:00

安心して行ける教会か?

 沖縄キリスト福音センター(美浜教会)を安心して行ける教会と紹介するキリスト教系のメディアがあります。本当に安心して行ける教会かどうか、添付の記事を参考にしていただきたいと思います。

週刊仏教タイムス2011年(平成23年1月13日第2427号)

週刊仏教タイムス2011年(平成23年1月13日第2427号)1
拡大版はこちらです。
週刊仏教タイムス2011年(平成23年1月13日第2427号)1


週刊仏教タイムス2011年(平成23年1月13日第2427号)2

拡大版はこちらです。
週刊仏教タイムス2011年(平成23年1月13日第2427号)2
by maranatha | 2011-01-19 08:39

アタナシウスさんへ(3)

 今までの遣り取りであまり私たちに違いはありません。二人の違いは、アタナシウスさんが悪霊に悪魔と呼びかけて追い出してもよいと言う主張に対して、私はそのような対応が教会の現場に混乱をもたらしているので、厳密にしたほうが良い。悪霊を追い出す権威は弟子に与えられていますが、悪魔を追い出す権威が与えられているわけではないと言う主張です。

 アタナシウスさんが属しておられる団体の資料に目を通しました。ジェーコブス『キリスト教教義学』(鍋谷堯爾訳 聖文舎)には参考になるところはありませんでした。『一致信条』(信条集専門委員会訳 聖文舎)には悪霊追い出しがあります。「授洗者は言う あなたは、汚れた霊は去り、聖霊に場所を与えなさい。そのあと授洗者は彼の額と胸に十字をしるして、言う。聖なる十字のしるしを、額と胸の双方に受けなさい。ともに祈りましう。・・・・私は、あなた、汚れた霊が、このイエス・キリストのしもべ「某」から、出て行き、遠ざかることを父と子と聖霊のみ名によって、命じる。アーメン」(P521)この書には汚れた霊(=悪霊)の追い出しはあっても、悪魔を追い出すところはありません。また、悪霊を悪魔と呼びかえているところもありません。

 現代のキリスト教会の混乱は、次々と導入される宣教の方法論によるものです。教会成長、霊の戦い、弟子訓練などで名を揚げた牧師たちが、次々と問題を起こし、世を騒がせています。カルト化した教会で、特に悪魔、悪霊追い出しが大きな問題を起こしているので、私のblogで警告をしています。被害拡大の予防のため注意を払ってもらいたいと思います。
by maranatha | 2011-01-11 08:49
宗教問題