人気ブログランキング |
ブログトップ

村上 密 Blog

<   2013年 04月 ( 27 )   > この月の画像一覧

繁栄の神学

 繁栄の神学が、「ペンテコステ」、「カリスマ」、「第三の波」に浸透して久しい。この三つのグループを含む名称を「聖霊派」と言う。この「聖霊派」に属する主だった人々の神学的共通項が「繁栄の神学」であるとは悲しいことである。。それは「聖霊派」と言う名称に対する皮肉である。最も世俗的な神学の信奉者が、最も聖い「聖霊」の名称を冠するからだ。むしろ「繁栄派」がふさわしい。どれだけの信奉者が問題を起こせば、この「繁栄派」は間違いに気づくのだろうか。神を求めているのではなく、繁栄を求めているのだから、、金銭にまつわる問題がいつも起きる。聖書には、神とマモン(富への執着の擬人化表現)に仕えることはできない、と教えている。しかし、「繁栄派」の人々は器用に神に仕えているように振舞う。自分たちは神が望んでおられる教え(Ⅲヨハネ2)の実践者と紹介するからだ。彼らは、富だけだけではなく、「力」の信奉者でもある。神にパワー求めているのに、パワーハラスメントを繰り返す。これを信仰的虐待とも言う。その虐待は、精神、経済、身体、性に及ぶ。聖なる力ではなく、実に人間臭い力の結末である。なぜ、問題が絶えないか。それは神に仕えているのではなく、マモンに仕えているからである。私の属する教団にも繁栄の神学の信奉者が多い。よって私は少数者に属する。私が超教派の集まりに参加しないのは、繁栄の神学の信奉者の「説教」「講演」「セミナー」を交通費を払って聞く必要を覚えないからである。現代で用いられる講師は、誤った神学の信奉者が多い。私は彼らを批判する。彼らもサークルを形成しているので私を批判する。声が多いから正しいのではない。
by maranatha | 2013-04-30 21:35 | 繁栄の神学

ホープ・チャーチ

プロジェクトメンバーは誰?
 ホープ・チャーチは、「牧師館プロジェクト」を立ち上げて献金を募ったが、いくら集まったか、いくら支払われたか、教会員には収支報告をしていない。実は、プロジェクトのメンバーも発表されていない。教会員はここで問題を感じたはずだ。チャーチファイナンシャルアドバイザーもメンバーが発表されていないのだから。重要なことを管理する人が闇の中である。「ヘルシー・チャーチ」をアピールすることに、厚かましい、と思う人もいたはずだ。なぜか、不健康になった教会では、問題を指摘する人がいない。いや、いないのではなく、いたのにすでに教会を出るか出されたのだ。そうされたくない人か気付かない人が残っている。このような教会で「牧師館プロジェクト」メンバーに用いられる人は誰だろうか。親族か。従順な人か。いずれにしても利害関係者か牧師に対して従順な人である。

好評の罠
 キリスト教界の中では、注目されるような活動をすると、キリスト教系メディアが牧師と教会を掲載する。すると、興味を持った人がその教会に参加し、更に活発な活動となる。更に注目されると一層人が集まる。このようなことが1980年代から繰り返されてきた。注目を受けたところが、その後どれだけ多くの問題を起こしたことだろう。浜松のHCC、仙台のラブリ、小牧者等がこれに当てはまる。メディアでは控えめな教会は取り上げられない。もし、評価をうけることが目的であったら、それは自己実現である。主のためと言うが、彼らに名誉心はなかったか。ホープ・チャーチが注目を浴びたのは、教会を探している人に「ヘルシー・チャーチ」が受けたからである。宣伝に偽りあり、そのくらいの疑り深さがあればいいが、クリスチャンは素直すぎる。メディアが評価しているのを、個人がどれくらい吟味できるだろうか。しかし、教会員はそこで信仰生活をして、いろいろなことを見聞きしているのだから、部外者より、良く知る立場である。必要なのはパウロが言っている見分ける力である。気付いた人は、改善を求める。拒否されたら外からでもできることをする。好評の罠に人が嵌らないように。
by maranatha | 2013-04-30 18:43

