人気ブログランキング |
ブログトップ

村上 密 Blog

<   2012年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

おかしなキリスト教用語

 「トランスフォーメーション」という用語があります。キリスト教界内で使用されている用語です。聖書から導き出された「三位一体」のような神学用語ではありません。政治、経済、文化、因習、自然環境が改善され、好循環方向に変質していことを意味しているようです。良い例として取り上げられた国や地域で現在もそれが続いているわけではないことは、フィジーのその後を調べればわかります。また、「トランスフォーメーション」が起きるようにと祈って、改善ではなく、悪化した例は、「沖縄にトランスフォーメーション実行委員会」の実行委員長の喜納政弘氏(世界宣教教会)の教会とチャーチスクールで起きた出来事やこの運動にかかわってきたビュン・ジェーチャンを調べれば明らかです。

 おかしな用語を、すばらしい用語として使用すると、普通の人からはおかしな人、おかしな教会と見られます。1980年代から使用された流行り言葉で、中世の魔女狩りにも似た「悪霊追い出し」や成功哲学を神学に応用した「繁栄の神学」、キリストの救いを不完全としかねない「断ち切り」、平安を与えず恐れを与える「苦い根」等は、背教化していくキリスト教との指摘もあります。なぜなら、聖書からの説教ではなく、これらのムーブメントに走る教会は、現象と体験談が中心の説教に流れ、体験主義に傾斜しているからです。そこでは、体験を正当化するために、聖句が利用されているにすぎません。

 キリスト教のカルト化は、新しい用語と新しい運動によって教会に浸透してきました。カルト化が著しいと指摘されている教会の信者の言葉には、意味不明の言葉、カタカナ用語、自分たちだけに通用する用語、表現力の乏しさが顕著です。更に、自分たちの教会が世界で一番すばらしい教会、そこに属している自分たちは霊的エリートだ、という高慢が共通しています。世間に通用しない用語を多用すると、世間との関係が薄れ、その宗教団体の中だけが、気持ちを共有できるところとなり、信者の囲い込みが出来上がります。言葉が乱れると、生活も乱れます。おかしなキリスト教用語を使い続けるとおかしな信仰になります。気を付けましょう。
by maranatha | 2012-09-16 13:43

秋の京都

 京都に長年住んでいると、どこが見どころですか、と聞かれます。ありすぎて大変です。神社仏閣の手入れされた庭もさることながら、盆地に囲まれた京都全体が見どころです。どこが一番気に入ってますか、と尋ねられたら、桂川の西大橋の上から、夕暮れ時に、高尾の山々、嵯峨野の山々、愛宕山を見る景色です。夕日を受けた茜色から、日が落ちて深い青色に移っていく景色は何とも言えません。ちなみに、嵯峨は「ギザギザ」を表す言葉です。
by maranatha | 2012-09-11 12:15

カルト問題

 カルト問題への関心が薄れてきたようです。それは、カルト問題が少なくなったからではありません。依然として、カルト問題は後を絶ちません。広く深く進行しています。マスコミの報道は知名度のある人物が、カルト問題に関わっているときに限り、情報を流すだけです。予防に役立つことはありません。マスコミは、購読数を伸ばす、視聴率を伸ばす、利益につながる報道に偏っています。。報道とは、問題を明らかにし、予防に役立つものであるべきです。

 キリスト教のカルト化問題に対する関心も薄れています。問題は、だれが、何を、いつ、どこで、どうして、どのようにが違うだけで、金銭問題、異性問題、虐待問題、偽りの教義等に集約できます。関心が高くなるのは、問題が目新しいか、今までになく深刻か、人物が知られているかに因ります。又は、問題に関わっている人が極めて多いかです。読者が、ニュースに飛びつくのではなく、予防に役立つ読み方を心掛ける必要があります。

 フランス人は歯を定期的にチェックして、治療するそうです。日本人は、歯が悪くなったら治療をするそうです。どちらが経済的か、言うまでもなく、定期的にチェックする方です。カルト化問題も、被害に対して行動するより、普段から予防に心掛けましょう。深刻な被害にあわないで済みます。カルト度をはかる項目はすでに本やインターネット上に出ています。
by maranatha | 2012-09-11 11:52

