人気ブログランキング |
ブログトップ

村上 密 Blog

<   2013年 05月 ( 25 )   > この月の画像一覧

罪の意識

 人は罪を犯さずには生きていけない存在である、とは誰の言葉であったか。罪を犯したら、罪の意識がその人の内に留まる。人はなかなか自ら赦しを求める行動を起こせない。恥とプライドが障害物となる。そういう中で、これを克服した人の話を書いて置きたい。


いじめ

 ある集会の出来事である。私が話をしている時、高校生の時にいじめをした人が、痛く心をさされ、赦されるためにはどうしたらいいですか、と聞いてきた。私は、その人に手紙を書いてお詫びしなさい、と勧めた。しかし、相手の住まいが変わって、一生懸命探してみたが、手紙を出せないでいた。このことを聞いた友人が、インターネットで調べてくれ、手紙は無事に相手に届くこととなった。そして、謝罪を受け入れてくれ、会って話をしたい、と告げてきた。取り返しのできない傷を相手に負わせたのではないか、という若い時からの自責の念から解放された。改めて、相手と会って、赦しの言葉を聞き、心から和解できて、このことを報告を聞いたとき、傍にいた者たちは、そのことで涙を流して祝った。心の奥底にある罪意識は、謝罪と和解によって、取り除かれた。聖霊は、罪を思い起こさせ、悔い改めに導いてくださる方である。

盗み

 ある人と聖書の話をしている時、その話が別の部屋の人の耳に届いた。その人は、私たちに話がしたい、と言う。ある店から本を盗んだ。どうしたらいいか。私は、盗んだ本の代金の2倍を封筒に入れ、謝罪と償いをしてきなさい、と告げた。そして、私も同行した。本屋に行くと、盗みに対する警告文が張られてあった。頻発して、腹に据えかねておられることが伺えた。店の主人は、こうして代金と償いの分まで持ってきたのは、あなただけだ、と告げた。心から赦してくれた。盗んだ人は、自責の念から解放された。そして、私たちは神の前祈り、罪を赦されたことを感謝した。私たちは、何も盗んだ人のことを話し合っていたわけではない。話を聞かそうともしていない。しかし、二人の話に耳を留めるようにされたのは神の御霊である。その人の罪を赦そうと働きかけてくださったのだ。私はその人の真実な告白に涙を流した。そして、赦されたことを喜び合った。
by maranatha | 2013-05-05 19:30

レストレーションの流れ

レストレーション
 レストレーションの特徴は、その名が示す通り、回復である。終わりの時代を迎え、使徒的働きが回復された、按手によって御霊の賜物が付与されると主張する。今日、「五役者」特に使徒、預言者の回復を強調し、使徒、預言者を自称する牧師たちは、このレストレーションの流れを汲む人々と見做なされる。ピーター・ワグナーはこの代表的な人物である。彼は国際使徒連盟を設立している。この連盟の「使徒」たちは、預言を強調し、実践することで知られている。終わりの時代に、にせキリストが現れ、多くのにせ預言者が現れる、と預言されているが、ベントリーが「使徒」と任命された直後に、不道徳が発覚し、任命したピーターワグナーたちの識別力のなさが明白になった事件がある。

預言重視
 ホープ・チャーチの「プランティング・セミナー」の資料の中には、「ホープ・チャーチに与えられた預言」が掲載されている。預言した人物は、フランク・デマジオ、ルイ・ハナンデス、ウィンデル・スミス、ジェニー・スミス、マイク・ヘロンである。フランク・デマジオはホープ・チャーチの監督教会の主任牧師である。預言を掲載したのは、ホープ・チャーチが、いかに神に祝福された教会であるか、入会しようとしている人に強調したいからである。このことからも、レストレーションの影響を受けていることが分かる。