ホープ・チャーチはヘルシーか

 ホープ・チャーチは「ヘルシー・チャーチ」のイメージが先行してきた。実態は、よく観察してみないと分からないものである。時が流れ、期待をもって集っていた人々は、現実に直面し、その体質を知るようになった。流されている情報、流されてくる情報、それらの中から、ホープ・チャーチを調べてみた。

スタッフ
 ホープ・チャーチは複数牧会である。多数の牧師スタッフを抱えている。シニア・パスターはスティーブン・ケイラー&シェリー、コーチング・パスターは須長克己&アンジェラ(スティーブンの長女)、ケアー・パスターは赤座忍&純子、ワーッシプ・パスターは須長真治&靖子、シティー・パスターは森本良哉&さゆみ、ホームページには出ていないが協力牧師で名倉真理&あゆみ、教会スタッフではホープチャーチプロダクション:サムエル・ケイラ―(スティーブンの息子)、ファイナンシャルアドバイザー:須長基行?須長裕悟?赤座忍?有給職員が何名か発表されていない。牧師スタッフの中には、神学校を出ていない牧師たちがいる。また、按手を受けていないが、一部の人に牧師と説明されている人もいる。ポートランドバイブルカレッジ出身者はスティーブン・ケイラ―牧師、シェリー牧師、須長克己牧師、須長慎治協力牧師、その他ははっきりしない、か神学校を出ていない。須長性が多いが、4人兄弟で、上から基行、裕悟、慎治、克己である。克己副牧師はスティーブン主任牧師の長女と結婚したので義理の父子である。以上が、ホープチャーチの中心的なメンバーである。赤座夫妻、森本夫妻、名倉夫妻を除けば全てスティーブン師の親族である。牧師の任命であるが、神学校を卒業していない人を教会が任命するのは賢明だろうか。一般的に、健康な教会建設を心掛ける教会は、神学校で学びを修めた人を牧師に任命する。

会計
 ホープ・チャーチはファイナンシャルアドバイザーを置いている。先に3人の名前を書いたが、公式な発表は大切な部門なのに発表されていない。これは異常である。分からないのはいろいろある。有給は何人か、それぞれにいくら支払っているか、源泉徴収はどうなっているか。プロジェクターで流されている支出の項目は大雑把過ぎる。2012年9月頃、牧師館に広大なウッドデッキができた。教会員には何の説明もない。教会の会計から支出したと思われるが、2012年の支出からは知ることができない。ホープチャーチプロダクションの人件費と機材費はいくらかも分からない。船橋市上山に土地を購入したとき、半値で購入したと情報が流れているが、正確な値段は教会員に知らされていない。毎年の会計発表はプロジェクターで写して説明するだけで、文書による発表はない。これだけ不明朗なのに、だれも突っ込んだ質問をする人もいない。その後の教会の扱いを知っているからだ。部外者の私が問題点を挙げているが、公明正大な運営をしていると言うなら、宗教法人を取得するためには3年間の収支報告が最低必要なので、それを教会員に配って、じっくり検討する時間を教会員に与え、不明なところをはっきりと説明すべきである。ヘルシー・チャーチ、健康な教会であるならば、会計を明朗にすべきだ。多額の献金を得ていながら会計を明朗にしないのは、管理する者にとって大きな誘惑である。これに打ち勝つ者は少ない。

補記 先に書いた記事と重複しているところもあるが、一層の理解のために書いた。一部敬称を省略しているが、文章の表現を優先した。
 
by maranatha | 2013-04-27 20:34

スティーブン・ケイラ―牧師

 スティーブン・ケイラ―牧師は、『ヘルシー・チャーチ』(Hope Publications 2004)を通して、聖書的な正しい教会観を持ち、健康な教会を建て上げることを提唱している。上記の本やホームページを見ると、すばらしい教会を建てていると思う人もいるだろう。イメージを修正しなければならない情報をこれから連続して提供したい。これはヘルシー・チャーチと自称しているが、アンヘルシー・チャーチの実態である。