時効

 日本のキリスト教会では、民事であれ刑事であれ、クリスチャンの訴訟を嫌がります。そのため、深刻な相談があったとき、時効になっていることが多くあります。また、時効前なので、思い切って訴えれば、裁判で問題が解決できるものも、今更裁判をしても、と言って終わってしまう人もいます。クリスチャンの裁判が不利なのは、信仰上のことと思って、証拠を残すような生活をしていないことです。民事の場合は特に、証拠を自前で揃えて立証しなければなりません。性の関することは、作業そのものが苦痛を伴い、なかなか取り組めるものではありません。金銭的なことは書面に残さない人が多すぎます。刑事訴訟先行で、民事を後からの場合は、刑事が勝訴であれば、民事は大変有利です。しかし、クリスチャンは刑事事件に該当することでもなかなか訴えません。牧師や周囲から「赦しなさい。」を言われるばかりで、裁判を勧められることはないからです。訴訟を聖書的ではないとの教え込みがされています。この教え込みによって、どれだけ多くの牧師の罪が闇に葬られていることでしょう。このような悪しき習慣が、教会を不健全にし、クリスチャンに大きな損害を与えています。
by maranatha | 2012-09-10 21:55

超教派大会の減少

 超教派の大会が昨年から少なくなりました。理由は、知名度のある講師の問題が次々に明らかになったことです。また、大会の運営者たちの問題も明らかになってきました。更に、教会の経済事情が悪化してきています。以上の3つの理由により、1980年代から2010年まで続いた超教派の大会は転機を迎えています。
 大会の案内は、かつてはキリスト教メディアを使って大々的に案内されいましたが、近年は、ダイレクトメールが利用されています。不特定多数に訴える方法から、リピーター向けに案内がされています。変わり映えしない大会は、もはや人を集める力はありません。人は期待値が高いと参加します。参加していた会衆も少しずつ目が肥えだしたことと、経済的悪化のため、どこであっても参加するようなことはなくなってきました。
 教会は、イベントだよりの宣教から、地域のニーズを取り入れた地道な宣教に切り替える時期を迎えています。大会やイベントに掛かる経費を抑えるべきです。教会員の経済状況を考慮して、信仰と生活が安定するように、牧会に重点を移していかなければなりません。宣教に重点を置いた教会活動から、牧会に切り替えていくことです。牧会は、魂への配慮で、アプローチは多様です。宣教はその中に含まれています。子供に手がかからないようにテレビを見せるのではなく、子どもとしっかり向き合って子育てするように、牧師の時間配分が大切です。大会やイベントの準備や委員会に費やされた時間を、牧会に割くようになったら、牧師と信徒の関係は改善されるでしょう。お祭りのような消費性の高い大会への出費が抑えられるため、教会と信徒の経済状況も改善されるのではないでしょうか。
by maranatha | 2012-09-10 20:06

文鮮明死亡

 2012年9月3日、文鮮明が亡くなりました。美談が作りやすいように、統一教会系の病院で最期を迎えました。彼が亡くなってから、たくさんの人から「文鮮明が亡くなりましたね。」と声をかけられました。統一教会問題を30年以上取り組んできたので、特別な感慨が湧くのかと思っていましたが、それはありません。人をひとり殺せば殺人罪です。戦争で多くの敵を殺せば英雄です。人は小さな嘘をつきます。文鮮明は大嘘をつきました。しかし、実刑を受けたわけではありません。キリスト教からは「異端」の烙印を押され、最後の審判を待つ身です。大嘘は信じるか信じないかの世界です。おそらく、文鮮明はこの大嘘で日本から国外に悪銭を最も多く運び出した人物でしょう。霊感商法は宗教史上最悪の被害をわが国に与えています。カリスマの後にカリスマなし。文鮮明の息子を立てた官僚体制で「文王朝」が続くのか、分裂分派で解体されて行くのか、今後も目が離せません。
by maranatha | 2012-09-04 11:35 | 統一教会
宗教問題