人気ブログランキング |
ブログトップ

村上 密 Blog

<   2013年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

巨大なキノコ

 巨大なキノコの高さは131メートル。昼より夜がいい。写真で紹介できないのが残念である。3月末まで、京都観光に来られる方は、京都駅の北側を注意してご覧ください。巨大なキノコは、京都タワーが改装中のため、期間限定で見られる景色。
by maranatha | 2013-02-11 19:08

体罰

 体罰とは、何か悪いことをした人を懲らしめるために、身体に苦痛を与える罰である。体罰を与える人が正しい人で、受ける人が罪を犯しているような印象を与える。愛の鞭は、鞭をくわえる人が愛があるようで、受ける人は愛されている人と思いがちだ。いじめを暴力と言わないために、犯罪意識が乏しくなる。検察や警察の不祥事が増加している。「正し人々」の神話が崩壊している。牧師は「高潔な人」「高い倫理観を持った人」というイメージも昨今の不祥事で崩壊している。言葉がどのように使われているか。職業で人を見ていないか。言葉の使い方と人を見る目をもっと養いたい。
by maranatha | 2013-02-01 11:01

神の子ら

 「神の子ら」(創世6:2)に対しては様々な解釈がある。アーノルド・フルクテンバウム博士の解釈は「堕天使たち」(月刊ハーベスト・タイムVol.323)である。この解釈の立場だと、堕天使と人間の女性との間に結婚が成立し、ネフィリムが誕生したことになる。この解釈が広く読まれている文書に取り上げられているので、反論しておきたい。天使と天使が結婚して天使が生まれるだろうか。堕天使と堕天使が結婚して堕天使が生まれるだろうか。霊的存在は結婚をしない。生殖活動で産み増える存在ではない。堕天使と人間の女性との間に何かが誕生するという解釈は、「種類にしたがって」という創造の秩序に反する解釈である。福音派の教会は、「神の子ら」を、神を信じる人々或いは神を信じるセツの末裔たちと解釈する立場が多い。
by maranatha | 2013-02-01 08:20
宗教問題