教会
 この教会は、カリスマ派の単立教会で、宗教法人を取得していない。人格なき社団にも相当しない。なぜなら、人格なき社団となる規則もないからである。人格なき社団に該当しない教会は、献金が個人の事業所得となり、課税される。ホープ・チャペルは「租税公課661,200(円)」(2012年度)を支出している。教会は規則によって運営されるべきであって、「スティーブン商会」「ホープ商会」であってはならない。公表されている2012年度の収入によると、什一が72,021,961円、礼拝献金14,874,592円、感謝献金23,469,710円その他の収入を合計すると、122,940,185円である。この金額は、個人事業として「教会」を運営するには、あまりにも多額である。2012年度の支出の給与手当は33,380,332円で、何人が有給であるかを明かしていない。会計を担当しているのはHope Church Financial Adviserで、メンバーは3名、その中の2名が親族である。教会スタッフの中には須長性が多数を占めている。スティーブン師の長女の夫が須長克己師であるところから、親族中心の教会運営をしていることが明らかである。宗教法人を取得している教会では、責任役員は定数の3分の1を超えない。ホープ・チャペルが、宗教法人を取得しないのは、会計の運営実態を、教会員に知られたくない事情があるからかもしれない。なぜなら、「宗教法人取得の為、ホープ・チャペル名義の土地と建物が必要」と言う名目で、一つの敷地内に牧師館と青少年施設の建設を呼びかけた。しかし、建ったのは牧師館だけである。登記を確認したところ、名義は「スティーブン・ケイラ―」で、これは「ホープチャペル名義の土地と建物が必要」と言う名目に反する行為である。宗教法人取得の話は立ち消えたままである。教会員は刑事・民事訴訟を検討しないのだろうか。土地面積約200坪に延床面積約100坪の牧師館が建っている。土地の購入価格は公表されていない。建築のための献金と建設費費用が公表されていない。牧師館は船橋市上山3-530-25である。参考に「千葉市船橋市上山の地価」を検索すると、上山3-531-40の評価額が掲載されている。土地の購入が2007年10月頃と言われている。この時の坪単価は約36.7万円、200坪で約7340万円である。教会で流れている情報は牧師館の総工費が約8000万円。土地代3800万円、建物4200万円、2つの合計が8000万円であるが、土地代は本当に3800万円だろうか。明細が公表されていないので、疑えばきりがない。献金は4000万円から5000万円集まったと言われている。登記によるとスティーブン・テイラー名義で〇〇銀行で4200万円の銀行ローンが組まれている。これは建物に支払った4200万円と同額である。これから教会は個人名義のローンを支払い続けることになる。ホープ・チャーチでは教会建築に伴う収支報告が不透明である。土地代の支払はいつ、いくらで支払われているのだろうか。このような不透明な会計処理が、どうして健康な教会、ヘルシー・チャーチと言えるのだろうか。スティーブン師は「教会会計は、ロビーの引き出しに入っているから、いつでも誰でも閲覧できます」と透明性と公開性をアピールしている。本当の透明性と公開性とは、役員会を構成し、教会総会を行い、その席で収支報告、予算、財産目録を公開することではないだろうか。
by maranatha | 2013-04-27 11:52

ホープ・チャーチ

 「ヘルシー・チャーチ」が与えるイメージは、教会のカルト化が指摘される中で、教会探しをしている人にとって魅力である。しかし、与えられるイメージは虚像で、実像は違うのではないか、と疑う人はいないのだろうか。そこで、イメージの修正をしなければならない出来事を掲載したい。