日本ペンテコステ親交会
 「日本ペンテコステ教役者大会」を主催する「日本ペンテコステ親交会」の委員長は、スティーブン・ケイラー牧師である。この親交会の常置委員、協力委員は、繁栄の神学とレストレーションの影響を受けた牧師たちが多数である。この教役者大会は、アッセンブリーの教職も参加するが、歴史的経緯を知って参加しているのだろうか。親交会の顔ぶれは、日本ペンテコステ協議会の加盟基準を超えている団体である。。レストレーションは、米国アッセンブリーの歴史の中で、否認されている教えである。『ありのパパのありのままのブログ』は「ピーター・ワグナー先生のこと」で、「五役者復活運動」、「預言者運動」が米国アッセンブリーから異端宣告を受けている、と指摘している。そのような米国アッセンブリーも繁栄の神学の影響を受けている。その中で、米国アッセンブリーの教職であり、リージェント・カレッジの著名な新約学者のゴードン・フィーは、繁栄の神学に強く反対している。「日本ペンテコステ教役者大会」には今まで、アッセンブリーの教えと相容れない講師が随分招かれている。さて、スティーブン・ケイラ―牧師の背景を知らない、レストレーションの歴史を知らない世代が彼を講師に推薦し、それが日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団内で通るようなことが起きてきた。また、教団内の集会に教理的に問題視される講師が招かれるケースも起きており、穏健なペンテコステ派と目された日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団が福音主義から逸れ始めているのでは、と懸念している。もちろん、福音派に属する諸教団にも、ムーブメントを追っかける牧師やカルト化する牧師たち、更に異端的な教理に傾倒する牧師たちも現れている。宣教的融和主義に陥った教団・教会は混乱の時代を迎えている。
by maranatha | 2013-05-04 00:00 | レストレーション

ホープチャーチとライフチャーチ

 ホープチャーチ(千葉)はライフチャーチ(大阪)の監督教会である。毎月、多額の資金がライフチャーチに送金されている。しかし、いくら送金されているか、教会員は知らない。ライフチャーチは近近65坪を2フロア借りようとしている。保証人はホープチャーチと言われている。宗教法人でもない。役員会もなく、総会も開かない、人格なき社団でもないホープチャーチが、どうして教会として保証人になれるだろうか。もし、保証金を融資しているとしたら、独断である。健全な教会では、役員会の承認と総会の承認を取り付けなければ、融資や保障はできない。しかし、教会員には何の報告もない。牧師の独断を是認するファイナンシャルアドバイザーは形骸化している。「牧会スタッフに対して、教会会計に関する助言を行うとともに、金銭面での透明性(Transparency)を保証することによってスタッフを守ります。」とは、昨年の簡単な収支報告がされたときの一文である。ホープチャーチの金銭に関する透明性は低すぎる。グレーである。個人経営している「ホープチャーチ」のスティーブン・ケイラ―牧師が、個人の裁量で、ライフチャーチのジョエル・ケイラ―(実弟)を、支援しているに過ぎない。団体の責任者であるなら、公言している透明性の高い教会運営をしてほしいものである。そうでなければ「ヘルシーチャーチ」の看板が嘘になる。貴重な情報が寄せられのは、内部に問題を感じている人がいるからである。私はホープチャーチの外看板ではなく、内部の良心を信じたい。
by maranatha | 2013-05-03 06:41

ホープ・チャーチは権威主義  

 ホープ・チャーチの資料を入手した。ホーム・ページの印象と資料を読んだ印象を比較してはどうだろうか。「ハーモニー・ビルダーズ」は昨年の除名式の翌週に配られたものである。「叱責と訓戒」もその時期のものである。「プランティング・セミナー」は入会を希望している人を対象としている。ホープ・チャーチに入会を希望している人の参考になるだろう。聖書的だと自負しているのだから、何ら隠す必要のない資料である。聖書的か。都合の良いように聖句を集めているだけか、それぞれが判断したらよい。私の感想であるが、ホープ・チャーチは牧師の権威を強調し過ぎている。

添付資料
ハーモニー・ビルダーズ
叱責と訓戒
プランティング・セミナー
by maranatha | 2013-05-02 08:14 | 権威

レストレーション

 レストレーション運動は、後の雨とも言われる。米国ポートランドのアイバーソン師が、1973年の第8回のペンテコステ教役者大会で、日本に伝えた。溝口展正牧師が、大牟田ペンテコステ教会に、熱心に取り入れた。。その協力者が、レオ・ケイラー宣教師である。米国アッセンブリーは、1949年の第23回総会で、後の雨の教えを正式に否認する決議を採決した。否認された運動が、日本で導入されたことになる。知ってか知らないでか、当時のアッセンブリーの教職でこれを信奉する人もいた。レオ・ケイラー宣教師はスティーブン・ケイラー師の父である。息子たちはこの教えの影響を色濃く受けている。いまでも彼らはレストレーションを肯定しているのだろうか。私はアッセンブリーに属しているので、歴史的決議を尊重し、レストレーションを認めていない。しかし、いまだに日本でこの運動は絶えていない。預言者や使徒の回復を強調する人々がその継承者たちである。韓国の異端研究者の中には、使徒運動を異端視している人もいる。教理史を学べば、日の下に新しい教えなどない。言葉を現代的に装いながら人々に近づいてくる。そして、歴史を知らない世代が、真理が回復されたと思い導入する。回復されたのは真理ではなく、誤った教理である。
by maranatha | 2013-05-01 17:11 | レストレーション
宗教問題