除名式

 2012年5月末、ホープ・チャーチでは除名式が行われた。牧師は、約350名が集う、当事者不在の中で、<教会の悪口を言った、批判をした、分裂を起こした>と言う罪状で、除名を宣告した。その後、2か月程で30名が教会を離脱し、年末までには合計50名から60名程が離脱した。いったい、何が起きているのだろうか。不健康な教会運営をしていれば、問題を指摘する人も現れる。それは当然の成り行きである。その指摘を、改善につなげてこそ、教会は自浄力を証明できる。除名式が行われてた約2か月後、7月22日付けで「ホープチャーチ リーダーシップの要件」(詳しくは添付を参照)が教会奉仕に関わる70名から80名程に配られた。月に1回、60名程集まる「コーチング」と言われるリーダー会は、70名から80名程集まる「スペシャルコーチング」に拡大し、牧師は、毎週のように離脱者が出た説明会を開き、団結を呼びかけた。現在、350名程集っていた礼拝は最近300名程になった。「ホープチャーチ リーダーシップの要件」の内容は、「指導者になるためのみことば」「指導者になるための心得」「指導者になるための審査」「どうして審査するか?」「指導者になるための7つの審査」「①救いについての審査」「②品性についての審査」「③道徳についての審査」「④経済についての審査」「⑤家族についての審査」「⑥能力についての審査」「⑦神学についての審査」最後に「約束事 私は、上記の要件をよく理解し、改めて主が喜ばれるキリスト者となり、自ら進んでホープチャーチの奉仕者となり、主の栄光の教会にふさわしい指導者となって、ホープチャーチを建て上げるビルダーとして最善の努力をすることを約束します。年 月 日 署名」この約束事を提出しない人は、奉仕から降ろされ、徐々に孤立させられ、悪い噂を広められ、教会から追い出される と証言する人がいる。誰が付けたか「祈りましょう作戦」や「気をつけましょう作戦」では<あなたはリーダーだから言うけれど、〇〇さんには気を付けた方がいいよ。><独自の神学を持っていて、惑わされるから>と言い広める人がいる。添付書類を開いて内容を詳しく読んだ人の評価はまちまちだろうが、カルト化した教会の離脱者は「ホープチャーチよあなたもか」と叫ぶだろう。全部が間違っているわけではないが、部分的には問題箇所が散見される。その問題個所こそ、カルト化の被害者が「・・・あなたもか」と指摘するところだ。
by maranatha | 2013-04-27 11:49

統一教会信者 行方不明

 統一教会では、以前、親子関係を切るように指導していた。随分前の話ではあるが、ある青年がアメリカで行方不明となった。手紙は全米の消印で来るが、住所を明かさない。この状態が数年続き、両親は私のところに相談に来られた。手紙を調べると、一つだけ手がかりがあった。ニューヨークの消印で公園の近くにいる、と書いてある。地図を開いたら二つの公園がある。セントラルパークの周辺は高額だから、コロナパークと目星をつけて、ニューヨークへ家族と調査に出かけた。ニューヨーク市警のカルト関連に詳しい部署に問い合わせると、コロナパークの北側に統一教会の施設があることが分かった。張り込んでいると、本人を発見した。両親が本人と話し合い、同行の私と話し合うように勧めるが、本人は承知しない。残念であるが、今後は住所を明らかにするように約束して帰国した。

 ある青年が、アメリカに留学したが、その後、学びを中断してしまった。住所は分かるが、何をしているのか分からない。どうも、宗教に絡んでいるのでは、と調べると、統一教会である。入信を明かさず、宗教活動に明け暮れているのが分かった。シェアハウスの人間関係を刺激して、本人が日本に帰るように働きかけると、10年は帰らないと言っていた青年が帰国した。その時、アメリカの友人が帰国を手伝ってくれた。帰国すると、両親はカウンセリングを受けるように青年に提案し、京都に学びきた。ほどなく、統一教会がキリスト教とは、違う団体であることが分かって、脱会することになった。

 以上のように、行方不明の者もあれば、状況を知らせない者もいる。遠くで住んでいるので、入信を知ることがなく、知ったときには深入りして、家族だけで救出するのは困難である。探偵ではないが、思考パターンや行動パターンを分析して、行方不明や帰宅拒否者を捜すことを、これまで多く手掛けてきた。今も、カルト関連で同じことを続けている。
by maranatha | 2013-04-26 14:08 | 統一教会

地図から消えた福島原発

 放射能汚染水の漏水問題がメディアで随分取り上げられた。どれだけタンクやプールがあるかを調べるために、googleやyahooの地図を開いてみた。消えている。軍事施設並みの扱いに驚いた。これは秘密にしなければならないことではない。知られたくないだけだ。上空からの写真はあるのだろうか。googleの画像で「汚染水タンク」を検索してみた。地形が変わるほど、ひしめく汚染水タンクが掲載されていた。プールの写真は少ない。持って行く先のない汚染水は、日に日に溜まるいっぽうだ。
by maranatha | 2013-04-21 21:34

本の力


宗教トラブル相談センターには、異端、カルト、カルト化教会からの被害相談が日々寄せられる。困難な問題に取り組んでいると思われているが、取り組む勇気や助けも日々与えられている。そんな中で忘れられない、助けになった本を紹介したい。この本は、方向性と勇気、確信を与えてくれた本がある。

『十字架と飛び出しナイフ』(デイビィッド・ウィルカーソン いのちのことば社)
 異端の救出には用語の変遷がある。はじめは「説得」、次に「説得カウンセリング」、そして「救出カウンセリング」である。説得のときは、『十字架と飛び出しナイフ』(デイビィッド・ウィルカーソン いのちのことば社)が方向性を与えてくれた。脱会に取り組んでいた頃、脱会者が、二度と元に戻らないためにはどうしたらいいか思案していたとき、、聖霊体験によって防げることを教えてくれた。理論だけではなく、体験がもたらす確信が必要である。それで、不良少年・少女が回復して行った体験を、あなたもできる、と語りかけ、祈りに導き、次々と聖霊体験していった。その体験をした青年たちがたくさん献身して行った。

『親身に聞く』(デビッド・アウグスバーガー すぐ書房)
 カルトに入信した子を持つ両親たちが、異端問題で実績を上げていることを聞いて、カルトも扱ってくれるのではないかと、相談を持ちかけてこられた。異端には「説得」を持ちていた。組織神学や弁証論を学んでいたので、十分対応できた。しかし、カルトは聖書を使うわけではなく、カルト用語も分かりづらい。それで、彼らが信じていることを親身に聞き、「説得」ではなく「対話」でカウンセリングを始めた。それに役立ったのが『親身に聞く』である。これが切っ掛けとなって、心理学の本をたくさん読むようになった。

『王妃の離婚』(佐藤賢一 集英社文庫)
 異端、カルト問題では、多くの弁護士と協力関係を持ち、法的な解決を目にしてきた。それで、民法や宗教法人法、教会規則等の学びを自己流でしてきた。カルト化教会の問題が顕在化したとき、神学や心理学だけでは不足を覚え、法律関係の本を読み漁った。そんな時、あるクリスチャン女性から『王妃の離婚』を頂いた。主人公のやっていることが、自分のやっていることに重なって見えた。神学と法律の組み合わせが、人の問題を解決に役立つことを再確認し、勇気づけられた一冊となった。

 『十字架と飛び出しナイフ』は書店で題目に引かれて買った。『親身に聞く』は高齢の女性牧師から勧められた。『王妃の離婚』頂き物である。本との出会いはいろいろだが、本が自分の人生を豊かにしてくれた。三冊のいずれかを取って読まれることをお勧めする。
by maranatha | 2013-04-18 16:24

カルト予防のチェック

 ほとんどで大学の入学式が終わった。各部、サークルからの勧誘が活発だ。カルト予防のために、簡単なチェックリストを作成した。

 私はマインド・コントロールにかからないなどと自分を過信することは危険である。なぜなら、人が持つ信念は、ある状態が整ったりすれば、容易に壊れるものである。心のチェックをしてみよう。行動、思想、感情、情報と項目を用意した。チェックが多いところは弱点だ。

1、行動のマインドコントロール
□スケジュールを定めて行動するのが好き
□目標を設定して行動していると安心感がある
□親しく声をかけられると断りにくい
□その場の雰囲気に流されやすい
□ついつい自分が悪いと思いがち
□ほめられることを意識して行動する
□権威ある人に従順なタイプだと思う
□イエス、ノーをはっきり言えない

2、思想のマインドコントロール
□カタカナ用語を好みがち
□難解な言葉や哲学用語に影響されやすい
□神秘的なことに興味がある
□書店に行ったら哲学や思想書のコーナーに足を運ぶ
□思考型より暗記型のタイプだと思う
□二者択一の論理に魅力を感じる
□明快な話し方に共感を覚える

3、感情のコントロール
□他人の言動によって気持ちが揺れ動く
□やさしい人についつい合わせてしまう
□頑固さには自信がある
□ほめる人に好意をもってしまう
□肯定的な受け答えをされると気持ちよい
□特権意識を心の中に隠し持っている
□自責の念が強い
□何でも自分で決めてしまう

4、情報のコントロール
□物事を複雑に考えることをさける
□きまじめ、臨機応変に対応できない
□いろいろな人と話をするのがにがて
□家族や友人にあまり相談しない
□深く考えず直感に頼りがちで失敗する
□何をするにも自分で判断するのに自信がない
□何らかの権威や既成の基準に頼りがち
□人一倍最新情報に興味がある
□善悪の判断を人に頼りがち
□できると思った人へは反論しない
by maranatha | 2013-04-13 18:56

赦しの強制

 宗教トラブル相談センターには様々な悩みが寄せられる。よくあるのが、赦しの強制である。加害者を仲々赦すことができない被害者に対して、他人が赦しを強制している。「赦しなさい。聖書にそう教えているでしょう。」「なぜ、赦さないの。イエスさまがあなたの罪を赦してくださったように赦しなさい。」「赦しなさい」の連呼が被害者を実は苦しめている。「赦さない私が悪いのでしょうか」との質問に対して、私はよくピレモンへの手紙を引用する。被害者はピレモン、加害者はオネシモである。仲介者はパウロである。第三者であるパウロはいったいどのように語っているか。「もし彼(オネシモ)があなた(ピレモン)に対して損害をかけたか、負債を負っているのでしたら、その請求は私にしてください。」(18節)パウロはピレモンに赦しを強制しないで、パウロ自身がオネシモにかわって弁償を申し出ている。代理弁済である。仲介をする人は慎むべきだ。口を出すなら犠牲を払う覚悟が必要だ。

 
 太郎が花子の愛犬を誤って死なせてしまった。次郎が「花子さん、太郎さんを赦してあげて。」これは赦しの強制である。三郎が「花子さん、太郎さんがあんなに謝っているから赦しなさい。」これは謝罪だけで済ませる語りかけである。四郎が「花子さん、太郎さんを赦して。太郎さんが償いのために10万円持ってきて、お詫びをしたいと言てるよ。コロ(愛犬の名前)は生き返らないけど、赦してあげて。」ここには謝罪と償いがある。仲介者は加害者から謝罪と償いを取り付けて被害者に関わるべきだ。被害者の痛みを深く理解してこそ、加害者に謝罪の大切さと償いの必要をしっかり伝えることができる。「赦しなさい」の強制は、加害者側の立場で、何の犠牲も払わない対処である。

 残念なことだが、加害者は罪の意識が薄く、被害者は自責の念が深い。相談者で、加害者の相談は少ない。被害者の相談がほとんどだ。時間をかけ、被害者の状況を理解し、あるいは弁護士に相談し、法的、聖書的に問題を解決するため、宗教トラブル相談センターは取り組んでいる。
by maranatha | 2013-04-13 18:49 | 赦し
宗教問題